石田純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしだ じゅんいち
石田 純一
石田 純一
佐田真由美(写真左)と
SONYVAIOの発表会)
本名 石田 太郎(いしだ たろう)
別名義 石田 純
生年月日 1954年1月14日(62歳)
出生地 日本の旗 日本東京都目黒区
身長 177cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ番組
活動期間 1979年 -
活動内容 1979年:ドラマ『あめりか物語』で正式デビュー
配偶者 星川まり(最初の妻)
松原千明(2度目の妻)
東尾理子2009年 - )
著名な家族 石田武(父)
石田桃子(姉)
いしだ壱成(星川との間の長男)
すみれ(松原との間の長女)
星川淳(かつての義兄)
東尾修(義父)
事務所 スカイコーポレーション
公式サイト 石田純一オフィシャルサイト
主な作品
映画
帝都物語』/『愛と平成の色男
ドラマ
夢追い旅行』/『抱きしめたい!
君の瞳に恋してる!
想い出にかわるまで』/『結婚の理想と現実
さよならをもう一度』/『ジェラシー
長男の嫁』/『きのうの敵は今日も敵

石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年1月14日 - )は、日本俳優タレント。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。

東京都目黒区出身。身長177cm。血液型はA型。スカイコーポレーション所属。

人物[編集]

生い立ち[編集]

NHKアナウンサー・石田武の長男として出生。4歳までアメリカワシントンで育つ。東京都立青山高等学校を経て、早稲田大学商学部中退。

最初の妻となった女性は、作家で活動家・星川淳の妹の星川まりであり、1970年代に知り合って学生結婚[1]

大学在学中、演出家となることを考えた石田は演劇を学ぶためにアメリカに渡った。東洋哲学に傾倒しており、ヒッピー的な志向であったまりとは、このアメリカ滞在中に離婚。帰国後の1978年には大学を中退、「演劇集団 円」の演劇研究所研究生となった。

俳優デビュー、スターダムへ[編集]

「演劇集団 円」での下積み生活を経て[1]1979年NHKドラマ『あめりか物語』(日系三世のタイ人の店員役)で正式にデビューする。当初は「石田 純」の芸名を使用していた(のちに現在の名前に改名)。

1984年昼ドラ夢追い旅行」で準主役で出演しその名を知られると、1985年から1989年にかけて放送されたクイズ番組『TVプレイバック』にレギュラー解答者に抜擢され、そのルックス萩本欽一ザ・ドリフターズのメンバーにも臆することのない軽快な話術が受け、知名度が上がることとなった。また、1987年にはテレビ朝日の音楽番組『オリジナルコンサート』の司会を務めた。

そして、1988年にドラマ『抱きしめたい!』に出演したことから、数多くの「トレンディドラマ」に出演し、バブル期を代表する俳優として活躍した[1]

女性関係・「不倫は文化」発言[編集]

1988年、女優の松原千明と再婚、1990年7月には女児をもうけた。この女児は後に松原すみれ(現在は「すみれ」名義)としてモデルデビューすることになる。

しかし1991年10月、それまで石田が公表していなかった最初の妻との間に儲けた息子の存在が『女性セブン』にスクープされ、「隠し子」の存在が明らかになった。また、石田もその事実を認めた声明を出したため大きく報じられた。この息子は翌1992年に、「石田純一の息子・いしだ壱成」として芸能界デビューし、親子での共演なども見られる事となった。

また、石田はファッションモデル長谷川理恵との8年余りに及ぶ交際でも知られた。1996年10月、『フォーカス』のスクープを発端に長谷川との不倫についてマスコミから追及された石田は「文化芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」(前日に川島なお美から聞いた言葉をそのまま言ったものであり、石田のオリジナルではない)と反論。ゴルフ場芸能レポーターの取材に答える石田の姿は、『不倫は文化』というフレーズと共に繰り返し報じられた。結婚中の不倫と前述の発言による「不倫バッシング」によって、40代は一転して不遇の人生に転落することとなる[1]

不倫騒動にもかかわらず、1997年4月に『スーパーJチャンネル』のメインキャスターに就任し、月曜日から木曜日までレギュラー出演していた。しかし、8月にまたも『フォーカス』に長谷川との密会現場を撮られたことから、翌1998年4月に降板[2]。降板日には生放送で落涙している。

完全に干されてしまった石田は1999年に2度目の離婚。全盛期に3億円あった年収はゼロになり、8000万円の借金ができるなど経済的にも困窮し、それまで住んでいた高級マンションは引き払おうにも引越し代がないという始末であった[1]。この頃の状況について石田は後に、「時間を持て余すことが何よりも辛かった」と語っている[1]

「不倫は文化騒動」以降は主にバラエティ番組情報番組への出演を中心の活動となっている。ただし完全に俳優業をやめた訳ではなく、2000年代以降は本業の俳優としても活動している。

3度目の結婚、政治的言動[編集]

