岡村明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかむら あけみ
岡村 明美
プロフィール
愛称 明美姉さん
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1969-03-12) 1969年3月12日(48歳)
血液型 O型
所属 マウスプロモーション
配偶者 あり
活動
活動期間 1992年 -
デビュー作 フィオ・ピッコロ(『紅の豚』) [1]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

岡村 明美(おかむら あけみ、1969年[2]3月12日 - )は、日本の女性声優マウスプロモーション所属。東京都出身。血液型O型

代表作に『紅の豚』(フィオ・ピッコロ)、『ONE PIECE』(ナミ)、『カサンドラ〜愛と運命の果てに』(カサンドラ)、『ラブ★コン』(小泉リサ)などがある[3]

概要[編集]

経歴[編集]

昔から朗読が好きで、国語の授業の朗読で「私をあてて」と思っていたり、図書館で紙芝居を借りて、妹や近所の子供達に読んでいた。そして、「1度の人生、自分のしたいことをしよう!」と思い立ち、この朗読好きを生かそうと東京アナウンスアカデミーに入学[1]。卒業後、1990年にマウスプロモーション付属養成所に入所し、1992年よりマウスプロモーションに所属。

スタジオジブリ作品『紅の豚』のフィオ役に抜擢され注目される。その後はアニメ、吹き替え、ゲーム作品と幅広く活躍している。

既婚であり、妊娠した為2001年に声優業を一時休業、その間『ONE PIECE』のナミ役は義姉・ノジコ役の声優でもある山崎和佳奈が代役を担当した。

特色[編集]

少女から成人女性までこなすが、少年役を演じることもある。主に前記のナミ、『ロミオの青い空』のビアンカや『GTO』の上原杏子など、気の強い女性役を多く演じている。

エピソード[編集]

小学校の頃から書道塾に通っており、祖父は筆職人だった。また岡村自身も書道師範の免状を持っている[1]

顔が丸く、初対面の声優から「顔が丸くて、目が大きくて…」と言われると、「ああ、岡村ね」と言われる程だったと言う[1]

紅の豚』のダビングで遅くなった帰り、家が同じ方向だった宮崎駿に車で送ってもらったが、宮崎はその後、立ち往生したらしく、後日、音響監督に怒られたという[1]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
  • 海月姫まやや
  • クレヨンしんちゃん(ちんのすけのママ)
  • 書家(月影)
  • ドラえもん(男の子)
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年

劇場アニメ[編集]

1992年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2016年

OVA[編集]

1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2007年
2008年
2010年
2011年

ゲーム[編集]

1995年
1996年
  • カオスコントロール(ジェシカ・ダークヒル
  • サクラ大戦(藤井かすみ)
  • FIST(土月真澄)
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2015年
2017年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画・ドラマ[編集]

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 三木浩也編「今さら友だちのWA!!(岡村明美→?)」『アニメV 1995年11月号』学習研究社、1991年2月1日、雑誌01591-02、40頁。
  2. ^ 『タレントデータバンク2010』、793項、株式会社タレントデータバンク、2010年、ISBN 978-4990457112
  3. ^ Yahoo!人物名鑑によるプロフィール[リンク切れ]より 2010年2月6日閲覧
  4. ^ スタッフ&キャスト”. ヤマトタケル. 2016年6月27日閲覧。
  5. ^ ロミオの青い空”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  6. ^ いじわるばあさん”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  7. ^ GTO”. メディア芸術データベース. 2016年9月8日閲覧。
  8. ^ スタッフ・キャスト”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  9. ^ サクラ大戦”. メディア芸術データベース. 2016年9月4日閲覧。
  10. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  11. ^ a b c d 「粗忽屋武蔵野店」名義
  12. ^ セト”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  13. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  14. ^ TV本編ではメインキャラクターかつライバルキャラクターだが、オールスターズ映画で登場する際はサブキャラクターかつモブキャラクターとして登場している。
  15. ^ ラブ★コンLOVELY★COMPLEX”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  16. ^ テレパシー少女 蘭”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月10日閲覧。
  17. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  18. ^ 花とゆめ2012年24号』、白泉社、2012年11月。
  19. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2015年9月27日閲覧。
  20. ^ 紅の豚”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。
  21. ^ サクラ大戦 活動写真”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  22. ^ ONE PIECE 呪われた聖剣”. メディア芸術データベース. 2016年11月26日閲覧。
  23. ^ キャラクター エメリナ”. ファイアーエムブレム 覚醒. 2012年3月11日閲覧。
  24. ^ 『ワンピース 海賊無双2』麦わらの一味が全員集結!”. ファミ通.com. 2013年1月31日閲覧。
  25. ^ Leo's Fortune”. 「レオズ・フォーチュン」公式サイト. 2014年11月7日閲覧。
  26. ^ エアフォース・ワン”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  27. ^ プリティ・ウーマン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月15日閲覧。
  28. ^ 地元・静岡県でもネットでも話題沸騰中のテレビCM「こっこ」の新CMが放送開始! | れポたま! version.β

外部リンク[編集]