小山茉美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こやま まみ
小山 茉美
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛知県西尾市
生年月日 (1955-01-17) 1955年1月17日(62歳)
血液型 A型
身長 155 cm
職業 声優女優ナレーター歌手
事務所 青二プロダクション
公式サイト 小山茉美ホームページ
声優活動
活動期間 1974年 -
デビュー作 桔梗屋弥生(初代)(『一休さん』)
女優活動
活動期間 1975年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作 『キヨコは泣くもんか』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小山 茉美(こやま まみ、1955年1月17日[1] - )は、日本声優女優ナレーター歌手。1980年以前の芸名小山 まみ愛知県西尾市出身[1]愛知県立西尾高等学校卒業[1]。身長155cm、血液型A型[2]青二プロダクション所属[3]

代表作は『Dr.スランプ アラレちゃん』(則巻アラレ[4]、『名探偵コナン』(ベルモット)[4]、『あんみつ姫』(あんみつ姫)[4]など。

概要[編集]

特色[編集]

テレビアニメではギャグキャラから美女役までこなし、洋画吹き替えでは、シャロン・ストーンキム・ベイシンガーミシェル・ファイファーダイアン・レインメグ・ライアンルーシー・リューなどのクールでスレンダーな美女役が定番の役どころである。『報道ステーション』『報道特集』といった報道番組でのナレーターにも起用された。

元々は劇団シアター・ウィークエンドに所属し、舞台女優として活動していた[1]1975年にドラマ『キヨコは泣くもんか』でドラマデビュー[1]。また『一休さん』の桔梗屋弥生(やよいさん)役で声優デビューした。

則巻アラレ[編集]

最初は木緑あかね役で、オーディションを受けた。オーディション受ける前から原作が大好きで、「誰がアラレちゃんをやるんですか?」と興味本位で聞くと、「まだ決まってないよ。茉美もオーディション受けてみる?」と言われ、オーディションを受けた[5]。『それで私うれしくなっちゃって、テンション最大で『ほよよ!』とかやっちゃったの。』と言っている。そして受かり、『うれしかったな。あまりにうれしすぎて、またプロデューサーに「どうして私なんですか」って聞いちゃった』と言っている[5]

選ばれた理由は『アラレちゃん役のオーディションは、私たちの大先輩のスーパーレジェンドの皆さんが受けられていて、もちろんどの方も素晴らしくて、それだけに決めきれなかったらしいんです。それで最後に関係者がそれぞれ1~3位まで順位付けして投票してみたところ、1位はみなさんバラバラになったものの、2位か3位に必ず私の名前が入っていたんですって。それで小山茉美にやらせてみようってことになったんだそうです。』と話している[5]

『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年)のインタビューでも『Dr.スランプ』の大ファンと言っており、「まさか自分がアラレの声をやれるなんてまさか思ってなかったの だから、楽しくってしょうがないの」と言っており、ぶりっ子のお芝居にならないように気を付けているため、動作までアラレに似ていてアラレは私の分身とも言っている[6]。 他のインタビューでは、「アラレちゃんのオーディションでとんでもない声を出したら採用されちゃって.­..。その声を持続するのに苦労したものです。」と言っている[7]。18巻のオマケのコメントでは「おかげさまで、私の代表作になりました」と言っている[8]。小山が歌っている「アラレちゃん音頭」は全国の盆踊り大会などで使われ大ヒットし、盆踊りの定番となった。小山はライブハウス、大ホールのコンサートツアーなどでも歌った[9]。他のキャラクターの声優が交代しても[10]、アラレ役の小山だけ変わっていない。放送終了後のゲームやメディア作品でもアラレをやっており、また則巻千兵衛をやっていた内海賢二が死去した時は、アラレの口調で「博士 また会おうね」「行ってらっしゃい バイチャ」と追悼メッセージを寄せている[11]

代役[編集]

1990年頃、長期休業のため全レギュラー番組を降板していた。当時の後任・代役は以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
  • 帰って来たDr.スランプ アラレちゃん(則巻アラレ
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
  • シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート(美樹)
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
  • 十二国記(舒栄)
  • 名探偵コナン(シャロン・ヴィンヤード)
2003年
2004年
2006年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2015年
2016年
2017年

劇場アニメ[編集]

1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1993年
1994年
1996年
1998年
2001年
2002年
2004年
2007年
2009年
2011年
2016年

