プリティ・ウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プリティ・ウーマン
Pretty Woman
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 J・F・ロートン
製作 アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮 ローラ・ジスキン
出演者 リチャード・ギア
ジュリア・ロバーツ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 チャールズ・ミンスキー
編集 ラジャ・ゴズネル
パトリシア・ネッド
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
シルバー・スクリーン・パートナーズⅣ
リージェンシー・インターナショナル・ピクチャーズ(ノンクレジット)
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年3月23日
日本の旗 1990年12月14日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $463,406,268[1]
配給収入 日本の旗 30億9000万円[2]
テンプレートを表示

プリティ・ウーマン』(原題: Pretty Woman)は、1990年公開のアメリカ映画である。リチャード・ギアジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ

ゲイリー・マーシャル監督。また、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用されリバイバルヒットとなった。『マイ・フェア・レディ』を下敷きにした現代版ストーリーである。オリジナルの脚本では「プリティ・ウーマン」ではなく、劇中で提示された3000ドルの契約金に基づく「3000」という題名であったが、タッチストーン・ピクチャーズ社の幹部がサイエンス・フィクション映画のような響きだと異議を唱え「プリティ・ウーマン」に改題された[3]

1990年度全米興行収入第1位。ロバーツは、この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

劇中で見事なボディを披露しているロバーツだが、実際はボディダブルが多用されている。この映画は、ボディダブルの重要性や必要性を再認識させた映画であり、ロバーツをハリウッドのトップスターに押し上げた、彼女の出世作である。

ストーリー[編集]

「ウォール街の狼」と呼ばれる実業家と売春婦が出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。

ビバリーヒルズでの友人のホームパーティーに招かれた実業家のエドワード・ルイスは、パーティーを抜け出さなければならなくなり、顧問弁護士のスタッキーのロータス・エスプリを借り出したものの、慣れないマニュアルシフトに手こずった上に道に迷い、ハリウッドの繁華街の路肩に車を止める。そのとき、売春婦のヴィヴィアン・ワードに声をかけられ、仕方なく20ドルでビバリーウィルシャー・ホテルまで運転を頼む。「夜の相場は1時間で100ドル」と吹っ掛けるヴィヴィアンに「嘘だろ。靴を安全ピンで止めてるくせに」とやり返す。ホテルに着き、「バスで“オフィス”へ戻る」と言うヴィヴィアンが気になったエドワードは「少し寄っていかないか?」と誘う。

ペントハウスでシャンパンとイチゴでもてなすエドワードにヴィヴィアンは「演出は最高だけど料金は1時間分よ。早く始めない?」と言う。エドワードは「時間が気になるなら楽にしよう」と言い、1晩300ドルで相手を頼む。

翌朝、買収予定の会社のモース社長と対談することになり、弁護士から「女性を連れて会食しろ」とアドバイスを受けたエドワードは、ヴィヴィアンとロサンゼルス滞在中の6日間を3000ドルで契約する。10億ドルで買収した会社を分割して売却して儲けるというエドワードに、ヴィヴィアンは「盗んだ車のパーツを売るのと一緒ね」と言う。

ヴィヴィアンはエドワードから渡されたお金で会食用のカクテルドレスを買いに行ったものの、派手かつ下品な装いのせいで高級ブティックでは入店を断られてしまう。しかし、見かねたホテルの支配人が婦人服店へ連絡しドレスを買うことに成功する。テーブルマナーも学び、ディナーに臨む[4]。モース社長が激怒したことで会食は終了したが、ヴィヴィアンはエドワードに「問題は、あなたがモース社長を好きなことよ」と核心を突く。エドワードは「僕らは似た者同士だね。金のためなら割り切れる」と返す。

エドワードの行動に危機感を感じたスタッキーはヴィヴィアンをスパイと疑い、エドワードに忠告したことからエドワードは「心配要らない」と、彼に彼女の素性をばらしてしまう。ヴィヴィアンの素性を知った弁護士は彼女を売春婦として蔑んだ扱いをする。傷つき契約金も受け取らないで出て行こうとするヴィヴィアンをエドは引き止め、二人は過去を慰め合う。

翌日は仕事を休み、二人でオペラや散歩を楽しむ。

約束の6日目がやってきて、生活の援助を申し出るエドワードに、愛してしまったヴィヴィアンは「幼い頃から、白馬にまたがった騎士が助けにきてくれることを夢見ていた」と、エドワードが自らを幸せに迎えてくれないと失意したことを間接的に告げる。

エドワードはモース社の買収を中止し、業務提携する方針に変更する。スタッキーは10億ドルの儲けがフイになった腹立ち紛れにホテルを訪れ、ヴィヴィアンに「一発ヤラせろ」と迫る。そのとき、エドワードが帰宅しスタッキーを殴り部屋から追い出す。エドワードは妻と離婚し、恋人とも別れたばかりで「自分には女性を不幸にする才能がある。生活の援助が僕にできる最大のことだ」とヴィヴィアンに告げる。ヴィヴィアンはエドワードと世話になった支配人に別れを告げて、ホテルを出る。支配人はリムジンを手配し、自宅まで送る。

