カワサキ・ZZR250

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カワサキ・ZZR > カワサキ・ZZR250
カワサキ・ZZR250
ZZR250.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
車体型式 EX250H
エンジン EX250EE型 248cm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 35ps/12000rpm
最大トルク 2.2kg-m/9500rpm
車両重量 168kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本タイ王国の旗 タイ
製造期間 1990年-2007年
タイプ ツアラー
設計統括
デザイン
フレーム アルミダイヤモンド
全長x全幅x全高 2050mm x 700mm x 1125mm
ホイールベース 1400mm
最低地上高 135mm
シート高 760mm
燃料供給装置 キャブレター (CVK30*2)
始動方式
潤滑方式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常噛6段リターン
サスペンション 正立テレスコピック
ユニトラックボトムリンク
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式セミフローティングディスク
油圧式ディスク
タイヤサイズ 100/80-17
140/70-17
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 17L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考 スペックは2005年モデル
先代 GPX250R
後継 Ninja250R
姉妹車 / OEM
同クラスの車 スズキ・アクロス
テンプレートを表示

ZZR250(ゼットゼットアールにひゃくごじゅう)とは、かつて川崎重工業が製造販売していたオートバイである。

概要[編集]

ZZR250は1990年に発売された。ZZRシリーズを踏襲したフルカウルの車体となっているが、搭載エンジンは既存車種(GPZ250R / GPX250R)からの流用であるDOHC4バルブ水冷直列2気筒248ccであり、直列4気筒を搭載する他のZZRシリーズとは一線を画している。

発売当時から大きなモデルチェンジを受けることなく17年間も販売されるという、日本仕様としては極めて珍しく息の長いモデルであり、2002年までは日本で生産が行われていたが、2003年からはタイの工場に生産が移管されている。 右の写真は最後の日本製造(明石工場)モデル。

しかし自動車排出ガス規制のため、2007年8月末をもって生産終了となった。なお2008年発売のNinja250Rが、後継車種としての位置づけとなっている。

輸出仕様(北米向け)は「Ninja250R」として販売された。この車種名は1983年発売のGPZ250R以来、GPX250R、ZZR250、Ninja250R最終型の2012年まで使用されている。

近未来的かつスタイリッシュなフォルムで、ジェームズ・キャメロン監督が製作総指揮を務めた海外ドラマ「ダークエンジェル」や、クエンティン・タランティーノ監督の映画「キル・ビル」に主人公機として登場している。 また、2008年公開の北村拓司監督の映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」でも、物語後半に主人公が駆るバイクとして登場している。

モデル一覧[編集]

EX250-H1(1990年)[編集]

  • 車体カラーは3種類をラインナップ。
    • キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ(HF)
    • メタリックオパールシルバー×メタリックソニックブルー(HV)
    • エボニー×パールコスミックグレー(T4)

EX250-H2(1991年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ(HF)
    • エボニー×メタリックソニックブルー(HD)
    • メタリックバイオレットロイヤル×メタリックイーブンタイド(KA)

EX250-H3(1992年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップに変更なし、細部の変更(デカール色仕様)※デカールの色仕様は基本的に各年モデル毎に変更されている。
    • キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ(HF)
    • エボニー×メタリックソニックブルー(HD)
    • メタリックバイオレットロイヤル×メタリックイーブンタイド(KA)

EX250-H4(1993年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ(HF)
    • メタリックブルーバイオレット×ルミナスローズオペラ(VX)
    • エボニー×ルミナスグレーマイカ(VT)

EX250-H5(1994年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ(HF)
    • メタリックバイオレットロイヤル×メタリッソニックブルー(1F)
    • キャンディパーシモンレッド×メタリックグレーストーン(CF)

EX250-H6(1995年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを全面変更、細部の変更(デカールによるグラフィック追加)。
    • キャンディパーシモンレッド(A5)
    • ルミナスピーコックブルー(35)
    • パールパープリッシュブラックマイカ(20)

EX250-H7(1996年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップに変更なし、細部の変更(デカールによるグラフィック廃止)。
    • キャンディパーシモンレッド(A5)
    • ルミナスピーコックブルー(35)
    • パールパープリッシュブラックマイカ(20)

EX250-H8(1997年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディパーシモンレッド(A5)
    • メタリックメドウミストグリーン(93)

EX250-H9(1998年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを全面変更。
    • エボニー×キャンディカーディナルレッド(FK)
    • ギャラクシーシルバー×パールコスミックグレー(CS)

EX250-H10(1999年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディワインレッド×パールコスミックグレー(7D)
    • ギャラクシーシルバー×ールコスミックグレー(CS)

EX250-H13(2002年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを全面変更。
    • パールミスティックブラック(218)
    • ギャラクシーシルバー(F2)

EX250-H15(2004年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを全面変更。
    • キャンディパーシモンレッド(G2)
    • メタリックコメットブラック(167)

EX250-H16(2005年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディサンダーブルー(620)
    • メタリックコメットブラック(167)

EX250-H6F(2006年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップに変更なし。
    • キャンディサンダーブルー(620)
    • メタリックコメットブラック(167)

EX250-H7F(2007年)[編集]

  • 車体カラーはラインナップを一部変更。
    • キャンディプラズマブルー(15D)
    • メタリックコメットブラック(167)

参考画像[編集]

参考文献[編集]

  • カワサキモータースジャパン パーツカタログ検索システム[1]

外部リンク[編集]