カワサキ・GPZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カワサキ・GPZ / カワサキ・GPz (ジーピーゼット)は、いずれも川崎重工業(後の川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー)が製造販売していたオートバイのシリーズ車種である。

本項では以下の二つのシリーズを併せて解説する。

  • 空冷エンジンを搭載する「カワサキ・GPz」「カワサキ・GPz-F」など
  • 水冷エンジンを搭載する「カワサキ・GPZ-R」「カワサキ・GPZ-S」など

概要[編集]

初期のカワサキの4ストロークエンジン搭載車種は、「Z○○○」との車名が与えられるのが通例となっていた(○○○には各排気量クラスのナンバリングが用いられる)。

以下、登場順に大まかなシリーズを分類を列挙する。

  • 空冷エンジン搭載車種「Zシリーズ」
  • 空冷エンジン搭載車種「Z-FXシリーズ
  • 空冷エンジン搭載車種「Z-GPシリーズ
  • 空冷エンジン搭載車種「GPz / GPz-F シリーズ」
  • 水冷エンジン搭載車種「GPZ / GPZ-R シリーズ」
  • 水冷エンジン搭載車種「GPXシリーズ

以上のように、「Z-GPシリーズ」の後継として登場し、「GPXシリーズ」へと繋がるまでの間の二世代を担ったシリーズであり、空冷エンジンから水冷エンジンへと搭載されるエンジンの仕様が変更された過渡期のシリーズでもある。

GPZシリーズにおいて、空冷エンジン搭載車種のエンブレムは、「GPZ○○○」のようにZ以降末尾までが背の低い文字でデザインされており、水冷エンジン搭載以降は全て同じ高さの文字に変更されたため、これによって冷却方式を判別することが出来る。

カワサキのパンフレットでは、水冷時代の車種は「GPz○○○」のようにZを小文字表記していたが、各種媒体により大文字小文字の表記ゆれが発生している場合が見られる。

従来のシリーズと同様に、「GPz○○○F」「GPZ○○○R」などの車名に対して、各排気量クラスのナンバリングが用いられる。

シリーズ一覧[編集]

空冷GPzシリーズ[編集]

GPz1100
  • GPz1100 (ZX1100A1-A3)
  • GPz1100 (B1-B2) ※日本国内名称:「Z1100GP
GPz750
GPz400 / GPz550
  • GPz400 (ZX400A1)
  • GPz400F (ZX400A2)
  • GPz400F-II (ZX400C1)
  • GPz550英語版 ※GPz400の550cc版
GPz250 / GPz305
  • GPz250 (EX250C1-C5)
  • GPz305 ※GPz250の300cc版


水冷GPZシリーズ[編集]

GPZ1100
  • GPZ1100 (ZX1100A)
  • GPZ1100 (ZX1100E1-E3)
  • GPZ1100ABS (ZX1100F1)
GPZ1000RX
  • GPZ1000RX (ZX1000A1-A3)
GPZ900R / GPZ750R
  • GPZ900R (ZX900A1-A16)
  • GPZ750R (ZX900GA1-G3)
GPZ400R / GPZ500R / GPZ600R
  • GPZ400R (ZX400D1-D4)
  • GPZ600R
  • GPZ500R
GPZ400S / GPZ500S
  • GPZ400S (EX400A1-A4)
  • GPZ500S (EX500A1-A7 / EX500D1-D7F)
GPZ250R
  • GPZ250R (EX250E1-E2)


外部リンク[編集]