ジェームズ・キャメロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・キャメロン
James Cameron
James Cameron
2010年、TEDでの演説にて。
本名 James Francis Cameron
生年月日 1954年8月16日(61歳)
出生地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州カプスケイシング
職業 映画監督
脚本家
映画プロデューサー
活動期間 1978年 -
配偶者 シャロン・ウィリアムズ
(1978年 - 1984年)
ゲイル・アン・ハード
(1985年 - 1989年)
キャスリン・ビグロー
(1989年 - 1991年)
リンダ・ハミルトン
(1997年 - 1999年)
スージー・エイミス
(2000年 - )
主な作品
ターミネーター
エイリアン2
ターミネーター2
タイタニック
アバター

ジェームズ・フランシス・キャメロンJames Francis Cameron, 1954年8月16日 - )は、カナダ出身の映画監督脚本家映画プロデューサー左利き。身長188cm。

来歴[編集]

生い立ち
カナダオンタリオ州カプスケイシング生まれ。祖先はスコットランド[1]。父は電気技師、母はアマチュア画家[2]。幼い頃から母に芸術面を応援され、美術には才能を見せていた。15歳の時に、『2001年宇宙の旅』を見て、自作の宇宙船やプラモデルを使い、16ミリカメラなどで実験映画を撮り始める(『2001年宇宙の旅』は映画館で10回も見たという)。カリフォルニア州オレンジ・カウンティに移り、カリフォルニア州立大学フラトン校に入学。当初は海洋生物学と物理学を専攻していたが、トップになるには数学の能力に欠けていることを知り、英文学に変更する。
大学中退後
2年後、大学を中退して惚れ込んだ地元のカフェのウェイトレスと結婚し、小さな家に移り住む。トラック運転手などをしていたが[3]1977年に封切られた『スター・ウォーズ』を見て仕事を辞め[4]、再び映画制作に没頭する。そして友人と共に1978年、35ミリの短編SF『Xenogenesis』を制作する。この短編がきっかけとなりロジャー・コーマンのニュー・ワールド・ピクチャーズに入る[3]1979年、初仕事は『ロックンロール・ハイスクール』での雑用係(ノンクレジット)だった。
監督デビュー
いくつかの作品を手伝ったのち、『殺人魚フライングキラー』を監督するが、周囲の無理解と低予算に苦しめられ、作品も不本意な形で上映されてしまう(キャメロン自身はこの作品の存在自体を抹消しているほど)。しかし、失意のどん底で作り上げた低予算のSFアクション映画『ターミネーター』が世界中で好ヒットを記録したことで、世界の映画ファンにその存在を知られることになる。それを受けて制作を依頼された『エイリアン2』も大成功を収め、全世界で1億8000万ドルの興行収入をあげる。深海を舞台にしたSF映画『アビス』では不振に悩まされるも、1991年、自身が監督した映画『ターミネーター』の続編『ターミネーター2』が大ヒットし、全世界で5億6000万ドルの興行収入をあげる。
さらに1997年アカデミー賞11部門を受賞し、自身もアカデミー監督賞を受賞した『タイタニック』が世界映画史に残る大ヒットを記録。2009年には12年振りの劇場用監督作品となる3D映画『アバター』でその興業収益記録を自ら更新し、全世界の歴代興行収入、そしてアメリカ国内の歴代興行収入は1位が『アバター』、2位が『タイタニック』となった。
2010年にイギリスの『ガーディアン』誌が選ぶ「ハリウッドで最も影響力のある人物」で第1位となる[5]
