水野裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずの ゆうこ
水野 裕子
プロフィール
愛称 裕ちゃん
生年月日 1982年3月8日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 O型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 88 - 68 - 88 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 1998年
他の活動 タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

水野 裕子(みずの ゆうこ、1982年3月8日 - )は、日本の女性タレント女優スポーツキャスター愛知県出身。

略歴・人物[編集]

エピソード[編集]

  • 母親が19歳のときに誕生。4人姉弟の長女で、弟2人と妹がいる。上の弟と妹は既婚で、子持ちである。
  • 趣味は釣りとスノーボード。釣りは父親の影響で幼少の頃から親しんでいて、かなりの腕前である。他にも鉄道好きを公言。
  • ゲーム好きであり、特に『ゼルダの伝説』は初代から最新作までプレイ。ゼルダをプレイするがために新たにハードを買い揃えるほど。また、『Fate/Grand Order』や『バンドリ』『シノアリス』等スマホゲームも数多くプレイする。
  • 大の漫画・アニメファンでもある。『Re:ゼロから始める異世界生活』は「小説家になろう」の連載時から読んでおり、単行本やアニメDVDを全巻揃えている。他に『響け! ユーフォニアム』や『おそ松さん』等多数の作品のファン。
  • 特技はバスケットボール寿司の握り。
  • 大型自動二輪車免許・2級小型船舶操縦士免許(5トン限定)・第一種普通自動車免許所持。
  • 身体は細いが身体能力は高く、スポーツを全般的にこなす「アスリート系美女」と称される。筋肉をつけるトレーニングも行っている。
  • 父親が関連の仕事についていることもあって新幹線に造詣が深い[3]。特に、300系のぞみ号にこだわりがあるという[4]
  • 中日ドラゴンズのファンであり、2006年10月10日に東京ドームで行われた中日の優勝が決定した試合は実際に東京ドームで観戦した。2007年の春季キャンプで谷繁元信捕手から、始球式で85km/h以上が出せたら選手しかもっていないものをプレゼントしてくれるという約束を交わした。不定期で出演する『サンデードラゴンズ』で、この約束を実現するための様々な挑戦が行われている。同年9月5日に始球式を行う。ストライクを投げるものの、球速は75km/hだった。2008年の春季キャンプでリベンジをすることになった[5][6]
  • お笑い芸人スギちゃんとは同じ小中学校で、互いの実家が歩いて5分位の距離にある。中京テレビ4U』2013年11月8日放送では、この2人で“1日名誉司会”を務めた[7]
  • タレントの加藤沙耶香は高校の後輩である。2007年8月5日放送の『クロノス』で初共演を果たし、10月17日放送の『クイズ!ヘキサゴンII』で2度目の共演を果たした。
  • 信条は「食べる事も体を動かす事も大好きな私は美味しく食事をして元気に健康に楽しく生きていられたらこんなに幸せな事はない!」
  • 北京オリンピックで選手への共同会見の際に会見でのルールを知らず、勝手に質問をして他の取材陣に怒鳴られてしまった事がある。
  • 男勝りなキャラクターで知られるが、共演者からは非常に女性らしい女性だと言われることも多い。『解決!ナイナイアンサー』では結婚できないことへの悩みを打ち明けている[8]

KUNOICHIで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第2回大会 81 FINAL 天空道 1st・2nd最速タイム
第3回大会 100 FINAL 天空棒 1st最速タイム
第4回大会 100 1st 舞踊石
第5回大会 91 3rd 倒連板
第6回大会 97 1st 不安道
第7回大会 98 1st 八艘跳
第9回大会 50 Red フィッシュボーン
第10回大会 21 Red ダブルペンダラム
  • ※第8回大会までは出場者100人。第9回大会以降は出場者50人。

通算成績[編集]

出場数 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 最優秀成績
8回 3回 3回 2回 2回
  • 2017年 第10回大会終了時

作品[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

広告[編集]

書籍[編集]

  • ストレッチバイブル(2005年11月、ベースボール・マガジン社 B.B.MOOK 261)
  • ストレッチバイブル2(2006年9月、ベースボール・マガジン社 B.B.MOOK 308)
  • ストレッチバイブル アスリート編(2006年12月、ベースボール・マガジン社)※上記ムックを書籍化したもの
  • ストレッチバイブル レベルアップ編(2007年5月、ベースボール・マガジン社)※上記ムックを書籍化したもの
  • 股関節ウォーキングでメタボリックシンドローム解消!(2006年12月、学習研究社 Gakken Mook)

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sony Music Artists
  2. ^ 「怪魚ハンターが行く!」のロケでインドネシアに行っていた期間を除く。レギュラー番組「NBAマガジン」は東京へ行って収録していた。
  3. ^ “豊岡真澄引退で次の鉄道系アイドル候補に水野裕子”. アメーバニュース. (2008年3月4日). オリジナル2008年3月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080305110557/http://news.ameba.jp/domestic/2008/03/11624.html 
  4. ^ 鉄道写真物語 〜1枚にかける旅〜”. ぎふチャンオフィシャルサイト. 2014年6月19日閲覧。
  5. ^ [各界著名人が野球愛を語り尽くす! 第14回 水野裕子インタビュー スポーツを身体で知る彼女が語る、ドラゴンズ愛と野球熱(1/4)]”. OCNスポーツ. 2010年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  6. ^ [各界著名人が野球愛を語り尽くす! 第14回 水野裕子インタビュー スポーツを身体で知る彼女が語る、ドラゴンズ愛と野球熱(2/4)]”. OCNスポーツ. 2010年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  7. ^ 過去の1日名誉司会(2013年11月8日)”. 中京テレビ『4U』公式サイト. 2014年6月19日閲覧。
  8. ^ 2013年1月15日放送『解決!ナイナイアンサー』”. TVでた蔵 (2013年1月15日). 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  9. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 〜犬を飲み込む魚!?オーストラリアに追う」]”. NHK ONLINE. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月16日閲覧。
  10. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 北米大陸 3メートルの巨大魚を追う」]”. NHK ONLINE. 2015年11月16日閲覧。
  11. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く!~アジア“巨大魚ベルト地帯”の旅~」]”. NHK ONLINE. 2017年2月19日閲覧。
  12. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 「アボリジニの“神の魚”バラマンディ~オーストラリア~」]”. NHK ONLINE. 2017年3月11日閲覧。
  13. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 怪魚の皇帝 ホワイトスタージョン~カナダ~」]”. NHK ONLINE. 2017年2月17日閲覧。
  14. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! ワニそっくり!? アリゲーターガー~アメリカ~」]”. NHK ONLINE. 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! ガンジス河の悪魔 グーンシュ~ネパール~」]”. NHK ONLINE. 2017年2月17日閲覧。
  16. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 南米・怪魚の楽園に挑む!」]”. NHK ONLINE. 2017年2月12日閲覧。
  17. ^ [もっとNHKドキュメンタリーザ・プレミアム「怪魚ハンターが行く! 赤道直下の密林に怪魚を追う」]”. NHK ONLINE. 2017年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]