真地勇志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まち ゆうじ
真地 勇志
プロフィール
本名 田辺 修治
(たなべ しゅうじ)[1]
愛称 まっちー[2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市[3]
生年月日 (1962-08-08) 1962年8月8日(57歳)
血液型 A型[4]
身長 173 cm[4]
職業 声優ナレーター[5]
事務所 青二プロダクション[6]
配偶者 水縞とおる(元・漫画家
公式サイト 真地 勇志|株式会社青二プロダクション
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

真地 勇志(まち ゆうじ、1962年[3]8月8日[6] - )は、日本男性声優ナレーター[5]神奈川県川崎市出身[3]青二プロダクション所属[6]

経歴[編集]

中学時代からブルース・リーなど空手映画に憧れて[7]、アクション俳優を目指して倉田アクションクラブ併設児童劇団に入り、その後東映アクションクラブ第1期生に。カンフー映画の下火によりスタントを中心に行っていたが、桐朋学園短期大学演劇科で本格的な芝居を勉強し[8]、卒業後の1983年より岩淵ぐるうぷ所属[9]1988年青二プロダクションへ移籍している。

人物[編集]

  • 主にナレーションにて活躍。明るい語り口でバラエティ番組を担当する機会が多い。一方、『ニュースJAPAN』では長年メインナレーションを務め、シリアスな場面での語りも多くこなしている。
  • 妻は漫画家水縞とおる

交友関係[編集]

世界・ふしぎ発見!』に出演の浜島直子とは、真地とも公私共に仲が良い[7]

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1997年
1999年
2008年
2009年
2015年
2017年
  • 鬼灯の冷徹(2017年 - 2018年、ナレーション) - 2シリーズ

劇場アニメ[編集]

1990年
1993年
1994年
2010年
2015年

OVA[編集]

1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年

ゲーム[編集]

1993年
1995年
2000年
2004年
2005年
2007年
2012年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1993年
1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2011年

ナレーション[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ
  2. ^ 勇志と誤記。

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』、630頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 新年会”. 皆口裕子オフィシャルブログ「ちまちまの神様」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2011年1月16日). 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ a b c 真地勇志”. goo人名事典. 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ a b 真地 勇志”. 日本タレント名鑑. 2019年10月1日閲覧。
  5. ^ a b 真地 勇志”. タレントデータバンク. 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ a b c 真地 勇志|株式会社青二プロダクション”. 2019年10月1日閲覧。
  7. ^ a b 声優の真地勇志さん!”. TOKYO GAS CURIOUS HAMAJI. ベイエフエム (2013年3月30日). 2016年7月25日閲覧。
  8. ^ 真地勇志 (2004年3月1日). 特集 番組の「色」を決める最新ナレーター列伝. インタビュアー:鈴木健司. p. 12. 『新・調査情報passingtime』46号, TBSメディア総合研究所. 
  9. ^ 真地勇志 (2004年3月1日). 特集 番組の「色」を決める最新ナレーター列伝. インタビュアー:鈴木健司. p. 13. 『新・調査情報passingtime』46号, TBSメディア総合研究所. 
  10. ^ スーパーフィッシング グランダー武蔵”. 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  11. ^ プリティ・ウーマン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 真地勇志 (2004年3月1日). 特集 番組の「色」を決める最新ナレーター列伝. インタビュアー:鈴木健司. pp. 12-13. 『新・調査情報passingtime』46号, TBSメディア総合研究所. 

外部リンク[編集]