1990年代前半に、制作会社ライトストーム・エンターテインメントとSFX会社デジタル・ドメインを設立(1998年にスタン・ウィンストンと共にオーナーを辞任。同社は2006年にマイケル・ベイが買収した)。
2011年、3Dの新会社キャメロン・ペイス・グループをフュージョン3Dカメラ共同開発者であるビンス・ペイスと共同で設立[6]
幻の作品
1991年、『ターミネーター2』の次回作として、ダニエル・キイス著「24人のビリー・ミリガン」を原作としたジョン・キューザック主演「The Crouded Room」を企画し、映画化権を持っていたサンドラ・アーカラと25万ドルで契約を結んで脚本を書き始めるが、サンドラが「契約料が少なすぎる、もっとよこせ!」と法廷に訴える。これに対してキャメロンは「くだらない争いで時間を無駄にしたくない。この企画からは手を引く。」と映画化は流れた。
スパイダーマン』の企画が持ち込まれた際、子供の頃から大ファンだったキャメロンは脚本を執筆し、それを読んだ原作者のスタン・リーも「誰もが知っているスパイダーマンでありながら、実に斬新でフレッシュなストーリーだ!」と絶賛したが、スタジオが倒産したためにこの話もボツになった。その後、サム・ライミ監督の手によって映画化されたが、キャメロンの脚本は使われていない。
私生活
高校の同級生だった一般人のシャロン・ウィリアムズと1978年に結婚、1984年に離婚。映画プロデューサーのゲイル・アン・ハードと1985年に結婚、1989年に離婚。直後にキャスリン・ビグローと1989年に結婚、1991年に離婚。1993年にターミネーターシリーズの主演女優であるリンダ・ハミルトンとの間に娘が生まれ、1997年に結婚、1999年に離婚。2000年、『タイタニック』に出演したスージー・エイミスと結婚。現在は二児の父。
資産
2010年12月、経済誌『フォーブス』が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」を発表し、2億1,000万ドル(日本円で約172億2,000万円)を稼ぎ、2位にランクインした[7]
2011年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「最も稼いだ映画関係者トップ40ランキング」を発表し、2億5,700万ドル(日本円で約210億7,400万円)稼ぎ、1位に選ばれた。このランキングはプロデューサーや監督、俳優など映画制作にかかわった人を対象にしたもので、広告収入やCM出演料など映画とは無関係なものは省かれた上で、『ヴァニティ・フェア』誌の独自調査に基づいて制作されている。同誌の「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」でも1位に選ばれている[8][9]
ターミネーターの権利関係
『ターミネーター』製作時、その権利は制作会社とキャメロンが折半した。キャメロンは自分の所有分を、『ターミネーター』のプロデューサーであり将来の妻であるゲイル・アン・ハードに1ドルで譲り渡している。その後、キャメロンと離婚したハードは1990年代に自らの所有する権利を別の制作会社に700万ドルで売却した。そのため、『ターミネーター』の続編がキャメロンの関与無しに相次いで作られるようになった。
『ターミネーター2』以後の作品にもキャメロンの名はクレジットされているが、作品製作には携わっていない。ただし、『ターミネーター4』では監督のマックGが完全に非公式なものと断った上で、キャメロンに個人的な相談をしてアドバイスを貰ったことと、彼の推薦でサム・ワーシントンを起用したことを明かしている。また、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ではキャメロンがストーリーのアイデアを出している[10][11]

