スズキ・Vストローム1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Vストローム1000V-Strom1000 ブイストローム1000)は、スズキが製造しているデュアルパーパスタイプのオートバイ大型自動二輪車)である。

V-Stromの名前の由来はV型2気筒とドイツ語で風の流れを意味するStrom(シュトロム)からきている。

概要[編集]

スズキ・Vストローム1000ABS
V-strom1000abs.JPG
V-Strom1000 ABS(2014年)
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
車体型式 EBL-VU51A
エンジン U501型 1036cm3 
内径x行程 / 圧縮比 100.0mm x 66.0mm / 11.3:1
最高出力 74kW 100ps/8,000rpm
最大トルク 103N・m 10.5kgf・m/4,000rpm
車両重量 228kg
テンプレートを表示

2001年のパリショーにて発表された[1]。2002年から2009年にかけてDL1000の名称で欧州で販売された[2]。エンジンはTL1000のものを採用し、燃料噴射装置はGSX-Rのものを採用している。996ccの排気量と水冷V型2気筒、燃料噴射装置である。2007年にマイナーチェンジを行い、クリアターンシグナルレンズとスイングアームピボットカバーを変更している。2013年には大幅な変更を行い、排気量を1037ccに上げ、ABSを装備。スズキ初となるトラクションコントロールを搭載した。

2014年6月4日より日本国内向け仕様も発売[3]されており、スペックは欧州仕様とほぼ同一になっている[4]

Vストローム1000 ABS
(Vストローム1000XT ABS)
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
車体型式 2BL-VU51A
エンジン U501型 1036cm3 4サイクル
水冷V型2気筒DOHC4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 100mm x 66mm / 11.3:1
最高出力 73kW 99PS/8,000rpm
最大トルク 100Nm 10.2kgf・m/4,000rpm
車両重量 232(XT-233)kg
テンプレートを表示

2017年6月26日に日本国内仕様がモデルチェンジされる[5]。エンジンは平成28年環境規制に適合させ650同様に「ローRPMアシスト」を搭載する。車体にはIMUを搭載しABSと連携させ車体の安定を図るシステムを追加した。

また650で先行導入されたワイヤースポークホイールの仕様が1000にも追加され、V-Strom1000XT ABSとして発売される。

脚注[編集]

  1. ^ パリショーでのスズキ二輪車出展モデルについて” (日本語). スズキ広報(2001年9月27日). 2016年1月20日閲覧。
  2. ^ “DL1000 V-Strom” (英語). モーターサイクルニュース. http://www.motorcyclenews.com/MCN/News/newsresults/user/2009/March/DL1000-V-Strom-discontinued/ 2016年1月20日閲覧。 
  3. ^ スズキ、ツーリングを快適に楽しめる大型二輪車 「V-Strom1000 ABS」を新発売 - スズキ・2014年5月14日
  4. ^ スズキのフラグシップ“アドベンチャー・ツアラー”V-Strom1000 ABSの国内仕様を発売 - WEB Mr.BIKE
  5. ^ スズキ、スポーツアドベンチャーツアラーのV-Strom(ブイストローム)シリーズを全面改良して発売 - スズキ・2017年5月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]