ホンダ・QR50

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

QR50(キューアールごじゅう)は、かつて本田技研工業が製造していたオートバイである。

車両解説[編集]

子供の教育用のオフロードモデルとしてモトクロッサーを意識しスクーター系のドライブトレーンをベースに製造された。

エンジンは単気筒空冷2ストロークを採用、内径x行程=40.0x39.3(mm)・圧縮比7.2・最高出力2.7ps/6,000rpmのスペックも持つ。 ロードパル・ハミング系の遠心クラッチ式チェーン駆動のトランスミッションを組み合わせる。よってクラッチ操作は無い。 また、安全性を考えてあり、スロットル/出力制御機構、飛び出し防止機構も備える。

2.50-10インチ(原付スクーター)のホイールにオフロード用のパターンタイヤを装着しており、フレーム形式はダブルクレードル。サスペンションは本格的なトレール長を持つテレスコピック式フロントフォークにリアはモノショック式サスペンションを搭載している。 乾燥重量は35kg(モトコンポは42kg)と非常に軽量で、自動車などへの搭載を前提にした構造である。

遍歴[編集]

1982年に製造開始。

1990年1月20日にはカラーリングをレッドに一新して発売された。1993年11月4日にはカラーリングを鮮やかなQRのロゴを配したフューエルタンクとフレーム、ホイールなどをホワイトにして発売した。