特徴[編集]

概要
監督をした映画のほとんどはスケールの大きなアクション中心のエンターテイメント作品であるが、本人も(これから制作する作品含め)自身の映画を「ハイテクニックを駆使したエンターテイメント作品」と語っている[12]。また、自身の作品は「すべてラブ・ストーリーだ」とも語っている。自分の監督する作品に対しては完璧主義として知られ、前述の不本意な作品である『殺人魚フライングキラー』については、本人の前で話題に出すのはNGと言われるほどに嫌っているという説がある[13][14]が、自身のドキュメンタリー番組や評伝の中ではごく詳細に語っている。
リアリズムの追求
特筆すべき彼の特徴として徹底してリアリズムを追求する点が挙げられる。『タイタニック』では、巨大な船のセットを岸壁から見て右になるように作ったが、史実では岸壁から見て左であり、その点を解消するためにセットの文字を全て反転させ、最後に映像を反転させて史実に倣うよう編集した。
ミリタリーマニア
SF、潜水などと同様、作品に反映されているキャメロンの嗜好の一つに「ミリタリーマニア」がある。この嗜好は『ターミネーター』での銃砲店での店主とのやりとりや銃器の改造の仕方、脚本を担当した『ランボー/怒りの脱出』の銃器描写などで見て取れる。また、『エイリアン2』では海兵隊の装備として、トンプソンM1をベースにグレネードランチャーを装備したパルスライフルや、MG42をベースにステディカムと組み合わせたM56A2スマートガンなど、当時実在した銃器をモデルにした架空の銃器を考案し、登場させている。
脚本家
映画作品では基本的に脚本も自ら手掛けており、「後の監督としての苦労を考慮すると創作の幅を狭めることになるため、その部分を押し殺して自由奔放にストーリーに没頭する」と語っている[15]。画力にも優れており、『ターミネーター』のエンドスケルトン(内骨格)や殺人ロボットHK、『エイリアン2』のエイリアンクイーンやパワーローダーなどのコンセプトデザインを自ら手掛けた他、『タイタニック』に登場する主人公ジャックのスケッチもキャメロンの筆による物である。
環境問題
環境問題に熱心に取り組んでおり、世界15か国にそれぞれ100万本の木を植えることを企画している[16]。2010年4月、ブラジルアマゾンに計画中のベロモンテ水力発電ダムの建設反対運動に参加した[17]。2010年6月には米連邦当局からの依頼を受け、4月20日に起きたメキシコ湾原油流出事故を解決するための会議に出席した[18]
画作り
リアルな奥行きを表現した映像を重視している。被写界深度が浅く、奥行きがあいまいになりやすいアナモルフィック・レンズは嫌いだと発言している。そのため、ジェームズのスコープ・サイズの映画はほぼスーパー35で撮影されている。そのほか、合成技術としては古く、廃れてしまったリア・プロジェクションフロント・プロジェクションも多用する。その理由として俳優が演技しやすいこと、フォーカスを合わせないので気付かれにくいこと、カメラも自由に動かせることなどを上げている。
3D作品
2Dで撮った映画を安易に3Dに変換して上映することには、反対の立場を表明している。「『3D映画を作りたい』という監督には『最初から3Dカメラで撮りなさい』とアドバイスしています。それが3D映画にとってベストな方法だし、3D映画は3Dカメラで撮るべきというのが私の基本的姿勢です。ただし、『タイタニック』のような2Dでしか撮ってない映画に関しては、3Dに変換するしか選択肢がなく、その場合は、正しい3Dへの変換技術を使って作るべき」と述べている[19]
探検家
3000時間以上の水中滞在記録を持つスキューバダイバーであり、世界各地で難破船探索や深海調査等を行っている。また、2011年にはナショナルジオグラフィック協会所属の探検家に就任している[20]。2012年3月26日には、マリアナ海溝チャレンジャー海淵に一人乗りの潜水艇「ディープシーチャレンジャー」に搭乗して潜行し、世界最深の海に52年ぶり2回目となる有人潜行(単独では初)を果たした[21]
その他
考古学にも関心を示しており、自身が制作したドキュメンタリー番組『キリストの棺』では新説を唱えているが、その内容は放映前から波紋を呼び、物議を醸している[22]
日本のアニメ作品にも造詣が深い。ギレルモ・デル・トロはキャメロンの勧めで見た『機動警察パトレイバー』が、2013年の『パシフィック・リム』に多大な影響を与えたと語っている[23]

作品[編集]

映画[編集]

