プリティ・ウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリティ・ウーマン
Pretty Woman
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 J・F・ロートン
製作 アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮 ローラ・ジスキン
出演者 リチャード・ギア
ジュリア・ロバーツ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 チャールズ・ミンスキー
編集 ラジャ・ゴズネル
パトリシア・ネッド
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年3月23日
日本の旗 1990年12月14日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $463,406,268[1]
配給収入 30億9000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

プリティ・ウーマン』(原題: Pretty Woman)は、1990年公開のアメリカ映画である。リチャード・ギアジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ

ゲイリー・マーシャル監督。また、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、リバイバルヒットとなった。『マイ・フェア・レディ』を下敷きにした、現代版ストーリーである。実際のオリジナルの脚本では、「プリティ・ウーマン」ではなく契約金の「$3000」という題名であったがタッチストーン・ピクチャーズ社の幹部が「$3000」だとサイエンス・フィクションの映画のような響きだと異議を唱えたので「プリティ・ウーマン」という題名になった。

1990年度全米興行収入第1位。ロバーツは、この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

劇中で見事なボディを披露しているロバーツだが、実際はボディダブルが多用されている。この映画は、ボディダブルの重要性や必要性を再認識させた映画であり、ロバーツをハリウッドのトップスターに押し上げた、彼女の出世作である。

ストーリー[編集]

「ウォール街の狼」と呼ばれる実業家コールガールが出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。

ビバリーヒルズでの友人のホームパーティーに招かれた実業家のエドワード・ルイスは、パーティーを抜け出さなければならなくなり友人のロータス・エスプリを借り出したものの、慣れないマニュアルシフトに手こずった上に道に迷い、ハリウッドの繁華街の路肩に車を止める。その時、売春婦のビビアン・ワードに声をかけられる。高級ホテルまでの運転を頼み、1晩300ドルで話し相手をしてくれるよう頼む。

ペントハウスではしゃぎながらも「体は売っても唇へのキスはお断り」というビビアンに惹かれたエドは、ロサンゼルス滞在中の6日間を3000ドルで契約する。10億ドルで買収した会社を分割して売却して儲けるというエドに、ビビアンは「盗んだ車のパーツを売るのと一緒ね」と言う。

仕事の一環として、エドの仕事の会食に同伴することになったビビアン。エドから渡されたお金で会食用のドレスを買いに行ったものの、派手かつ下品な装いのせいで高級ブティックでは入店を断られてしまう。しかし、見かねたホテルの支配人のおかげで、見事完璧なレディに変身する。テーブルマナーも学び、ディナーに臨む[3]

エドの行動に危機感を感じた顧問弁護士はビビアンをスパイと疑い、調べ上げ、素性をばらす。傷つき契約金も受け取らないで出て行こうとするビビアンを引き止め、二人は過去を慰め合う。

翌日は仕事を休み、二人でオペラや散歩を楽しむ。

約束の6日目がやってきて、生活の援助を申し出るエドに「幼い頃から、白馬にまたがった騎士(王子様)が助けにきてくれることを夢見ていた」と、エドが自らを幸せに迎えてくれないと失意したことを間接的に告げて、ビビアンは契約金を受け取らずにホテルを出る。エドは顧問弁護士の反対を押し切り、造船会社との買収を友好的な業務提携に変更する。故郷に戻って高校をきちんと卒業しようと決心したビビアンがアパートを出た時、赤いバラの花束を手にしてエドが迎えに来た。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ TBS テレビ朝日
エドワード・ルイス リチャード・ギア 小川真司 あおい輝彦 石田純一 山寺宏一
ビビアン・ワード ジュリア・ロバーツ 戸田恵子 高島雅羅 浅野ゆう子 深見梨加
ジェームズ・モース ラルフ・ベラミー 村松康雄 富田耕生 久米明
フィリップ・スタッキー ジェイソン・アレクサンダー 山下啓介 西村知道 野島昭生 牛山茂
キット・デ・ルカ ローラ・サン・ジャコモ 松本梨香 金野恵子 土井美加 岡村明美
デヴィッド・モース アレックス・ハイド=ホワイト 星野充昭 堀内賢雄 宮本充 真地勇志
エリザベス・スタッキー エイミー・ヤスベック 金野恵子
ブリジット エリノア・ドナヒュー 寺内よりえ
バーニー・トンプソン支配人 ヘクター・エリゾンド 吉水慶 阪脩 羽佐間道夫 麦人

ポスターに関する逸話[編集]

リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが背中合わせに立つ国際版ポスターの写真は、いったん撮影されたが、ヒールを履いているロバーツのほうがギアよりも高く写ってしまったために、ボディダブルを使用し再撮影を行ったうえで、頭部のみをふたりの俳優にすり替えた。ロバーツがギアのネクタイを水平に引っ張っているのは、写真の継ぎ目を隠すための苦肉の策である。この修正前のポスターがコレクターの間に出回る話が松岡圭祐のミステリー小説『万能鑑定士Qの事件簿IV』の冒頭に描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Pretty Woman (1990)”. Box Office Mojo. 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)504頁
  3. ^ 支配人トンプソンから学んでいたものの、並んだフォークに戸惑い、エスカルゴを上手にトングで掴むことができず、4,5メートル飛ばしてしまう。ボーイがナイスキャッチをして「よく飛ぶんです」と、嫌味の混じった温かいフォローをしてくれる。

外部リンク[編集]