スズキ・GSX400E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

GSX400E は、スズキが製造販売していたネイキッドタイプのオートバイの車種。

概要[編集]

GSX400シリーズは、GS400シリーズの後継として登場した。 空冷並列2気筒エンジンを搭載する点は共通ながら、バルブ数が2バルブから4バルブへと進化している。 なお、スズキの車種の命名には法則があり、「GS」は4サイクルスーパースポーツ車の称号、「X」は4バルブを示す記号となっている。

GSX400シリーズ最初に登場したモデルは1980年発売のGSX400Eであり、同モデルはGS400シリーズの最終型GS400E-2の代替機種に当たる。

GSX400Eは1981年にマイナーチェンジを受け、フロントブレーキのダブルディスク化、扁平タイヤの採用などが行われた。

1982年には、GSX400Eカタナと名称変更を受け、エンジンやフレームなどの車体構成はそのままに、外装を一新。 上位機種のGSX650Gに通じる外観となるとともに、「カタナ」のサブネームが与えられ、カタナシリーズの一角を担った[1]。 ほぼ同様のリニューアルは、250ccクラスのGSX250Eと1100ccクラスのGSX1100Eでも同年に行われ、ほぼ共通するデザインにマイナーチェンジを受けるとともに、それぞれカタナの名称が追加された。

さらに1983年には、ビキニカウルを装備した派生モデルが登場。GSX400Eシリーズとしてはこのモデルイヤーが最終となった。

なお、同時期におけるスズキの400ccクラスのスポーツモデルとしては、4気筒エンジン搭載のGSX400Fが並行してラインナップされていた。

モデル一覧[編集]

  • 1980年:GSX400E(GS40X型):車種名「GSX400E」
  • 1981年:GSX400E-2(GS40X型):車種名「GSX400E」
  • 1982年:GSX400E-3(GK51C型):車種名「GSX400Eカタナ」
  • 1983年:GSX400E-4(GK51C型):車種名「GSX400Eカタナ」
    • 1983年:GSX400ES-4(GK51C型):車種名「GSX400Eカタナ」ビキニカウル装備タイプ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外部リンク「ウェビック - スズキ GSX400S KATANA[カタナ]の総合情報」参照。

外部リンク[編集]