スズキ・ストリートマジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ストリートマジック(STREETMAGIC)は、スズキが製造していたオートバイ排気量が50ccの「ストリートマジック50」と、110ccの「ストリートマジック110」が販売されていた。

スズキ・ストリートマジック
基本情報
車体型式

CA1LA(TR50V) A-CA1LB(TR50SV/TR50SDV)

BB-CA1LB(TR50SDY/K3/K5)
エンジン 2ストローク
空冷・直結強制空冷単気筒エンジン
      詳細情報
製造国
製造期間
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム
全長x全幅x全高
ホイールベース
最低地上高 <!-(50,50S,50Ⅱの順で)120,115,120--->mm
シート高
燃料供給装置
始動方式 キック・セルフ併用式
潤滑方式
駆動方式
変速機 Vベルト式無段変速機
サスペンション テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式シングルディスク
機械式リーディングトレーリング
タイヤサイズ 110/70-12,120/70-12,120/80-12(50,50S,50Ⅱの順)
120/80-12,130/70-12,120/80-12(同上)
最高速度
乗車定員
燃料タンク容量
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

概要[編集]

ストリートマジックは、スクーターが持つ手軽さ、ロードスポーツ車の性能、力強く軽快なスタイルを追及。ツインチューブフレームの車体にオートマチックトランスミッション、ロードスポーツ車風の外観、跨ぐタイプの乗車姿勢など他に類を見ないスクーターであった。エンジンは空冷2ストローク単気筒エンジンで、50cc版は原動機付自転車の出力規制値の7.2馬力を発生する。12インチのホイール、倒立フロントフォークも特徴的である。

歴史[編集]

ストリートマジック50/50S/50Ⅱ[編集]

  • 1997年2月:ストリートマジック50(TR50V)とストリートマジック50S(TR50SV)の2モデルが同時発売。ストリートマジック50Sは、ストリートマジック50をベースに、エンケイ製アルミダイキャストホイール、ステアリングステム、オイルダンパ内臓式フロントフォーク、リザーバタンク付きリアショックを装備し、運動性能の向上を図っている。その他にもオイルポンプ、CDIユニット、サイレンサーが変更されている。
  • 1997年6月:「RV発想」のストリートマジック50Ⅱ(TR50SDV)が追加発売。ストリートマジック50Sとの主な相違点として、
  • ヘッドライトが角形から丸型に変更、ヘッドライトガード、メータバイザが装備された。
  • フロントフォーク、リアショックの取り付け部の変更。
  • アップハンドルバーの採用。
  • フロントフェンダーの取り付け位置及び形状が変更され、ブレーキディスクカバーが装備された。
  • フレームの板厚の変更、補強プレートの追加によるフレーム剛性の向上。
  • ヘルメットホルダ、リアキャリアが装備された。
  • フットレストブラケットがアルミダイキャスト製から剛性の高い鉄製へと変更。
  • タイヤサイズ、タイヤパターンの変更。

が挙げられる。

  • 2000年7月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDY)が発売。このモデルでは、排気ガス規制に対応させるため、1stマフラーに触媒の追加、キャブレターのセッティングの変更が行われた。その他にも、クラッチアウターカバー、オイルポンプ、シートなどの細部の変更が行われた。
  • 2003年4月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDK3)が発売。従来のオフロードイメージのカラーリングからストリートイメージの高いボディカラーとデカールに変更された。また,フレーム、フロント・リアフェンダー、ヘッドライトガード、リアキャリアが黒色塗装に変更された。
  • 2005年3月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDK5)が発売。エンブレムの変更、フロントブレーキキャリパカバーが金色から黒色への変更が行われた。
  • 2006年11月:生産終了。

ストリートマジック110Ⅱ/110[編集]

  • 1998年6月:ストリートマジック110Ⅱ(TR110SDW)が発売。ストリートマジック50Ⅱの車体を流用し、エンジンハンガーを延長することでホイールベースの拡張、直進安定性の向上を図っている。エンジンはスズキ・アドレス110に搭載されていた2ストローク単気筒・113cceエンジンを搭載している。
  • 1998年8月:ストリートマジック110(TR110SW)が発売。50cc版はストリートマジック50Sが発売された後にストリートマジック50Ⅱが発売されたのに対し、110cc版はそれが逆転している。

車名の由来[編集]

「ストリート」で走り回る「イエローマジック」の意(イエローマジックとはスズキのモトクロッサーのキャッチコピー) 。ストリートで機敏に動きまわる新しいタイプの乗り物、という意味で命名された。