カワサキ・Z400FX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カワサキ・Z400FX
Kawasaki Z400FX.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 KZ400E
エンジン 399cccm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 43ps/9500rpm
最大トルク 3.5kg-m/7500rpm
      詳細情報
製造国
製造期間 1979年 - 1982年
タイプ ネイキッド
設計統括
デザイン
フレーム 鋼管ダブルクレードル
全長x全幅x全高 2100mm x 795mm x 1155mm
ホイールベース 1390mm
最低地上高
シート高 805mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式
潤滑方式
駆動方式 チェーン
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 正立テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式ディスク
油圧式ディスク
タイヤサイズ
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 15L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考
先代
後継 Z400GP
姉妹車 / OEM
同クラスの車 ヤマハ・XJ400
スズキ・GSX400F
テンプレートを表示

カワサキ・Z400FX(ゼットよんひゃくエフエックス)とは、川崎重工業が製造していた中型 オートバイ。FX(エフエックス)を略して「フェックス」の愛称で親しまれた。

「FX」は、4気筒を意味する「F」とともに、1970年代中頃の航空自衛隊次期主力戦闘機導入計画(第3次F-X)を示すFighter-eXperimentalの略語のF-Xからとも。

概要[編集]

1979年、欧州で発表された「Z500」は、斬新な直線基調のデザインを持ち高い評価を得た。このZ500のボア・ストロークを変更し、日本の免許制度に合わせて中型バイクとして発売したのが「Z400FX」である。中型免許で乗ることができる4気筒のオートバイは、1977年に生産が中止されたホンダCB400FOUR以来となることもあり、大人気を博した。採算が合わずに生産終了となったCB400FOURと比べ、輸出モデル等の関連車種と徹底して部品を共用することでコストを抑え、400cc4気筒モデルのラインナップを可能とした。

1982年に出力、足回りの強化を図った後継機種「Z400GP」が発売された後も、しばらく生産(E4Bモデル)が続けられた。

ライバル車種と同様に、暴走族旧車會には改造種車として根強い人気があるため、完全にノーマルの状態で残っている車体は少なく、またこの車種のイメージを大きく低下させる原因ともなっている。ノーマルに近い状態で残っているものは常識外れの金額で取引されている。デザインを重視しているため、シートが高く幅広となっている。シートのスポンジを削る「アンコ抜き」をすれば良いのだが、美しいデザインを壊したくないがため(短足と見られたくないため)に無理して乗っていたライダーも多い。

モデル一覧[編集]

  • E1 (1979年4月発売) 新車当時価格385,000円
車体色は、単色無地の「ファイアクラッカーレッド」(赤色)と、幅が変化するラインが配された「エボニー」(黒色)と「メタリッククリスタルシルバー」(銀色)の計3色。モデル後期には、追加カラーとして車体側面のシルエットに沿ったピンストライプが入った「エボニー」が前期のエボニーと差し替えられた。
  • ファイアクラッカーレッド:基本色
  • エボニー(前期):基本色 ライン色
  • メタリッククリスタルシルバー:基本色 ライン色
  • エボニー(後期):基本色[1]
  • E2 (1979年12月発売) 新車当時価格38万5000円
リアホイールのリム幅を1.85から2.15へ変更し、燃料コック形状を改良。ヘッドライト下にエンブレムを装備した。車体色はE1後期と同様にピンストライプが入った「ファイアクラッカーレッド」(赤色)と「ミッドナイトブルー」(紺色)の2色。
  • ファイヤークラッカーレッド:基本色[1]
  • ミッドナイトブルー:基本色[1]
  • E3 (1980年10月発売) 新車当時価格40万5000円
ヘルメットホルダーを新採用し、スイングアームピボット部の支持方式を変更した。フレームナンバーの打刻方向も変更している。車体色は、等幅の太いストライプを配した「エボニー」(黒色)と「ムーンダストシルバー」(銀色)の2色。
  • エボニー:基本色 ライン色
  • ムーンダストシルバー:基本色 ライン色
  • E4 (1981年8月発売) 新車当時価格43万5000円
このモデルよりフロントフォークはセミエア、リアサスペンションも減衰力が調節できるものに、エンジンはトランジスタ点火、そしてマフラーのエンド部分に絞込みのないメガホンタイプに変更、ポジションやディメンション、ライト、ハンドルにも手が加えられている。E1からE3まではオプション扱いであったグラブバーが標準装備され、ホイルはチューブレスタイヤに対応した。またステップの取り付け部分が、それまでの溶接からプレート式に変更となっている。車体色は、グラデーションする幅広の赤いラインの入った「ルミナスガンブルー」(青緑色)と「ムーンダストシルバー」(銀色)の2色。
  • ルミナスガンブルー:基本色 ライン色[1]
  • ムーンダストシルバー:基本色 ライン色[1]
  • E4A (1981年12月発売) 新車当時価格47万円
カワサキ販売店で500台限定で販売された特別仕様車。シリンダー、フロントフォーク・ボトムケース、ホイル、リヤサス・スプリングなど通常は黒塗装の部品を赤塗装に変更、ライトリム、タンクキャップ、リヤサス・アジャスターなど通常はメッキ仕上げの部品を黒塗装に変更し、車体色には専用のグラフィックが採用された。限定車であることを示す「FX-LIMITED」の文字がテールカウルに配される為「リミテッド」とも呼ばれるが、本来は「GP(グランプリ)スペシャル」が販売名である。
  • E4B (1982年12月発売) 新車当時価格43万5000円
E4Aの特別仕様色を通常仕様にし、車体色はE4B専用のグラフィックを採用したもの。このタイプはフレーム番号が「KZ400E-04****」となっている。

関連車種[編集]

以下の車種は、排気量などのエンジン仕様やブレーキの種類による差はあるものの、基本的な車体構成は共通の車種(姉妹車)となっている。

Z500 (1979年 - 1980年)
輸出専用車。Z400FX / Z550FXのベースとなった車種。前輪ダブル・後輪シングルのトリプルディスクが特徴。
Z550 (1980年 - 1983年)
Z500をベースにボアアップした機種。輸出が中心だったが、少量の国内向販売も行われた[2]
(K)Z550Aでは北米仕様でフロントシングル、ヨーロッパでダブルディスク、後輪は共にドラムブレーキ
(K)Z550Bでは後輪もディスク化された。日本国内ではB2が「Z550FX」として発売された。
Z400J (1980年 - 1982年)
輸出専用車。前輪のダブル・ディスクと後輪のドラムブレーキが特徴。なお、北米仕様の「KZ400J」ではフロント側がシングルディスクとなる。
北米仕様とイギリス仕様に比べ、出力を抑えられた西ドイツ仕様では34PSとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 極細ライン色は一覧では割愛。
  2. ^ バイクブロス - モト・ライド 絶版ミドルバイク カワサキ Z400GP(1982)1981年当時の広告には、Z750FX-IIとZ400FXと並び、Z550FXがラインナップされている[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]