スズキ・GSX400F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GSX400FSインパルス
(シート、テールカウル、リアショック、マフラーは社外品を装着)

GSX400F は、スズキが製造販売していたネイキッドタイプのオートバイのシリーズ車種。

概要[編集]

GSX400シリーズにおいて、GSX400Eシリーズに続いて登場したのが1981年発売のGSX400Fシリーズである。 モデルネーム末尾の「F」は4気筒エンジン搭載車であることを示す記号となる。 両者は先代車種と後継車種との関係ではなく、同クラスの別モデルとして平行してラインナップされた。

スズキ初の400cc4気筒モデルとして登場しGSX400Fには、翌1982年にツートーンの車体色とフロントフォーク周りを強化したGSX400FIIが登場。 さらに同1982年に、FIIをベースとした特別仕様車GSX400FSインパルスが登場。

GSX400FSインパルスは、ヨシムラと共同開発の「サイクロンマフラー」を装備する点が最大の特徴であり、FIIより3馬力上昇させた48PSを発揮するとともに、車重は4kg軽減させた171kgとなった。通称ヨシムラカラーと呼ばれる黒×赤のグラフィックと、シングルシート風の新型シート、黒色塗装仕上げとなったエンジンとマフラー、塗装色を黒色から金色に変更した切削リムホイールなど、スペシャリティに溢れるパッケージングで人気を博した。

なお、インパルスのサブネームは、後にブランド名としてシリーズ化された。初代GSX400FSインパルス以降[1]、2代目にあたるGSX400Xインパルス(ネイキッド・タイプ)およびGSX400XSインパルス(ハーフカウル・タイプ)[1]、3代目にあたるGK79A型のGSX400インパルスおよびGSX400インパルスTypeS(ビキニカウル装備タイプ)、4代目にあたるGK7CA型のGSX400インパルスおよび名称変更を受けたインパルス400と[2]、四半世紀にわたりインパルス歴代シリーズを形成した。

GSX400Fシリーズは、水冷化された新型エンジンを搭載するGSX400FWが1983年に登場したことにより、GSX400Eシリーズともども販売を終了した。

モデル一覧[編集]

  • GSX400F(GK40XF)
  • GSX400FII(GK40XF)
  • GSX400FSインパルス(GK72A)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 外部リンク「ウェビック - スズキ GSX400の総合情報」参照。
  2. ^ ウェビック - スズキ IMPULSE400[インパルス]の総合情報

外部リンク[編集]