カワサキ・Z400GP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カワサキ・ZGP > カワサキ・Z400GP
Z400GP
Z400-M1
Gpz550.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 KZ400M
エンジン KZ400EE型 399cm3 
内径x行程 / 圧縮比 52.0mm x 47.0mm / 9.7:1
最高出力 48ps/10500rpm
最大トルク 3.5kg-m/8500rpm
車両重量 179kg
テンプレートを表示

カワサキ・Z400GP(ゼットよんひゃくジーピー)とは、川崎重工業(後の川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー)が、嘗て製造販売していた普通自動2輪車免許で乗れるオートバイである。

概要[編集]

Z400FXの後継機種として1982年に発売された。

Z400GPのサイドカバーに配置されるエンブレムには「GPz400」と明記されており、1983年に発売された後継機種GPz400と車輌名称を混同し易い。ちなみに、車種名称に関する法則では、GPの後に小文字の「z」となる場合は空冷エンジン搭載モデルを表し、大文字の「Z」となる場合は水冷エンジン搭載モデルを表している。

エンジン足まわりなどがZ400FXから改良された。 リヤサスペンションモノショック方式スイングアームユニトラックシステム」を採用。 エンジンは5馬力アップの48馬力にパワーアップされている。 ヘッドライトはそれまでの丸型から角型に変更され、メーターにはマイコン制御の液晶モニターが装備された。

カワサキワークスカラーのライムグリーンの車体色と段付きシートはZ1000Rローソン・レプリカ)をイメージさせるものである。

発売翌年の1983年、後継モデルのGPz400の発売に伴い生産を終了した。

先代のZ400FXと同様のエンジンを使用するが、車体デザインは全般的に直線基調で角張っており、角型ながらやや丸みを帯びたのFXのデザインとは異なる印象を受ける。

尚、エンジン形式こそ同様の「KZ400EE」であるものの、Z400GPと先代モデルZ400FXのボアストロークは「ボア52.0mm x ストローク47.0mm」と共通である一方、後継モデルGPz400および後年のゼファー(400ccモデル)では「ボア55.0mm x ストローク42.0mm」と異なっている。

外部リンク[編集]