マルゲリータ (ピッツァ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルゲリータ

マルゲリータは、イタリア料理ピザ(ピッツァ)の種類の1つで、ナポリピッツァの代表でもある。トマトソースの上に、具材としてモッツァレラチーズバジルの葉を載せたもの。イタリア語ではpizza Margheritaといい、そのままピッツァ(ピザ)・マルゲリータと呼ぶことも多い。

逸話[編集]

マルゲリータ王妃(1888年)

1889年6月11日ウンベルト1世とその王妃マルゲリータナポリを訪れた際、当時最高のピッツァ職人と目されたラファエレ・エスポジト英語版(Rafaele Esposito)とその妻ローザにピッツァを作らせた。2人が焼いたのは、3種類。ひとつは、バジルとラードを乗せたもの、ひとつはトマトのトッピング、そしてもう一つは、トマトソースにモッツァレラチーズ、バジルを乗せて焼いたものだった。トマトソースの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑とイタリアの国旗の色合いを王妃が大変に気に入ったことから、エスポジトは、このピザを「マルゲリータ」と名付けた[1][2]。エスポジトはこのことを自身のピッツェリア「ピエトロ・エ・バスタ・コジ」(Pietro e Basta Così)の宣伝に用いており、いまでもそのピッツェリア(ピッツェリア・ブランディ Pizzeria Brandiと改名している)には王室からの書簡が飾られている[3]

この逸話から、この時がマルゲリータの発明であり、その名はイタリア王妃マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァに由来すると信じられている。ただしマルゲリータの具材は、19世紀を通してナポリで一般的なものであり、少なくともエスポジトの発明品ではないと考えられる。Angelo Forgioneによれば、トマトソースの上にスライスしたモッツァレラを花びらの様に並べ、バジルの葉を添えれば、それはマルゲリータの名に値したと思われる[4]

脚注[編集]

  1. ^ ピザの歴史|ピザ協議会”. pizza association. 2020年7月11日閲覧。
  2. ^ ピザ マルゲリータ|レシピ S&B エスビー食品株式会社”. S&B FOODS INC.. 2020年7月11日閲覧。
  3. ^ Arthur Schwartz (1998). Naples at Table: Cooking in Campania. p. 68. ISBN 9780060182618 
  4. ^ Angelo Forgione (2013). Made in Naples. Magenes. pp. 194-195. ISBN 978-88-6649-039-5 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マルゲリータ (ピッツァ)に関するカテゴリがあります。