2009年プロゴルファー東尾理子と交際宣言し、同年9月に出演したテレビのトーク番組においては翌春に理子と結婚することを発表[3](実際には同年12月12日に結婚)。尚、理子の実父で元プロ野球選手のは石田とほぼ同年代で、この結婚によって石田より4歳(学年では3学年)だけ年上の義父となった。

結婚から3年後の2012年11月5日には、二人の間に男児・理汰郎[4]が誕生している[5]2015年8月31日には理子夫人が第2子妊娠を報告し[6]2016年3月24日に女児が誕生[7]

2015年9月17日夜(第189回国会会期中)、国会議事堂前で行われた平和安全法制関連法案に対する抗議活動に参加し、かつての言葉「不倫は文化」に引っ掛け「戦争は文化ではありません。戦後70年間の誇るべき平和を80年、100年と続けていこう」と反対を訴えた[8]

2016年7月7日舛添要一東京都知事の辞職に伴う東京都知事選挙に「野党統一候補なら、出馬したい」と表明。しかし、民進党松原仁都連会長は「実務経験がある方が必要。都政は極めて大きな舞台なので、一定の経験がないと大きな船を操れない」と擁立を拒否した[9]。一方で、石田は出馬表明したことによる出演番組やCMなどの差し替えによる損害賠償が数千万円単位で発生していることを明かした[10]7月11日、石田は会見を開き「正式に断念します。いろいろとお騒がせしました」と陳謝した[11]

その後、所属事務所はCMなどのスポンサー契約やテレビのレギュラー番組がある限り、応援演説など、政治問題に携わることは難しいことを明かした[12]

エピソード[編集]

  • 芸能界きってのイタリア好き。ピッツァ・マルゲリータの発祥の店「Brandi」へ来店するためにナポリまで足を運んだことがある。
  • イタリア人の生まれ変わりと占い師に診断されたこともあり本人もそれを信じている。
  • 80年代後半、私服はヴェルサーチを愛用しており、『抱きしめたい!』出演時もヴェルサーチを着用していた。
  • 素足に革靴」のスタイルを意識し始めたのは、スリップオンに素足のファッションが嘗てミラノで流行した事に遡る。以前はそれほど素足にこだわっていなかったが、北海道を訪れた時に靴下を着用していたのを地元民に「プロ根性がない」とダメ出しされてしまい、それ以降はこだわったと語っている(ゴルフシューズや極寒の地などで靴下を履く必要が生じた際には、外見からは靴下の存在が分かりにくいカバーソックスを着用することもある)。
  • 2003年4月6日、皇族の「有栖川宮」を騙った詐欺グループが開いた結婚披露宴に出席していた[13]
  • 高校時代は野球部に所属し、エースで4番打者だった[14]プロ野球は熱烈な阪神タイガースの大ファン。野球オタクとも言われている[14]。時折、東京ドーム横浜スタジアムで阪神戦を観戦していると語っている。2013年10月26日文化放送日本シリーズ中継に義父の東尾修と一緒に出演。この時に、試合の流れをメモしたり、楽天アンドリュー・ジョーンズの所属していたアトランタ・ブレーブスについてレクチャーしたり、楽天の枡田慎太郎の打撃について指摘したりなど、リスナーを驚かせる一面も披露していた[14]
  • 2012年6月24日、台湾のタレント・羅志祥(SHOW/ショウ・ルオ)のCD発売イベントMAGIC&有我在に出席した際に「華流応援隊長」に任命された。羅志祥より任命状を授与され、台湾でも話題となった[15]
  • 週刊文春の「嫌いな夫婦ランキング」(2013年11月28日号)で1位になった[16]
  • 2015年9月の国会前デモ参加時のスピーチがマスコミに大きく取り上げられたことで、スポンサー筋から疎まれテレビ番組3本とCM1本を降ろされ、また、いくつかの企業からは「二度と政治的言動をするな」と厳重注意を受けるも、石田は「それはできない」と返したという報道が週刊新潮から出た[17][18]。しかし、所属事務所のマネージャーは「そんなことないですよ」と報道を否定。スポンサー筋より「今後は気を付けて下さい」「安保法案には反対や賛成があり、企業の顔として、そういうお客さまの気持ちも汲んで下さい」と注意を受けたことは認めたものの、番組やCMの降板は事実ではないとした[19]。その後、石田は同年12月6日の集会でも壇上に上がり「世界一平和で安全な国をなぜ変える必要があるのか」と訴えている[20]
  • 2015年10月1日の川島なお美通夜にて、参列していた石田がマスコミに向かって、川島の出世作である「失楽園」の当初の主演は自分であり、当時自分が推していた女優もいたが自分が別仕事で降板することになったので女優も代役で川島に決まったことを突如暴露し、争議をかもした[21]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

ラジオ[編集]

