ホンダ・ディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディオDio)とは、本田技研工業が製造販売するスクータータイプのオートバイである。

モデル別解説[編集]

※本項では排気量50㏄クラス(原動機付自転車)のDioならびにならびに排気量110㏄クラスのDio110それぞれについて解説を行う。

Dio[編集]

1988年1月の発売以来、シリーズ車種として多数の派生モデルが登場し、2007年10月発売の50cc現行モデルは第6世代にあたる。

初代-3代目モデルには空冷2ストロークエンジンが採用され、4世代目では水冷4ストロークエンジンへと変更された。2003年から廉価版という位置づけで、同じく廉価スクーターであったトゥディ同様に中国の新大洲本田で生産し、空冷エンジンを採用した5代目モデルも誕生し、一時期は4代目と併売された。また、AF18/AF27は韓国の二輪メーカーデーリムモーターにおいても生産された。

ホンダ・スマートディオ (AF56)

2ストロークエンジンを搭載するモデルは正式車名として「SK50」という名称が存在する。各モデルの愛称を含めた名称、および型式番号は以下の通りである。

車名/愛称 形式番号
初代 ディオ SK50(A-AF18/A-AF25)
2代目 スーパーディオ SK50(A-AF27/A-AF28)
3代目 ライブディオ SK50(A-AF34/A-AF35)
4代目 スマートディオ BA-AF56/BA-AF57/BA-AF63
5代目 ディオ BA-AF62
6代目 ディオ JBH-AF68

3代目からは派生車種として、前カゴを装備しライトとウインカーをフロント下部に装着したDio Cestaディオ チェスタ)も発売され、6代目まで継続モデルとなった。1997年には2代目ベースの派生車種であるDio Fitディオフィット)も発売された。

初代-3代目にはディスクブレーキを装備したSR、2代目-3代目にはディスクブレーキに加えリアスポイラーが装備され馬力がアップされたZX、同様に4代目ではZ4というスポーツグレードがラインナップされた。なお、同社製スクーターの電子式燃料噴射装置(PGM-FI)搭載は、スマートディオZ4が初となる。

2代目にはSR・ZXの他にオフロードモデル「XR BAJA」をイメージとしたDio XR BAJAディオXRバハ)もラインナップされた。ブロックパターンタイヤやフロントディスクブレーキ、デュアルヘッドライトにハンドルガードなどを装備する。XR BAJA発売時にはSR及びZXは3代目に移行された。

3代目モデルのライブディオZXは盗難被害が多い[要出典]4ストロークエンジンモデルが主流になった現在は中古車の相場が高くなった[要検証 ]

6代目はディオ・チェスタとともに2007年10月30日にモデルチェンジされた。車体デザインは5代目とほぼ同様であるが、ベースとなったトゥディ (JBH-AF67) と同じく、PGM-FI搭載ならびに触媒内蔵マフラーにより自動車排出ガス規制に対応させた。

50ccモデルのディオ、ディオチェスタ双方の日本仕様は2016年に生産終了が公表された。

Dio110[編集]

JF31(初代)[編集]

ディオ110
(JF31)
Honda dio110.jpg
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JF31
エンジン JF31E型 107cm3 
空冷4ストロークOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 50.0mm x 55.0mm / 9.5:1
最高出力 6.2kW 8.4ps/8,250rpm
最大トルク 8.7Nm 0.89kgm/6,500rpm
車両重量 103kg
テンプレートを表示

2011年に本田技研工業よりグローバル向けモデルとして、ニュー・スタンダート・コミニュター(New Standard Commuter)から命名されたNSC110[1]が発表された。この車両の日本向け仕様として、中国の五羊本田が現地モデルの优客110BREEZE)と共に製造することになり、同年6月28日にDio110として翌7月18日に発売すすることが発売された[2]

PGM-FI仕様の空冷4ストローク単気筒107ccエンジンに、14インチ大径ホイールを装備したフラットステップ車体構成となっており[3]、2011年10月9日に2011年度グッドデザイン賞を受賞した[4]

JF58(2代目)[編集]

ディオ110
(JF58)
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JF58
エンジン JF58E型 108cm3 4ストローク
空冷SOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 50.0mm x 55.1mm / 9.5:1
最高出力 6.6kW 9.0PS/7,500rpm
最大トルク 9.3Nm 0.95kgf・m/5,500rpm
車両重量 100kg
2017年 2BJ-JF58型
燃費 (WMTC)54.0km/L
本体価格 214,000円(税抜)
テンプレートを表示

2015年1月に当初は詳細な発売日は同年春頃として型式名EBL-JF58へモデルチェンジされることが発表された[5]が、同年2月27日に翌3月6日から発売することが正式に発売された[6]

本モデルからホンダベトナムで製造販売されている Vision を、日本仕様のDioとして生産することになり、車体デザインは全体的に踏襲されたもののフレームは軽量化されている。エンジンはACGスタータによるアイドリングストップシステムを装備した空冷108ccの新型「eSPエンジン」を搭載し、前モデルよりも低回転でピークに達するようセッティングが適正化され、燃費も向上している[7]

2017年4月7日には、同月14日発売で平成28年自動車排出ガス規制に対応させた型式名2BL-JF58へのマイナーチェンジチェンジを発表[8]。さらに車体色・価格が変更された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]