作品名 クレジット 備考
1978 Xenogenesis 監督、脚本、製作 自主製作の短編映画
1980 宇宙の7人
Battle Beyond the Stars
特殊効果 ジミー・T・ムラカミ監督作品
1981 ニューヨーク1997
Escape from New York
特殊効果 ジョン・カーペンター監督作品
1981 ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星
Galaxy of Terror
美術、第二班監督 B・D・クラーク監督作品
1981 殺人魚フライングキラー
Piranha II: The Spawning
監督
1982 アンドロイド
ANDROID
美術コンサルタント アーロン・リップスタッド監督作品
1984 ターミネーター
The Terminator
監督、脚本
1985 ランボー/怒りの脱出
Rambo: First Blood Part II
脚本 ジョージ・P・コスマトス監督作品
1986 エイリアン2
Aliens
監督、脚本
1989 アビス
The Abyss
監督、脚本
1991 ターミネーター2
Terminator 2: Judgment Day
監督、脚本、製作
ハートブルー
Point Break
製作総指揮 キャスリン・ビグロー監督作品
1994 トゥルーライズ
True Lies
監督、脚本、製作
1995 ストレンジ・デイズ/1999年12月31日
Strange Days
脚本、製作 キャスリン・ビグロー監督作品
1996 ターミネーター2:3-D
T2 3-D: Battle Across Time
監督、脚本 ユニバーサルスタジオのアトラクション用として作られた短編
1997 タイタニック
Titanic
監督、脚本、製作、編集
2002 ソラリス
Solaris
製作 スティーブン・ソダーバーグ監督作品
2003 ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密
Ghosts of the Abyss
監督、製作、出演 ドキュメンタリー映画
海底火山の謎
Volcanoes of the Deep Sea
製作総指揮 短編ドキュメンタリー映画
スティーヴン・ロウ監督作品
ターミネーター3
Terminator 3: Rise of the Machines
キャラクター創造 ジョナサン・モストウ監督作品
2005 エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ
Aliens of the Deep
監督、製作、出演 ドキュメンタリー映画
2009 ターミネーター4
Terminator Salvation
キャラクター創造 マックG監督作品
アバター
Avatar
監督、脚本、製作、編集
2011 サンクタム
Sanctum
製作総指揮 アリスター・グリアソン監督作品
2012 シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語
Cirque du Soleil: Worlds Away
製作総指揮 アンドリュー・アダムソン監督作品
2014 ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦
Deepsea Challenge 3D
製作、出演 ドキュメンタリー映画
ジョン・ブルーノ、レイ・クイント、アンドリュー・ワイト監督作品
2015 ターミネーター:新起動/ジェニシス
Terminator Genisys
キャラクター創造[24] ターミネーターシリーズリブート
アラン・テイラー監督作品

テレビ[編集]

放送年 作品名 クレジット 備考
2000-2002 ダーク・エンジェル
Dark Angel
企画、製作総指揮 第一話の脚本、最終話の監督と原案を担当
2002 海底の戦艦ビスマルク
Expedition: Bismarck
監督、製作、出演 ドキュメンタリー
2005 Last Mysteries of the Titanic 製作、出演 ドキュメンタリー
ニール・フラッグ監督作品
Titanic Adventure 製作、出演 ドキュメンタリー
メル・モーペス監督作品
2006 出エジプト記の“真実”~奇跡は本当に起こったのか?
The Exodus Decoded
製作総指揮、出演 ドキュメンタリー
シムハ・ヤコブビッチ監督作品
2007 キリストの棺
The Lost Tomb of Jesus
製作総指揮 ドキュメンタリー
シムハ・ヤコブビッチ監督作品
2008-2009 ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ
Terminator:The Sarah Connor Chronicles
キャラクター創造
2012 Titanic: The Final Word with James Cameron 製作総指揮、出演 ドキュメンタリー
トニー・ガーバー監督作品
2014 危険な時代に生きる
Years of Living Dangerously
製作総指揮 ドキュメンタリーシリーズ

補足 1988年に、ビル・パクストンのバンドMartini Reachのミュージックビデオを手掛けている。また、「ハリウッドミューズ」「アントラージュ・オレたちのハリウッド」「サタデーナイトライブ」で、本人役でゲスト出演している。

企画中の作品[編集]

