カワサキ・Z250FS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カワサキ・Z250FS
FIBAG IMG 1034.JPG
基本情報
排気量クラス 軽二輪
エンジン 246[1]cm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 19ps/8000rpm[2]
最大トルク 1.8kg-m/7000rpm[3]
車両重量 130kg
テンプレートを表示

Z250FS(ゼットにひゃくごじゅうエフエス)とは、川崎重工業が製造していた中型オートバイである。

概要[編集]

1980年に発売開始。Z200の後継として、二気筒エンジン搭載のZ250FTとともに、250ccオンロードスポーツとしてラインナップされた。先代のZ200同様に、主に初心者および女性ライダーをターゲットとするエントリーモデルである。

搭載される246ccエンジンには、Z1000Z1000MkIIで使用されていたボア70mm用ピストンが流用されている[4]。他にこの車種の特徴としては、7本スポークのキャストホイールに前後ドラムブレーキの組合せという仕様が挙げられる[5]

1982年12月にマイナーチェンジを実施。0.5mmのボア拡大により排気量が249ccとされ、最大出力・トルクも若干アップした他、バランサーも装備された[4]

1984年をもって販売終了。1985年に新開発の249cc・水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載した事実上の後継車種となるCS250に後を託した。

派生車種としては、1981年に発売されたアメリカンモデルZ250LTD(Z250-G / Z250-W)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 後期型は249cc。
  2. ^ 後期型は20ps/8000rpm。
  3. ^ 後期型は1.9kg-m/7000rpm。
  4. ^ a b このエンジン仕様に関しては、オフロードモデルのKL250も同型エンジンを搭載していた。
  5. ^ このホイールとブレーキの仕様に関しては、Z250の派生車種であるアメリカンモデルZ250LTD、および50ccクラスのAV50も同様の仕様となっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]