OVA[編集]

1982年
  • Dr.スランプアラレちゃんの交通安全(則巻アラレ)
1983年
  • Dr.スランプ アラレちゃん 交通ルールをまもろうよ!!(則巻アラレ)
1984年
  • Dr.スランプ アラレちゃん ペンギン村の消防隊(則巻アラレ)
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
  • 地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー ザ・ムービー(スカーレット、ジンクス)
1992年
1993年
1994年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2006年
2008年
2010年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1988年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
  • アトム:時空の果て(火の鳥[51]

吹き替え[編集]

担当女優[編集]

キム・ベイシンガー
ゴールディ・ホーン
シャロン・ストーン
ジョアン・アレン
マギー・チャン
ミシェル・ファイファー

映画・ドラマ[編集]

特撮[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

則巻アラレの声で出演

  • ロート製薬「ロートこどもソフト」(1981年)
  • 東京タワー Dr.スランプアラレちゃん大会
  • アーモンドグリコ
  • アロンアルフア
  • 三ツ矢サイダー
  • ポピー
    • 「ホヨヨボンバー」・「ガッちゃん! ガジガジ」(1982年)
    • 「んちゃばいちゃ」(1982年)
    • 「Dr.スランプアラレちゃん ペンギン村分譲中」
    • 「アラレちゃん ガッちゃん」
    • 「めちゃんこすりんちょ」
  • バンダイ「Dr.スランプアラレちゃん プラモデル」
  • ミスタードーナツフルーズン「キーン」篇(2009年)
  • スズキ・ハスラー[53] (2014年9月11日 - )
    • 『Dr.スランプ アラレちゃん』篇 (2014年9月11日 - 11月12日)
    • 『クリスマス アラレちゃん』篇(2014年11月12日- 12月25日)
    • 「コラージュ」篇(2015年5月13日 - 12月7日)
    • 『ワクワク広がれ』篇(2015年12月7日 - 2016年8月25日)
    • 『ワクワクがズラリ』篇(2016年8月26日 - )
  • ドラゴンボールZ ドッカンバトル アラレちゃんコラボ篇
  • クイックルワイパー(2016年12月)
  • バスマジックリン除菌消臭プラス(2016年12月)

その他

舞台[編集]

  • ウィークエンド「音吉物語」
  • おひさまおはなしコンサート
  • ジャズランド
  • 半次とお銀の悪党稼業(ダーティービジネス)〜 心ならずも人助け?(お銀)
  • 流・流(るる)

音楽作品[編集]

Dr.スランプ アラレちゃん

  • 「アラレちゃん音頭」・「アラレのマーチ」(「Dr.スランプ アラレちゃん」2代目エンディング・挿入歌、1981年7月発売)
  • わいわい行進曲(「Dr.スランプ アラレちゃん」2代目オープニング、1986年発売)
  • あこがれのスッパマン(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • I Loveペンギン村(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • バイちゃバイちゃまたあした〜アレアレアラレちゃん(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1986年発売)
  • ペンギン村の仲間たち(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日)
  • んちゃんちゃソング(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • よいこよいこアラレちゃん(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • 赤鼻のトナカイ(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • ジングルベル(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • うれしいひなまつり(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1982年2月発売)
  • ひなまつり(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1982年2月発売)

魔法のプリンセス ミンキーモモ

  • ラブ・ラブ・ミンキーモモ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」オープニング、1982年3月発売)
  • ミンキーステッキドリミンパ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」エンディング、1982年3月発売)

あんみつ姫

  • あまから城あっぱれ音頭(あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)
  • プリンセスあんみつ(あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)

その他[編集]

則巻アラレの声で出演

書籍[編集]

後二作はラジオのトークショーをまとめたもの。

  • ゆ・れ・てMami - ペンギン村エンジェルのすうぱあエッセイ(近代映画社、1982年)
  • 不思議って好きですか? - 新しい自分発見 心のパワーアップ談議(ISBN 4-938750-01-5
  • 想像の翼を広げて - 未知への旅 SFファンタジー談議(ISBN 4-938750-02-3