原爆をテーマにした作品
2010年現在、原爆をテーマにした作品について考えている。この作品のために2009年のクリスマス前に来日し、長崎市の病院に入院する山口彊に面会した。山口は広島と長崎で被爆した「二重被爆者」であり、キャメロンは今しか対談する機会が無いと面会を望んだという。キャメロンは山口のような体験をした人を後世に伝えるべく、山口に原爆をテーマにした映画について語ったとのこと。 後の毎日新聞による取材で、山口は "この映画を作るのは彼らの使命だ" と期待していることを語った[25]
この映画のタイトルは未定だが、仮題として『Jigoku』というのが発表されている。しかし、この作品について、チャールズ・ペレグリーノによる原作の中に、関係者からの証言が虚偽だったことによる誤りが多数見つかったことや、手記を盗用していたこと、広島への原爆投下を扱った漫画・『はだしのゲン』からの引用があったにもかかわらず、作者の中沢啓治に連絡を入れていなかったことなどが判明し、構想が揺れている状態である[26]
『アバター』の続編
キャメロンは『アバター』公開直後より「ヒットすれば、続編は絶対に作る」、「3作目までのアウトラインは考えている」と語っており[27]、また、同映画の編集技師が「配給会社も続編を制作させようとプレッシャーをかけている」と述べた[28]。2010年10月27日、20世紀フォックスにより製作が正式に決定したことが発表された[29]。監督、脚本、製作は引き続いてキャメロンが務め[30]、第2作目が2014年、第3作目はその1年後の2015年のクリスマスに公開される予定である[31]。2011年1月時点でキャメロンは続編2作分の脚本を執筆中であり[31]、同年内の撮影開始を目指している[30]その後、構想が発展して、4部作として作られることになり、2017年12月に「アバター2」、2018年12月に「アバター3」、2019年12月に「アバター4」が公開予定。2015年1月現在、プリプロダクション段階の模様。
Battle Angel
木城ゆきとのSF漫画『銃夢』を原作とした実写映画『Battle Angel』を製作する予定である。当初キャメロンは、『アバター』の続編で多忙となるために他の監督に依頼することも検討したが、原作の世界観を気に入った彼はこの企画は誰にも委ねられないと考え、2011年2月、自ら監督することを宣言した[32]。原作全9巻のうち、第4巻までがストーリーの中心となる予定である[32]
『ミクロの決死圏』のリメイク
キャメロンのライトストーム・エンターテインメントが製作するリメイク版『ミクロの決死圏』には製作総指揮として参加する。当初監督はローランド・エメリッヒに決まった[33]が降板し、その後ポール・グリーングラスダーレン・アロノフスキーティムール・ベクマンベトフジョナサン・モストウルイ・ルテリエらが候補に挙がったがいずれも諸事情により起用できず、最終的にショーン・レヴィに決定した[34]。同作品では『アバター』の製作総指揮を務めたレータ・カログリディスが脚本をリライトする予定である[34]
『トゥルーライズ』のテレビドラマ
キャメロンが1994年に監督、脚本した映画『トゥルーライズ』のテレビドラマ版をライトストームエンターテイメントと20世紀フォックステレビジョンが共同で制作する予定である。キャメロンが製作総指揮を務め、パイロットの原案はレネ・エシェヴァリアが担当する[35]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Keegan, Rebecca (2010年1月15日). “‘The Futurist: The Life and Films of James Cameron’”. New York Times. http://www.nytimes.com/2010/01/17/books/excerpt-the-futurist.html?pagewanted=1 2010年2月18日閲覧。 
  2. ^ James Cameron Biography (1954-). Film Reference.com.
  3. ^ a b James Cameron Biography by FilmMakers Magazine
  4. ^ The Force Is With Them: The Legacy of Star Wars, 2004.
  5. ^ 『アバター』のジェームズ・キャメロン監督、ハリウッドで最も影響力のある人物のトップに”. シネマトゥデイ (2010年9月25日). 2011年2月10日閲覧。
  6. ^ ジェームズ・キャメロン監督、3Dの新会社を設立”. 映画.com (2011年4月13日). 2011年2月10日閲覧。
  7. ^ 今年エンターテインメント業界で最も稼いだ人物決定!2位にジェームズ・キャメロンで約172億円! - シネマトゥデイ