翌日、ホテルを出るエドワードに支配人は「昨日、リムジンでヴィヴィアンさんを送りました」と間接的に場所を教える。

サンフランシスコで真っ当な仕事を見つけ、高校をきちんと卒業しようと決心したビビアンがアパートを出たとき、赤いバラの花束を手にしてエドが迎えに来た。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ TBS テレビ朝日 機内上映版
エドワード・ルイス リチャード・ギア 小川真司 あおい輝彦 石田純一 山寺宏一
ビビアン・ワード ジュリア・ロバーツ 戸田恵子 高島雅羅 浅野ゆう子 深見梨加 幸田直子
ジェームズ・モース ラルフ・ベラミー 村松康雄 富田耕生 久米明
フィリップ・スタッキー ジェイソン・アレクサンダー 山下啓介 西村知道 野島昭生 牛山茂
キット・デ・ルカ ローラ・サン・ジャコモ 松本梨香 金野恵子 土井美加 岡村明美
デヴィッド・モース アレックス・ハイド=ホワイト 星野充昭 堀内賢雄 宮本充 真地勇志
エリザベス・スタッキー エイミー・ヤスベック 金野恵子
ブリジット エリノア・ドナヒュー 寺内よりえ
バーニー・トンプソン支配人 ヘクター・エリゾンド 吉水慶 阪脩 羽佐間道夫 麦人
その他 火野カチコ
速見圭
さとうあい
仁内建之
藤本譲
東美江
古田信幸
沢木郁也
伊井篤史
秋元羊介
高宮俊介
小関一
森一
牛山茂
麦人
水野龍司
一城みゆ希
田中敦子
目黒裕一
辻親八
幹本雄之
達依久子
紗ゆり
村山明
藤本譲
秋元千賀子
稲葉実
大山高男
柳沢紀男
種田文子
有馬瑞香
寺内よりえ
中村秀利
田中敦子
後藤敦
伊藤和晃
佐藤しのぶ
筒井巧
日野由利加
大川透
北村弘一
湯屋敦子
後藤敦
長島雄一
喜田あゆみ
竹村叔子
中庸助
藤生聖子
辻親八
西村知道
園田恵子
重松朋
  • ソフト版:VHSDVDBD収録
  • フジテレビ版:初回放送1994年4月9日『ゴールデン洋画劇場
  • TBS版:初回放送1995年12月29日(同局のTVドラマ『長男の嫁2〜実家天国』の番組宣伝として制作)
  • テレビ朝日版:初回放送1997年5月18日『日曜洋画劇場

ポスターに関する逸話[編集]

リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが背中合わせに立つ国際版ポスターの写真は、二人の身長差があまりなくヒールブーツを履いているロバーツのほうがギアよりも高くなってしまいバランスが悪かったため、ハリウッドでは有名なボディダブル女優であるシェリー・ミッシェルで撮影を行い、ロバーツの頭部のみ合成したものである[5][6][7]

エピソード[編集]

エドワードとビビアンのベッドシーンで、ビビアンがエドワードのシャツを脱がせている途中で、一瞬エドワードのシャツもネクタイもはだけずに身に着けたままで、次のカットでははだけている、というものがあった。このシーンはダウトをさがせ!でクイズ問題として紹介された。

地上波放送履歴[編集]

回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版
初回 フジテレビ ゴールデン洋画劇場 1994年4月9日 フジテレビ版
2回目 TBS - 1995年12月29日 TBS版
3回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 1997年5月18日 テレビ朝日版
4回目 日本テレビ 金曜ロードショー 1999年9月10日
5回目 フジテレビ ゴールデンシアター 2002年9月28日 フジテレビ版
6回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2009年9月6日 テレビ朝日版
7回目 日本テレビ 金曜ロードショー 2011年2月4日

脚注[編集]

  1. ^ a b Pretty Woman (1990)”. Box Office Mojo. 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)504頁
  3. ^ オリジナル脚本のタイトルについては国内外を問わず「$3000」「3000」の両説が散見されるが、通貨単位が付いていればSFっぽい響きと感じるのは不自然であり、英語版Wikipediaでもアーカイブ出典付きで「3000」としている
  4. ^ 事前に支配人トンプソンからテーブルマナーを学んでいたものの、エスカルゴを上手にトングで掴むことができず飛ばしてしまうが、ボーイがキャッチをして「よく飛ぶんです」と温かいフォローをしてくれる。
  5. ^ 映画『プリティ・ウーマン』25周年で語られた、知られざるエピソード”. exciteニュース(MASHING UP) (2015年3月25日). 2021年8月16日閲覧。
  6. ^ あなたの知らない『プリティ・ウーマン』20のトリビア”. ELLE (2016年4月19日). 2021年8月16日閲覧。
  7. ^ Pretty Woman stars reunite 25 years later”. NEWS.COM.AU (2015年3月19日). 2021年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]