ホンダ・CBR250FOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CBR > ホンダ・CBR250FOUR
CBR250FOUR

CBR250FOUR(シービーアールにひゃくごじゅうふぉあ)は、かつて本田技研工業が製造販売したオートバイである。

概要[編集]

CBRシリーズの250ccモデルとして1986年4月25日発売。型式名MC14。

1980年代のバイクブーム最盛期には250ccクラスでも4ストローク直列4気筒モデルの要求が高まり、スズキ1983年水冷2バルブDOHC直列4気筒エンジンを搭載したGS250FWを、続いて1985年ヤマハが4バルブとしたFZ250フェーザーを投入した。

一方ホンダは、同クラスにV型2気筒VT単気筒CBX250RSを投入していたが、瞬く間にブームとなった「クォーターマルチ」に対応するため投入されたのが本車である。

車両解説[編集]

スーパースポーツとして開発されたことから以下の装備を持つ。

しかし最大の特徴は新たに開発されたMC14E型水冷4バルブDOHC直列4気筒エンジンである。

  • 水冷4バルブDOHC4気筒エンジン自体は既にヤマハFZ250フェーザーでも採用されていたが、高回転時の安定性と耐久性の見地からカムシャフトギア駆動する「カムギアトレーン」を採用。さらにクロームモリブデン浸炭コンロッドや往復運動部品の軽量化を徹底追求。また新型4連キャブレターから燃焼室までの吸気経路をほぼ一直線とした設計や大径弁の採用もあり、クラス最高の性能となる最高出力45ps/14,500rpm・最大トルク2.5kg-m/10,500rpmをマークする超高回転ユニットである。

本エンジンは、その後CBR250RCBR250RRにも搭載。さらにジェイドホーネット2006年まで製造された。

遍歴[編集]

  • 1986年4月25日発売
標準現金価格\549,000 販売目標28,000台/年
  • 同年7月11日特別仕様車(スペシャルエディション)を2,000台限定で追加発売
以下の仕様変更を実施
  • アンダーカウルを標準装備
  • アルミ風サチライトカバードマフラーを採用
  • 特別車体色「キャンディアリューシャンブルー」
  • 車体側面に「スペシャルエディション」デカールを貼付
  • 標準現金価格\559,000

しかし、続いて訪れた「レーサーレプリカ」ブームにレーサーが存在しない4ストローク250クラスでも要求が殺到し、1987年に発展的モデルチェンジとなるCBR250R(MC17型)を発表。暫くは併売されたが、同年中に生産移行された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]