仲宗根梨乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
RINO NAKASONE
Rino Nakasone.jpg
ロサンゼルスのダンス教室で『MR.TAXI』の振付けを指導する仲宗根
基本情報
出生名 仲宗根 梨乃(なかそね りの)
別名 リノ・ナカソネ
MUSIC
生誕 (1979-06-11) 1979年6月11日(39歳)[1]
出身地 日本の旗 日本沖縄県那覇市[1]
職業 ダンサー振付師女優
事務所 Sony Music Artists (日本)
Go2Talents (USA)
共同作業者 SMタウンSHINeeビート・フリークス 英語版America's Best Dance Crewf(x)少女時代
公式サイト http://rinonakasone.com/

仲宗根 梨乃(なかそね りの、1979年6月11日 - )[1]は、日本ダンサー振付師である。現在はアメリカ合衆国ロサンゼルスを拠点に活動[2]しており、血液型はA型[3]である。

アメリカ合衆国のダンス競技番組『America's Best Dance Crew』シーズン3にビート・フリークス 英語版の一員として出演し、2004年グウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」に“MUSIC”の役名で参加しており、マイケル・ヒューストンメアリー・J・ブライジブリトニー・スピアーズミッシー・エリオットクリス・ブラウンジャネット・ジャクソンジャスティン・ビーバーらのライブやミュージックビデオにダンサーとして出演している。

2008年韓国の男性グループSHINeeのデビューシングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」で振付師を務めて以降、SHINeeを中心に韓国人歌手の振付を多く手がけている。アイドルグループSUPER MONKEY'Sに在籍した仲宗根梨乃は同姓同名だが別人物である。

経歴[編集]

1979年沖縄県那覇市で生まれ、幼い頃からマイケル・ジャクソンジャネット・ジャクソンを好んで将来エンターテイナーになる事を夢見る。小学5年の時にマイケル出演の映画『ムーンウォーカー』を見て進路を決意している。アメリカのエンターテインメント界を目指して沖縄県立那覇商業高等学校を卒業後に19歳で渡米し、大学で学びながらダンスを修練[2][4]している。

2004年ビザの有効期限が迫る中、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格して思案している折、ジャネットの尽力で新しいビザが発給されて無事にダンサーを務めて以降、様々な仕事[5]を依頼されている。同年にグウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」に“MUSIC”の芸名で参加してミュージックビデオ数作に出演し、ライブツアー「Harajuku Lovers Tour 2005」のバック・ダンサーとして同行している。

2009年アメリカ合衆国のダンス競技番組『America's Best Dance Crew』シーズン3に女性ダンスグループビート・フリークスの一員として出演して準優勝している。2010年にプッシーキャット・ドールズへ一時的に加入[6]している。

2017年「SHINee WORLD 2017~FIVE」で総合演出を担当[7]

振付師[編集]

2008年5月韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」を振付して以来、K-POPアーティストの振付を多く担当[8]している。

2009年少女時代のシングル「GENIE」を振付し、彼女らの長い脚を生かした“美脚ダンス”[4][9]が話題になる。

2011年にブリトニー・スピアーズのツアー「Femme Fatale Tour」で、「トキシック」の振付を担当[10]している。

2013年に台湾を初めに中国人居住地で絶大な人気を誇るショウ・ルオの2013年ワールドツアー「舞極限」を振付している。

スタイル[編集]

影響を受けたダンサーとしてマイケル・ジャクソンアンソニー・トーマスティナ・ランドンマイケル・ピータースの名前を挙げている[2]

私生活[編集]

2007年7月6日に開業医を父に持つフィリピン系2世のリー・ラザランと結婚[11]して2012年5月に離婚[12]している。

主な振付[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • お姉さんは本当にきれい(Replay)(2008年) - 初の振付作[13]
  • Love like oxygen(2008年)
  • JULIETTIE(2009年)
  • LUCIFER(2010年 with Shim Jaewon、振付補佐[8]
  • Hello(2010年)
  • Seesaw(2012年)
  • Your Number(2015年)
  • 君のせいで(2016年)
  • Chu(2009年、with Hwang Sang-hoon)
  • NU ABO(2010年、with Maryss from Paris)
  • Gangsta Boy
  • Hot Summer(2011年、with Maryss from Paris)
  • Jet (with Shim Jaewo)
  • No Other(2010年、with Shim Jaewo)
  • Superman(2011年)
  • デリシャスな金曜日(2012年)
  • WINNER(2013年)
  • きっと(2015年)
  • Rookie(2017年)

