カワサキ・バリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワサキ・バリオス
BALIUS
Balius2.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
車体形式 ZR250
エンジン ZX250CE型 249cc 
内径x行程 / 圧縮比 (B5~B7F)49.0mm x 33.1mm / 12.2:1
最高出力 45ps/15000rpm(A1,A2)
40ps/15000rpm(A3~B4)
39.5ps/14000rpm(B5~B7F)
最大トルク 2.6kg-m/11500rpm(A1,A2)
2.4kg-m/10000rpm(A3~B4)
2.1kg-m/13000rpm(B5~B7F)
テンプレートを表示

カワサキ・バリオス(BALIUS)とは、かつて川崎重工業が製造販売していた総排気量250ccのオートバイである。

解説[編集]

1991年4月、クオーター(250cc)ネイキッドスポーツモデルとして登場。同社のレーサーレプリカ「ZXR250」と共通の水冷エンジンを中低速重視にリセッティングし搭載。最高回転数は19000rpm(I型,II型前期(A1-A6,B1-B2)、II型後期(B4-B7F)からは17000rpm)で非常に甲高い排気音が特徴。

250ccの排気量とは裏腹に高回転域からの力強い加速性能を持ち、15000rpmで最高出力45psを発揮する(1993年のA3からは新馬力規制により40psへ変更)。現代の同クラスのオートバイよりも、走りを重視したハードな乗り味だが、ネイキッドで軽量な車体と高いハンドルポジション、シートも低いため初心者にも扱いやすい。街乗りやツーリングなどにも適したオートバイである。 足回りにはモノショック式リアサスペンションと大径ディスクブレーキを採用。マイナーチェンジによりハザードランプスイッチ、燃料計等を搭載した。

年毎にカラーリング変更などを行いながら販売を継続され、1997年4月、2本ショック式リアサスペンションを採用したバリオスII へフルモデルチェンジ。スロットルポジションセンサー付きのキャブレターを新たに採用し、エンジンレスポンスを向上させた。

なお同車は2002年2月より2005年まで、同じオートバイメーカーのスズキOEM供給され、250ccネイキッドバンディット250の後継モデルとして、GSX250FXの名称で販売されていた。

長い間人気のあるモデルであったが、自動車排出ガス規制の強化により2007年8月末をもって生産終了となった。

車名の由来[編集]

燃料タンクの跳ね馬エンブレム

Baliusとは、ギリシア神話に登場する不老不死の神馬の名前。燃料タンクにはその神馬をイメージした跳ね馬のエンブレムと“BALIUS”のロゴが描かれており、ほとんどのカワサキのバイクに入っている“Kawasaki”のロゴは、一部のモデルを除いて描かれていない。


外部リンク[編集]