この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

小山茉美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

こやま まみ
小山 茉美
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛知県西尾市
生年月日 (1955-01-17) 1955年1月17日(63歳)
血液型 A型
身長 155 cm
職業 声優女優ナレーター
事務所 青二プロダクション
公式サイト 小山茉美ホームページ
声優活動
活動期間 1974年 -
デビュー作 桔梗屋弥生(初代)(『一休さん』)
女優活動
活動期間 1975年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作 『キヨコは泣くもんか』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小山 茉美(こやま まみ、1955年1月17日[1] - )は、日本声優女優ナレーター。1980年以前の芸名小山 まみ愛知県西尾市出身。身長155cm、血液型A型[2]青二プロダクション所属[3]

代表作は『Dr.スランプ アラレちゃん』(則巻アラレ[4]、『名探偵コナン』(ベルモット)[4]、『あんみつ姫』(あんみつ姫)[4] など。

来歴

1歳のときに父親を亡くし、その後母親は保育士の資格を取りながら2人の兄妹を育てた[5]

小学校4年生の夏休みに近所の西尾市岩瀬文庫に通い詰め、『少年少女世界文学全集』全50巻(講談社)を読破した。「それで目覚めたというか、将来は表現する世界を目指そうと意識し始めたんです」と小山はインタビューに答えている。西尾市立鶴城中学校愛知県立西尾高等学校卒業[1][5]

卒業後は劇団シアター・ウィークエンドに所属し、舞台女優として活動していた[1]1975年にドラマ『キヨコは泣くもんか』でドラマデビュー[1]。また『一休さん』の桔梗屋弥生(やよいさん)役で声優デビューした。

則巻アラレ

『Dr.スランプ アラレちゃん』はオーディションを受ける前から原作『Dr.スランプ』のファンであり、最初は木緑あかね役を受けたが則巻アラレ役の声優がまだ決まっていなかったため受けたところ関係者から評価され、最終的にアラレ役として選ばれた[6]

原作者の鳥山明とも面識があり、『週刊少年ジャンプ』1982年39号でアラレ帽子を被って鳥山と一緒に撮った写真が掲載され[7]、鳥山やアニメスタッフとともに箱根にピクニックに行ったりしている[8]。インタビューでは「まさか自分がアラレの声をやれるなんてまさか思ってなかった。だから、楽しくってしょうがない」「ぶりっ子のお芝居にならないように気を付けているため、動作までアラレに似ていてアラレは私の分身」[9]「アラレちゃんのオーディションでとんでもない声を出したら採用され、その声を持続するのに苦労した」[10]、『Dr.スランプ』の単行本18巻掲載のコメントでは「おかげさまで、私の代表作になりました」と言っている[11]。小山が歌っている「アラレちゃん音頭」は全国の盆踊り大会などで使われ大ヒットし、盆踊りの定番となった。小山はライブハウス、大ホールのコンサートツアーなどでも歌った[12]

『Dr.スランプ アラレちゃん』放送終了後の1990年代劇場版で他のキャラクターの声優が交代しても[注 1]アラレ役は変わっておらず[注 2]、その後のゲームやメディア作品でも演じている。また同作で則巻千兵衛を演じていた内海賢二が死去した時は、アラレの口調で「博士 また会おうね」「行ってらっしゃい バイチャ」と追悼メッセージを寄せている[13]

『ドラゴンボール超』第43話、69話でもアラレを担当し、野沢雅子との対談で「準備が大変で、ボイストレーニングをした」と語っている。また、「自分でも声が高くって、『キーン!』の声で自分の頭が痛くなるんです(笑)」と語っている[14]

代役

1990年頃、長期休業のため全レギュラー番組を降板していた。当時の後任・代役は以下の通り。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2015年
2016年
2017年
2018年

劇場アニメ

1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1991年
1993年
1994年
1996年
1998年
2001年
2002年
2004年
2007年
2009年
2011年
2016年
2019年

OVA

1982年
  • Dr.スランプアラレちゃんの交通安全(則巻アラレ
1983年
  • Dr.スランプ アラレちゃん 交通ルールをまもろうよ!!(則巻アラレ
1984年
  • Dr.スランプ アラレちゃん ペンギン村の消防隊(則巻アラレ
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
  • 地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー ザ・ムービー(スカーレット、ジンクス)
1992年
1993年
1994年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2006年
2008年
2010年