  • NHK-FM・サラウンドドラマ マージナル(1988年、NHK-FM) - グリンジャ 役
  • 花王ウェイクアップパートナー(1988年 - 1992年、FM横浜
  • JTB MY VACATION(1993年 - 1994年、FM大阪
  • 石田純一のBACCHUSの森(1994年 - 1998年、FM仙台
  • 石田純一のEvergreen Weekend(1996年10月、FM東京
  • 石田純一のNo Socks J Life(2013年10月1日 - 、JFN系)

テレビアニメ[編集]

DVD[編集]

  • 人生をポジティブに生きる25の方法(2006年、avex trax

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  1. MINT JULEP
  2. 砂金
  3. 詩人の宝石
  4. HOLLYWOOD ROMANCE
  5. 7時間の恋人
  6. 百萬弗STAR(ミリオン・ダラー・スター)
  7. ジゴロ
    松本隆作詞、田島貴男作曲。日本テレビ系『モクスペ』「芸能人はずかし&新作映像100連発」(2007年11月1日)において、「IDTV(イメージダウンTV)」のコーナーで紹介された。また、TBSラジオの『コサキンDEワァオ!』に於いても話題の曲となっていた。
  8. 熱くなれないランデヴー
  9. ノー・ノー・ボーイ
  10. NEVERTHLESS

シングル[編集]

  • MINT JULEP/7時間の恋人(1992年5月21日、ワーナー・パイオニア)
  • 逆にそれって愛かもね(2006年11月22日)
    • 杉本彩と「純一&彩」名義でリリースされたシングル。

著書[編集]

  • エッセイ『落ちこぼれのススメ』(2000年、光進社
  • 『マイライフ』(2006年、幻冬舎

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 食の履歴書 石田純一さん 『日本経済新聞』 平成23年12月24日 S3面
  2. ^ “「不倫は文化」発言で「石田純一」の得たもの失ったもの”. デイリー新潮 (週刊新潮 2016年3月17日号). (2016年3月17日). http://www.dailyshincho.jp/article/2016/03170510/?all=1 
  3. ^ ロンドンハーツ』 2009年9月29日放送
  4. ^ 石田&理子のベビーは「理汰郎」と命名 デイリースポーツ2012年11月9日配信(2012年11月10日閲覧)
  5. ^ 石田純一が出産報告会見で涙 愛息子は東尾パパ似 (オリコンeltha 11月6日18:49配信(配信日に閲覧))
  6. ^ 東尾理子 第2子妊娠「なんとか」”. デイリースポーツオンライン (2015年8月31日). 2015年8月31日閲覧。
  7. ^ “東尾理子、第2子女児出産を報告「キセキに感謝で胸がいっぱい」”. ORICON STYLE. (2016年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2069068/full/ 2016年3月25日閲覧。 
  8. ^ 国会前、なお抗議 石田純一さん「戦争は文化ではない」”. 朝日新聞 (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  9. ^ 民進都連 石田純一擁立に否定的「経験がない」デイリースポーツ 7月8日
  10. ^ 石田純一、CM差し替えで賠償請求「数千万とか。天文学的数字」サンケイスポーツ 7月10日
  11. ^ 東京都知事選 石田純一氏が出馬断念「いろいろとお騒がせしました」 理由は…「メディアのルールやおきて」産経新聞 7月11日
  12. ^ 【都知事選】石田純一、鳥越氏の応援演説しない2016年7月15日5時0分 スポーツ報知
  13. ^ “石田純一 皇族詐欺パーティー出席を反省「軽率だった」”. デイリースポーツ online. (2014年2月13日). http://www.daily.co.jp/gossip/flash/20140213588.shtml 
  14. ^ a b c 日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修を凌駕した石田純一のマニアック解説(1/2)”. 日刊ゲンダイ (2013年10月29日). 2013年11月2日閲覧。日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修を凌駕した石田純一のマニアック解説(2/2)”. 日刊ゲンダイ (2013年10月29日). 2013年11月2日閲覧。
  15. ^ SHOW、石田純一登場に「本物だ!」と大興奮”. BARKSニュース (2012年6月26日). 2013年11月2日閲覧。
  16. ^ 『週刊文春』2013年11月28日号、P139
  17. ^ 石田純一が安保法制反対で「圧力」を受けていた…テレビ番組、CMの出演キャンセル、厳重注意も リテラ2015年10月8日
  18. ^ 「ワイド ふとどきものと人のいう(4)『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」週刊新潮2015年10月15日号 本人の発言
  19. ^ “石田純一、番組やCMの降板なかった 安保反対スピーチの影響は出たのか”. J-CASTニュース. (2015年10月9日). http://www.j-cast.com/2015/10/09247560.html?p=all 
  20. ^ “SEALDs 銀座をデモ行進 「憲法守れ!」と数千人”. 毎日新聞. (2015年12月6日). http://mainichi.jp/articles/20151207/k00/00m/040/014000c 
  21. ^ 石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も…… 日刊サイゾー 2015年10月8日
  22. ^ 平均年齢65歳 高橋克実主演ドラマに伊東四朗、角野卓造らが出演”. ORICON (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]