旅立ち〜足寄より〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旅立ち〜足寄より〜』(たびだち あしょろより)は、日本のシンガーソングライター松山千春自伝小説。およびそれを原作とした日本映画ならびに舞台

概要[編集]

松山は19歳の時、全国フォーク音楽祭に出場。オリジナル曲「旅立ち」を歌い、会場の観衆に圧倒される。そんな中、プロデューサーの竹田と出会ったことで、歌手としての道を歩み始めることになる。

映画[編集]

旅立ち〜足寄より〜
監督 今井和久
脚本 鴨義信
原作 松山千春
製作総指揮 小曽根太
出演者 大東俊介
萩原聖人
音楽 松山千春
主題歌 松山千春「我家」
撮影 上赤寿一
編集 清水正彦
製作会社 プラスミック・シーエフピー
配給 エム・エフボックス
公開 日本の旗 2009年1月24日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2008年11月22日北海道で先行公開され、2009年1月24日に全国公開された。監督は今井和久第21回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に出品された。

概要[編集]

松山千春が23歳のときに自ら書き下ろした自伝『足寄より』をベースに映画化。千春が、1975年「全国フォーク音楽祭北海道大会」へ出場した際に、審査員であった札幌テレビ・ラジオ局(現・STVラジオ)の竹田健二ディレクターは千春の才能をいち早く見い出した。この大会で千春は落選したものの、竹田は「北海道のスーパースター」を誕生させるべく上司らを説得し、1976年に毎週日曜日午後からの番組『サンデージャンボスペシャル』内で「千春のひとりうた」という15分のコーナーを設けて千春をメディアデビューさせる。

1977年1月25日、千春は「旅立ち」でキャニオンレコードからレコードデビューを果たし、コンサートツアーを開始。竹田の存在なくして、今日の千春はありえなかった。しかし、同年8月27日、函館でのコンサートを目前にして竹田は急性心不全のために36歳で急逝。とてもコンサートができる状況ではなかったが、コンサートは中止せず、そのアンコールにて竹田が亡くなったことを発表し、デビュー曲「旅立ち」を会場の観客たちと一緒に歌う。(収録会場は相模原市民会館、ファンクラブ「千春を見守る会」の会員がエキストラで参加)。

出演(映画)[編集]

ほか

スタッフ(映画)[編集]

  • 原作:松山千春『足寄より』
  • 脚本:鴨義信
  • 企画:渡辺裕二
  • 音楽:松山千春
  • 主題歌:松山千春「我家」(日本コロムビア
  • エグゼクティブ・プロデューサー:小曽根太
  • プロデューサー:小林岳夫
  • 監督:今井和久

舞台[編集]

松山千春のデビュー35周年と文化通信社創立60周年を記念し、2012年7月30日 - 8月3日に、赤坂草月ホールで上演[1]。主演の松山千春役は「平成の松山千春を探せ!!」と題してプロアマ不問で一般公募され、応募総数823名の中から三浦祐太朗が選ばれた[2]

舞台はスクリーンに映し出される映像とステージ上での生の演技を組み合わせた構成となっている。

2013年には名古屋・大阪・札幌など全国7都市で上演された。前年の東京公演からキャストを変更し、脚本は松山と同じく北海道足寄郡足寄町出身で、北海道足寄高等学校の1年先輩にあたる尾西兼一、演出は本作が舞台初演出となる赤羽博が手がけた[3]

出演(舞台)[編集]

2012年東京公演
2013年全国公演
  • 松山千春 - 三浦祐太朗
  • 竹田健二(STVラジオプロデューサー) - 金子昇
  • 松山明(千春の父親) - 杉田二郎
  • 池口部長(STVラジオ制作部・竹田の上司) - 堀川りょう
  • 喜多見(IBC岩手放送ディレクター) - 長江健次[7]
  • 富山(RKB毎日放送ディレクター) - 逸見太郎
  • 松山江里子(千春の姉) - 宮本真希
  • 神山順子(STVラジオAD) - 吉永まり
  • 伊藤直子(千春の心の恋人) - 岩井七世
  • 谷原由孝(千春の幼なじみ) - 亀田大(ワカバ
  • 佐藤耕治(千春の幼なじみ) - 松井亮太(ワカバ)
  • 阿部澄夫(千春の幼なじみ) / イベント会社社長 / 客B - だいすけ[8]
  • 鈴木幸弘(千春の幼なじみ) / イベント会社部下 / 客A - 松下幸司[8]
  • ファンの娘 他 - しおり

スタッフ(舞台)[編集]

公演日程(舞台)[編集]

当初は2013年3月7日にパレット市民劇場での公演も予定されていたが、主催者側の都合により急遽中止となった。

脚注・出典[編集]

  1. ^ まんたんウェブ (2012年5月16日). “三浦祐太朗 :友和&百恵の長男が松山千春役に「全身全霊で演じる」”. 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ ORICON STYLE (2012年3月3日). ““平成の松山千春”に友和&百恵長男・三浦祐太朗 自叙伝舞台の千春役で俳優デビュー”. 2012年3月3日閲覧。
  3. ^ 映画.com (2013年1月17日). “三浦祐太朗、パワーアップした松山千春役「両親も見に来るといいな」”. 2012年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d 映画.com (2011年4月20日). “友和&百恵さん長男・三浦祐太朗、松山千春カバーでソロデビュー”. 2012年4月30日閲覧。
  5. ^ a b ORICON STYLE (2012年5月16日). “三浦祐太朗、母・百恵さん語る「包容力ある」”. 2012年5月16日閲覧。
  6. ^ 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック (2012年5月14日). “フォークの大御所・杉田二郎が松山千春のためにひと肌!? 舞台「旅立ち~足寄より~」で千春の父親役に!!”. 2012年5月16日閲覧。
  7. ^ 2012年東京公演では、別の役で映像出演している。
  8. ^ a b 2012年東京公演にも出演している。

外部リンク[編集]