Webアニメ

ゲーム

1988年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

吹き替え

担当女優

キム・ベイシンガー
ゴールディ・ホーン
シャロン・ストーン
ジョアン・アレン
マギー・チャン
ミシェル・ファイファー

映画

ドラマ

アニメ

その他

人形劇

ラジオ

CD

ナレーション

テレビドラマ

CM

則巻アラレの声で出演

  • ロート製薬「ロートこどもソフト」(1981年 - 1985年)
  • 東京タワー Dr.スランプアラレちゃん大会
    • 東京タワー 夏まつりDr.スランプアラレちゃん大会
  • アーモンドグリコ
  • アロンアルフア
  • グリコチョコッピ
  • 三ツ矢サイダー
  • ミスタードーナツフルーズン「キーン」篇(2009年)
  • スズキ・ハスラー[60](2014年9月11日 - )
    • 『Dr.スランプ アラレちゃん』篇(2014年9月11日 - 11月12日)
    • 『クリスマス アラレちゃん』篇(2014年11月12日 - 12月25日)
    • 「コラージュ」篇(2015年5月13日 - 12月7日)
    • 『ワクワク広がれ』篇(2015年12月7日 - 2016年8月25日)
    • 『ワクワクがズラリ』篇(2016年8月26日 - 2017年10月)
    • 『ぴたっ!と 安全』篇(2017年10月 - )
  • ドラゴンボールZ ドッカンバトル アラレちゃんコラボ篇(2016年12月)
  • 花王
  • ビューカード「いつものSuicaを、最強のSuicaに。」(2018年8月 - )[61]

その他

舞台

  • ウィークエンド「音吉物語」
  • おひさまおはなしコンサート
  • ジャズランド
  • 半次とお銀の悪党稼業(ダーティービジネス)〜 心ならずも人助け?(お銀)
  • 流・流(るる)

音楽作品

Dr.スランプ アラレちゃん

  • 「アラレちゃん音頭」・「アラレのマーチ」(「Dr.スランプ アラレちゃん」2代目エンディング・挿入歌、1981年7月発売)
  • わいわい行進曲(「Dr.スランプ アラレちゃん」2代目オープニング、1986年発売)
  • あこがれのスッパマン(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • I Loveペンギン村(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • バイちゃバイちゃまたあした〜アレアレアラレちゃん(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1986年発売)
  • ペンギン村の仲間たち(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日)
  • んちゃんちゃソング(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • よいこよいこアラレちゃん(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • オーイ! ペンギン村(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • バイちゃバイちゃまたあした~アレアレアラレちゃん~(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • ペンギン村の仲間たち(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • バイちゃバイちゃまたあした~アレアレアラレちゃん~(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • 赤鼻のトナカイ(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • ジングルベル(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、2003年8月27日発売)
  • うれしいひなまつり(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1982年2月発売)
  • ひなまつり(「Dr.スランプ アラレちゃん」挿入歌、1982年2月発売)

魔法のプリンセス ミンキーモモ

  • ラブ・ラブ・ミンキーモモ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」オープニング、1982年3月発売)
  • ミンキーステッキドリミンパ(「魔法のプリンセス ミンキーモモ」エンディング、1982年3月発売)

あんみつ姫

  • あまから城あっぱれ音頭(あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)
  • プリンセスあんみつ(あんみつ姫 音楽編、1986年12月5日発売)

その他

則巻アラレの声で出演

書籍

後2作はラジオのトークショーをまとめたもの。

  • ゆ・れ・てMami - ペンギン村エンジェルのすうぱあエッセイ(近代映画社、1982年)
  • 不思議って好きですか? - 新しい自分発見 心のパワーアップ談議(ISBN 4-938750-01-5
  • 想像の翼を広げて - 未知への旅 SFファンタジー談議(ISBN 4-938750-02-3

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ アラレ役の小山と則巻千兵衛役の内海賢二以外は1990年代劇場版で交代、内海賢二は2013年に死去したため、『ドラゴンボール超』65話では屋良有作(リメイク版『ドクタースランプ』で同役)が千兵衛役を担当。
  2. ^ ただしリメイク版『ドクタースランプ』のみ川田妙子がアラレ役を担当。