  8. ^ ハリウッド映画人の収入番付発表!ジェームズ・キャメロン監督は1年で200億円超!ジョニデのギャラは1作当たり約30億円!”. シネマトゥデイ (2011年2月3日). 2011年2月10日閲覧。
  9. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0030090
  10. ^ 『ターミネーター』新旧シュワルツェネッガー激突!衝撃の日本版特報が公開! - シネマトゥデイ
  11. ^ 【特別映像】新旧シュワちゃん直接対決! 『ターミネーター』最新作 | シネマカフェ cinemacafe.net
  12. ^ 小峯隆生・ジェームズ・キャメロン 『豪快!映画学 ジェームズ・キャメロンTalks About Film 』 集英社インターナショナル、2001年、11頁
  13. ^ 押井守 『勝つために戦え! 〈監督篇〉』 徳間書店、2001年、35頁
  14. ^ 小峯隆生・ジェームズ・キャメロン 『豪快!映画学 ジェームズ・キャメロンTalks About Film 』 集英社インターナショナル、2001年、167頁
  15. ^ キネマ旬報刊『コンプリート・スクリーンプレイ・ターミネーター2』より
  16. ^ ジェームズ・キャメロン監督、自然環境のために環境団体と共に100万本の木を植えることに!シネマトゥデイ 2010年8月16日
  17. ^ ジェームズ・キャメロン、ブラジルのダム建設反対運動に参加AFP BB News 2010年4月13日
  18. ^ ジェームズ・キャメロン監督が、メキシコ湾原油流出事故の会議に出席映画.com 2010年6月3日
  19. ^ ジェームズ・キャメロン監督が『タイタニック』3D化の理由を熱く語った! 2012年3月31日 ムービーコレクション
  20. ^ 『アバター』のジェームズ・キャメロン監督が探検家にOricon life 2011年7月7日
  21. ^ “世界最深部単独潜航に初成功=「タイタニック」のキャメロン監督―米”. 時事通信. (2012年3月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012032600554 2012年3月31日閲覧。 
  22. ^ 「キリストに妻子」、ジェームズ・キャメロンのドキュメンタリーが波紋AFPBB News 2007年02月27日
  23. ^ “ギレルモ監督が押井愛とパトレイバーを語る「J・キャメロン監督に勧められた」”. マイナビニュース. (2015年4月28日). http://news.mynavi.jp/news/2015/04/28/350/ 2015年5月3日閲覧。 
  24. ^ ただし、『3』や『4』のように全く関与しなかったわけではなく、製作陣にアドバイスをしている。
  25. ^ http://mainichi.jp/tanokore/cinema/003017.html
  26. ^ 映画:キャメロン監督の原爆映画 原作誤り、構想揺れる 退役軍人が批判、手記盗用も 毎日新聞 2010年2月27日
  27. ^ キャメロン監督、「アバター」続編に意欲 3部作の可能性も示唆”. 映画.com (2009年12月22日). 2011年2月9日閲覧。
  28. ^ 『アバター』ヒットの裏側!毎日作業をしても、1か月に10分間の映像しかできない!続編もありと編集者が明かす”. シネマトゥデイ (2010年6月15日). 2011年2月9日閲覧。
  29. ^ 『アバター』続編製作正式決定 2014年&2015年に2年連続公開”. オリコン (2010年10月28日). 2011年2月10日閲覧。
  30. ^ a b ジェームズ・キャメロン、「アバター」続編2作品を監督”. 映画.com (2010年10月28日). 2011年2月9日閲覧。
  31. ^ a b ジェームズ・キャメロン『アバター』の続編は2014年と2015年のクリスマスに公開予定!”. シネマトゥデイ (2011年1月27日). 2011年2月9日閲覧。
  32. ^ a b ジェームズ・キャメロン監督、日本のSF漫画「銃夢」の実写映画化『バトル・エンジェル』を自ら監督を明言”. シネマトゥデイ (2011年2月2日). 2011年2月9日閲覧。
  33. ^ ローランド・エメリッヒ、『ミクロの決死圏』リメイクを監督”. シネマトゥデイ (2007年8月22日). 2011年2月9日閲覧。
  34. ^ a b ジェームズ・キャメロン監督がプロデュースするSFの金字塔『ミクロの決死圏』のリメイク作品の監督は、『ナイト ミュージアム』の監督!”. シネマトゥデイ (2011年2月8日). 2011年2月9日閲覧。
  35. ^ ジェームズ・キャメロン監督の大ヒット映画『トゥルーライズ』のドラマ化が決定!”. 海外ドラマNAVI (2010年9月16日). 2011年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]