宇宙の7人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇宙の7人
Battle Beyond the Stars
監督 ジミー・T・ムラカミ
脚本 ジョン・セイルズ
原案 ジョン・セイルズ
アン・ダイアー
(『七人の侍』より)
製作 エド・カーリン
製作総指揮 ロジャー・コーマン
出演者 リチャード・トーマス
ジョン・サクソン
ロバート・ヴォーン
ダーラン・フリューゲル
ジョージ・ペパード
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ジョージ・ドッジ
編集 アラン・ホルツマン
R・J・カイツァー
製作会社 ニューワールド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
日本の旗 オライオン・ピクチャーズワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年9月8日
日本の旗 1981年4月4日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,500,000[2]
テンプレートを表示

宇宙の7人』(うちゅうのしちにん、原題:Battle Beyond the Stars)は、1980年制作のアメリカ合衆国SF映画

黒澤明監督の映画『七人の侍』を舞台を宇宙に置き換えてリメイクしたスペースオペラジェームズ・キャメロンが特撮スタッフに参加している。

あらすじ[編集]

武力を一切持たない平和な惑星アキールにある日突然、宇宙征服を企む独裁者セイドアが攻撃を予告してきた。

アキールの人々は協議の末、セイドアと戦う事を決定、戦いに協力してくれる勇者たちを外部から探して連れて来ることにする。

その任に選ばれて出発した若者シャドは、老科学者フェスタス博士の娘で、美しいコンピューターのスペシャリストのナネリアと出会う。

さらに、貨物運搬船の操縦士カウボーイや、名うてのガンマンで宇宙のお訪ね者ゲルトなど7人の優れた戦士たちが助っ人として加わり、アキールの人々はセイドアに立ち向かう。

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹替(テレビ朝日日曜洋画劇場1983年10月2日放送分)

※テレビ放映時のタイトルは『宇宙の7人 スペース大戦争!巨大暗黒デビル戦艦に挑む銀河戦士たち』。

オマージュ[編集]

  • 舞台となる架空の惑星アキール(Akir)の名前は、黒澤明の「明」からとられている[3][4]
  • 名うてのガンマン・ゲルト役のロバート・ヴォーンは、『七人の侍』を西部劇にリメイクした『荒野の七人』で、7人のガンマンの1人・リー役で出演している。

評価[編集]

1981年の第8回サターン賞5部門(SF映画賞衣装デザイン賞特殊効果賞メイクアップ賞、Outstanding Achievement)にノミネートされ[5]、女戦士セント・エックスミンを演じたシビル・ダニングがOutstanding Achievementを受賞した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Gerry Molyneaux, "John Sayles, Renaissance Books, 2000 p 92
  2. ^ Christopher T Koetting, Mind Warp!: The Fantastic True Story of Roger Corman's New World Pictures, Hemlock Books. 2009 p 172
  3. ^ Battle Beyond the Stars Movie Trivia – The 80s Movies Rewind”. Fast-Rewind.com. 2010年1月2日閲覧。
  4. ^ “B級映画の帝王、ロジャー・コーマンが黒澤明との思い出語る「一つの惑星の名前を『アキラ』にしました」”. 映画.com. (2011年10月29日). http://eiga.com/news/20111029/11/ 2017年11月18日閲覧。 
  5. ^ 1981 IMDb Saturn Awards
  6. ^ 1981 Saturn Awards

外部リンク[編集]