出典

  1. ^ a b c d 小山茉美プロフィール”. 小山茉美ホームページ(オフィシャルサイト). 2017年1月21日閲覧。
  2. ^ 小山茉美”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月21日閲覧。
  3. ^ 小山茉美”. 青二プロダクション. 2017年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c 小山茉美”. タレントデータバンク. 2017年1月21日閲覧。
  5. ^ a b 藤原哲也「こころは三河 私の古里 声優 小山茉美さん」 『中日新聞』2013年2月25日付朝刊、三河版、18面。
  6. ^ ニルス、キシリア・ザビ、ミンキーモモ、アラレちゃん、その声はどのように作られたのか?声優・小山茉美ロングインタビュー前編”. 2017年6月25日閲覧。
  7. ^ 「創刊15周年記念 Dr.スランプ うほほーいスペシャル」『週刊少年ジャンプ1982年39号』集英社、1982年9月13日。
  8. ^ 鳥山明『Dr.スランプ 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1983年12月15日、ISBN 4-08-851192-1、185頁。
  9. ^ 1981年発売『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』より。
  10. ^ 朝日新聞縮刷版1991.07.06
  11. ^ 鳥山明『Dr.スランプ 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1985年5月15日、ISBN 4-08-851198-0、102頁。
  12. ^ memory”. 小山茉美ホームページ(オフィシャルサイト). 2017年1月21日閲覧。
  13. ^ “声優内海賢二さん葬儀…戸田恵子号泣”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年6月21日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20130621-1145308_m.html 2017年1月23日閲覧。 
  14. ^ 悟空&アラレちゃん「ドラゴンボール超」にて再び共演!
  15. ^ 大空魔竜ガイキング”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  16. ^ あしたへアタック!”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  17. ^ アローエンブレム グランプリの鷹”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  18. ^ 100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  19. ^ がんばれ! ぼくらのヒット・エンド・ラン”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  20. ^ Dr.スランプ アラレちゃん 東映アニメーション作品情報
  21. ^ 「ペンギン村英雄伝説」(1982年)
    「帰って来たDr.スランプ アラレちゃんスペシャル」(1990年)
    「'92お正月スペシャル」(1992年)
    「うほほ〜い!帰ってきちったの巻」(2007年)
  22. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  23. ^ 太陽の子エステバン”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  24. ^ 魔法のプリンセス ミンキーモモ”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  25. ^ あんみつ姫”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  26. ^ 聖闘士星矢”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  27. ^ 「グッド・バイ・マイ・スイート・ハート」(1997年)
    「緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期」(1999年)
  28. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  29. ^ おにいさまへ…”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  30. ^ “ルパン三世 1$マネーウォーズ”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=466 2016年5月2日閲覧。 
  31. ^ MONSTER”. メディア芸術データベース. 2017年1月15日閲覧。
  32. ^ ブラックラグーン”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  33. ^ 古典部のキャスト”. TVアニメ「氷菓」京アニティザーサイト. 2012年2月3日閲覧。
  34. ^ キャスト”. ランス・アンド・マスクス 公式ホームページ. TBSテレビ. 2015年8月8日閲覧。
  35. ^ 悟空役の野沢雅子さんVSアラレ役の小山茉美さんの超スペシャル対談<後編>”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 2018年2月25日閲覧。
  36. ^ STAFF&CAST”. BanG Dream!(バンドリ)公式サイト. 2016年12月8日閲覧。
  37. ^ 4/30(日)放送のアニメ『ワンピース』にサンジの婚約者・プリンが初登場!キャストは沢城みゆきさんに決定!”. ONE PIECE.com (2017年4月23日). 2017年4月23日閲覧。
  38. ^ “アニメ「伊藤潤二『コレクション』」に緑川光、小山茉美、末柄里恵が出演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年11月22日). http://natalie.mu/comic/news/257823 2017年11月22日閲覧。 
  39. ^ シリウスの伝説”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  40. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  41. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  42. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  43. ^ “作品データ”. ルパン三世NETWORK. オリジナル2016年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420200256/http://www.lupin-3rd.net/sakuhin_ova.html 2016年5月2日閲覧。 
  44. ^ AKIRA”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月19日閲覧。
  45. ^ X(エックス)”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  46. ^ シャム猫 -ファーストミッション-”. ArtPort Inc. Web Site. 2016年6月10日閲覧。
  47. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  48. ^ APPLESEED”. メディア芸術データベース. 2017年1月1日閲覧。
  49. ^ 名探偵コナン 漆黒の追跡者”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。
  50. ^ CAST/STAFF”. アニメ「劇場版シティーハンター」公式サイト. 2018年8月2日閲覧。
  51. ^ トップをねらえ2!”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  52. ^ 『アサシン クリードIII』&『アサシン クリードIII レディ リバティ』から最新情報と空前絶後の“超限定版”が公開!”. 電撃オンライン. 2012年8月30日閲覧。
  53. ^ 『聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ』Ω版ポセイドンやソレントらがゲームに登場、アニメにはなかったオリジナル展開も”. ファミ通.com. 2012年9月18日閲覧。
  54. ^ CHARACTERS”. CHAOS RINGS III. 2014年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  55. ^ Character”. Tales of Zestiria テイルズ オブ ゼスティリア. 2014年9月16日閲覧。
  56. ^ カジノディーラーフェス開催!”. チェインクロニクル 〜絆の新大陸〜. セガゲームス (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  57. ^ ゲームのエンディングより[信頼性要検証]
  58. ^ “手塚治虫キャラ大集結のカードゲーム、主人公役に島崎信長&佐藤聡美”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月10日). http://natalie.mu/comic/news/216256 2017年1月10日閲覧。 
  59. ^ ボーン・スプレマシー”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  60. ^ ハスラー・CMウラ話(2014年9月13日時点)
  61. ^ いつものSuicaを、最強のSuicaに:ビューカード

外部リンク