ツアー演出/振付[編集]

  • 少女時代 GIRLS' GENERATION 4th Tour -Phantasia- (2015年、2016年)
  • SHINee SHINee WORLD 2017~FIVE~(2017年)
  • TAEMIN THE 1st STAGE 日本武道館(2017年)

映画[編集]

  • Go For It (2010) 監督: カーメン・マロン

TV&コマーシャル[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

TV&コマーシャル[編集]

ミュージックビデオ[編集]

               “ホラバック・ガール” 、“リッチ・ガール”、“ワット・ユー・ウェイティング・フォー?”

ツアー[編集]

ステージ[編集]

  • グルーバルーズ(Groovaloos)
  • ナイキ・インダストリアルショー(Nike Industrial)

舞台[編集]

  • ミュージカル『ウィズ』(2015年) - 黄色い道の案内人 役(同公演の振付も担当)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i BIOGRAPHY” (日本語). RINO NAKASONE official website. 2011年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c 仲宗根梨乃 (2011年6月28日). 仲宗根梨乃 “美脚ダンス”を生んだ琉球の舞姫. インタビュアー:Yuki Tanno. JSDA.. 東京都. http://ameblo.jp/jsda/entry-10931997768.html 2011年8月24日閲覧。 
  3. ^ アメーバブログ. “プロフィール”. 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ a b 與那覇里子 (2011年1月12日). “「少女時代」踊り沖縄DNA 県出身・仲宗根さん、振り付け” (日本語). 沖縄タイムス. 沖縄県. http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-01-12_13567/ 2011年8月24日閲覧。 
  5. ^ 仲宗根梨乃 (2011年2月2日). 開くドアがあればチャレンジ―― 日本人・ダンサー仲宗根梨乃氏インタビュー(2). インタビュアー:石井宏美. nikkansports.com.. 東京都. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/ishii/archives/16800.html 2011年8月24日閲覧。 
  6. ^ “The Pussycat Dolls - From Wikipedia, the free encyclopedia”. (2012年7月25日). http://en.wikipedia.org/wiki/The_Pussycat_Dolls 
  7. ^ 【特集】累計168万人動員“SHINee WORLD”の魅力を改めて検証―仲宗根梨乃ら関係者が語る“すべての人を虜にする”5人の素顔/ライブ名場面も厳選”. モデルプラス. 2018年4月24日閲覧。
  8. ^ a b 仲宗根梨乃 (2011年2月1日). K-POPの振付師として話題の仲宗根梨乃「夢を叶えてくれる場所へ」. (インタビュー). WoW!Korea.. http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0201/10079779.html 2011年8月24日閲覧。 
  9. ^ 仲宗根梨乃 (2011年1月26日). 開くドアがあればチャレンジ―― 日本人・ダンサー仲宗根梨乃氏インタビュー(1). インタビュアー:石井宏美. nikkansports.com.. 東京都. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/ishii/archives/16799.html 2011年8月24日閲覧。 
  10. ^ http://www.youtube.com/watch?v=_oFs8pjYWRg&feature=player_detailpage#t=92s
  11. ^ “【ロサンゼルス】ダンサー仲宗根さん 米国で夢を実現” (日本語). 琉球新報. 沖縄県: 琉球新報社. (2007年7月29日). http://ryukyushimpo.jp/variety/storyid-25859-storytopic-18.html 2011年8月24日閲覧。 
  12. ^ “New chapter of my life - Welcome to RinOkinawa's World(本人ブログ)”. アメーバブログ. http://ameblo.jp/rino-nakasone/entry-11243045338.html 2012年7月25日閲覧。 
  13. ^ “少女時代“美脚ダンス”の振付師・仲宗根梨乃が緊急帰国!” (日本語). WoW!Korea. (2011年1月5日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0105/10078746.html 2011年8月24日閲覧。 

外部リンク[編集]