カワサキ・ヴェルシス1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カワサキ・ヴェルシス1000
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗川崎重工業
エンジン 1043cm3 
内径x行程 / 圧縮比 77.0mm x 56.0mm / 10.3:1:1
最高出力 86.8kW 118ps/9,000rpm(東南アジア仕様)
最大トルク 102N・m 10.4kgf・m/7,700rpm(東南アジア仕様)
車両重量 239kg
テンプレートを表示

ヴェルシス1000(Versys1000)は、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが製造しているオートバイである。

Versysの名前の由来はVertex(頂点)とSystem(システム)からきている。

概要[編集]

Z1000のエンジンをベースとしたロングストロークサスペンションのアドベンチャーバイクである[1]。メーカーはあらゆる道を走破するストリートサーファーと位置付けていて、長距離走行を想定したリアキャリアを標準装備、最大積載量は220kg、シートはZ1000の約2倍の厚みとなっている。パッセンジャーシートはフロントシートよりクッション性を高めてありタンデムライディングにも配慮されている。

電子制御はトラクションコントロールシステムであるKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を導入しており、モードはオフを含めて4種類から選択可能。ABSを標準搭載。エンジンの出力特性を任意に変更できるパワーモードもある。フルパワーとローパワーから選択でき、ローパワーはフルパワーの約75%。

脚注[編集]

  1. ^ VersysがZ1000ベースの4気筒エンジンを採用してフルチェンジ。究極のオールラウンドモデルへと進化

関連項目[編集]

外部リンク[編集]