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 小山茉美プロフィール”. 小山茉美ホームページ(オフィシャルサイト). 2017年1月21日閲覧。
  2. ^ 小山茉美”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月21日閲覧。
  3. ^ 小山茉美”. 青二プロダクション. 2017年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c 小山茉美”. タレントデータバンク. 2017年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c ニルス、キシリア・ザビ、ミンキーモモ、アラレちゃん、その声はどのように作られたのか?声優・小山茉美ロングインタビュー前編”. 2017年6月25日閲覧。
  6. ^ 1981年発売「保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん」より
  7. ^ 朝日新聞縮刷版1991.07.06
  8. ^ 『Dr.スランプ』ジャンプ・コミックス18巻102ページ
  9. ^ memory”. 小山茉美ホームページ(オフィシャルサイト). 2017年1月21日閲覧。
  10. ^ アラレ役の小山と則巻千兵衛役の内海賢二以外は、90年代劇場版で交代、内海賢二は死去したため、ドラゴンボール超では、屋良有作が千兵衛を演じた 
  11. ^ “声優内海賢二さん葬儀…戸田恵子号泣”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年6月21日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20130621-1145308_m.html 2017年1月23日閲覧。 
  12. ^ 大空魔竜ガイキング”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  13. ^ あしたへアタック!”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  14. ^ アローエンブレム グランプリの鷹”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  15. ^ 100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  16. ^ がんばれ! ぼくらのヒット・エンド・ラン”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  17. ^ Dr.スランプ アラレちゃん 東映アニメーション作品情報
  18. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  19. ^ 太陽の子エステバン”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  20. ^ 魔法のプリンセス ミンキーモモ”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  21. ^ あんみつ姫”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  22. ^ 聖闘士星矢”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  23. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  24. ^ おにいさまへ…”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  25. ^ “ルパン三世 1$マネーウォーズ”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=466 2016年5月2日閲覧。 
  26. ^ MONSTER”. メディア芸術データベース. 2017年1月15日閲覧。
  27. ^ ブラックラグーン”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  28. ^ 古典部のキャスト”. TVアニメ「氷菓」京アニティザーサイト. 2012年2月3日閲覧。
  29. ^ キャスト”. ランス・アンド・マスクス 公式ホームページ. TBSテレビ. 2015年8月8日閲覧。
  30. ^ ドラゴンボール超 公式サイト 悟空&アラレちゃん「ドラゴンボール超」にて再び共演!
  31. ^ STAFF&CAST”. BanG Dream!(バンドリ)公式サイト. 2016年12月8日閲覧。
  32. ^ 4/30(日)放送のアニメ『ワンピース』にサンジの婚約者・プリンが初登場!キャストは沢城みゆきさんに決定!”. ONE PIECE.com (2017年4月23日). 2017年4月23日閲覧。
  33. ^ シリウスの伝説”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  34. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  35. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  36. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  37. ^ “作品データ”. ルパン三世NETWORK. オリジナル2016年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420200256/http://www.lupin-3rd.net/sakuhin_ova.html 2016年5月2日閲覧。 
  38. ^ AKIRA”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月19日閲覧。
  39. ^ X(エックス)”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  40. ^ シャム猫 -ファーストミッション-”. ArtPort Inc. Web Site. 2016年6月10日閲覧。
  41. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  42. ^ APPLESEED”. メディア芸術データベース. 2017年1月1日閲覧。
  43. ^ 名探偵コナン 漆黒の追跡者”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。
  44. ^ トップをねらえ2!”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  45. ^ 『アサシン クリードIII』&『アサシン クリードIII レディ リバティ』から最新情報と空前絶後の“超限定版”が公開!”. 電撃オンライン. 2012年8月30日閲覧。
  46. ^ 『聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ』Ω版ポセイドンやソレントらがゲームに登場、アニメにはなかったオリジナル展開も”. ファミ通.com. 2012年9月18日閲覧。
  47. ^ CHARACTERS”. CHAOS RINGS III. 2014年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  48. ^ Character”. Tales of Zestiria テイルズ オブ ゼスティリア. 2014年9月16日閲覧。
  49. ^ カジノディーラーフェス開催!”. チェインクロニクル 〜絆の新大陸〜. セガゲームス (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  50. ^ ゲームのエンディングより[要高次出典]
  51. ^ “手塚治虫キャラ大集結のカードゲーム、主人公役に島崎信長&佐藤聡美”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月10日). http://natalie.mu/comic/news/216256 2017年1月10日閲覧。 
  52. ^ ボーン・スプレマシー”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  53. ^ ハスラー・CMウラ話(9月13日時点)

外部リンク[編集]