ジョン・サクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・サクソン
John Saxon
John Saxon
本名 Carmine Orrico
生年月日 (1936-08-05) 1936年8月5日
没年月日 (2020-07-25) 2020年7月25日(83歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州
職業 男優
活動期間 1958年 - 2020年
活動内容 テレビドラマ歌手
主な作品
シノーラ
燃えよドラゴン
暗闇にベルが鳴る
出逢い
宇宙の7人
エルム街の悪夢』シリーズ
ビバリーヒルズ・コップ3
フロム・ダスク・ティル・ドーン
テンプレートを表示

ジョン・サクソン: John Saxon、本名: Carmine Orrico、1936年8月5日 - 2020年7月25日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン区出身の俳優。

人物・来歴[編集]

俳優としての特徴

1955年、20歳のときから俳優業を始め、ドラマーとしてのミュージシャン活動の傍ら映画やテレビ・シリーズで活躍している。いつしか俳優業が本職となり、数多くの作品に出演し、ブレーク・エドワーズオットー・プレミンジャージョン・ヒューストンシドニー・ポラックリチャード・ブルックス等の巨匠監督の作品にも起用された。また、『燃えよドラゴン』(1973年)や『エルム街の悪夢』(1984年)や後述のイタリア映画『ビッグマグナム77』(1976年)、『地獄の謝肉祭』(1980年)、『片腕サイボーグ』(1985年)等のカルト作品と呼ばれる映画への出演が少なくない。なお、イタリア映画の他にはカナダ映画、南アフリカ共和国、フィリピン、インド等との合作映画にも出演しており、国際的に活動している。

1985年には『地獄のデスプリズン』(未/ビデオ)では監督業に進出して主演もこなし、彼と同様にイタリア系米国人のアンソニー・フランシオサとの共演だった。以後は低予算のアクション映画やホラー映画の看板俳優的に出演活動を続けた。

キャリアの初期は二枚目俳優だったが、1960年代の末から『シェラマドレの決闘(シェラマドレの決斗)』(1966年)や『シノーラ』(1972年)で敵役や悪役を演じる様になり、演技の幅を広げるに至った。テレビ映画にも脇役ながらも『夜空の大空港』(1966年)や『イスタンブール特急』(1968年)、日本では劇場公開された『特攻サンダーボルト作戦』(1976年)等、数多くに出演した。

燃えよドラゴン

ロバート・クローズ監督が香港で撮った合作映画『燃えよドラゴン』(1973年)ではブルース・リーと共演した。配役クレジットはリーと並列表示で、サクソンは右側だったので、二番手の序列である。当時はキャリアの停滞期にあった彼は、本作に出演したことが後半生の大きな財産になった。

一時は誰に会ってもブルース・リーのことばかり訊かれるため、ノイローゼになった。路上で追い剝ぎに遭った時も、強盗は銃をサクソンに突きつけて、「さあ言え、ブルース・リーさんと共演してどんな気分だった?」と訊ねたという。

サクソンも、『燃えよドラゴン』の撮影現場で撮ったリーとのスナップ写真をペンダントにして販売して荒稼ぎしたが、このことで陰口をたたかれてまたノイローゼになったという[1]

2020年7月25日、アメリカ合衆国・テネシー州に於いて肺炎で死去[2]。84歳没。

イタリア映画での活躍

イタリア映画への出演も同時代のハリウッド俳優同様に数本こなしており、主役から悪役、脇役まで演じた。

1960年代からはマリオ・バーヴァ監督の『知りすぎた少女』(1963年/未ソフト化)に出演し、エンツォ・G・カステッラーリ監督の喜劇風味のマカロニ・ウエスタン『西部の三悪党』(1968年/未ソフト化)ではアントニオ・サバトとフランク・ウルフと共に主演を務めた。

1970年代にはマウリツィオ・メルリ主演の『特攻警察』(1975年/未/テレビ放映)や『マフィア/血の掟』(1978年/未/ビデオ、日本のVHSソフトのジャケットには1984年作品と詐称)と言った犯罪アクション物やアルベルト・デ・マルティーノ(マーティン・ハーバートの変名を使用)監督の刑事物『ビッグマグナム77』(1976年)にも出演したが、脇役だった。

1980年代にはアントニオ・マルゲリーティ監督のホラー映画『地獄の謝肉祭』(1980年)の人肉食に目覚めるベトナム帰りの主役で健在ぶりを示し、ダリオ・アルジェント監督の『シャドー』(1982年)、セルジオ・マルティーノ監督の『死霊の暗殺/エトルスカン』(1984年/未/ビデオ)と『片腕サイボーグ』(1985年)の敵役等でハリウッド俳優の威信を見せつけた。また、イタリア映画への出演と並行してハリウッド映画にも出演していた。

1990年代に入ってイタリアではマカロニ・ウエスタンが数本だけだが、復活した。サクソンはカステッラーリ監督の『熊のジョナサン』(1994年/未ソフト化)にも出演し、フランコ・ネロが主演だった。また、本作はロシアとの合作でもある。

『地獄の謝肉祭』で組んだマルゲリーティが第二班監督を務めたテレビ・ミニ・シリーズ『ジンギス・カン/生涯の物語』(2010年/未放送)にも出演した。本作は1991年から製作が開始されたが、紆余曲折の末、およそ19年の歳月を経て日の目を見た。監督は本作が引退作になった英国のケン・アナキンで、ハリウッド俳優のリチャード・タイスンがハンの主役を演じた。また、チャールトン・ヘストンベキム・フェーミュも出演しており、中華人民共和国、モンゴル、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギスタン等の広域でロケされた。


主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1954 有名になる方法教えます
It Should Happen to You
公園で議論を見ている少年 クレジット無し
スタア誕生
A Star Is Born
映画プレミアの案内
1956 狙われた女
The Unguarded Moment
レオナルド・ベネット
1958 年頃ですモノ!
This Happy Feeling
ビル
1959 狂った野獣
Cry Tough
ミゲル・アントニオ・エンリコ・フランシスコ・エストラーダ
聖なる漁夫
The Big Fisherman
ヴォルディ
1960 許されざる者
The Unforgiven
ジョニー
黒い肖像
Portrait in Black
ブレイク・リチャーズ
掠奪者
The Plunderers
ロンド
1961 四人の無頼漢
Posse from Hell
シーモア・カーン
1962 戦場の追跡
War Hunt
レイモンド・エンドア 日本劇場未公開
H氏のバケーション
Mr. Hobbs Takes a Vacation
バイロン・グラント
1963 知りすぎた少女
La ragazza che sapeva troppo
マルチェロ・バッシ 日本劇場未公開
枢機卿
The Cardinal
ベニー・ランペル
1966 スペース・ヴァンパイアQ
Queen of Blood
アラン・ブレナー
シェラマドレの決斗
The Appaloosa
チュイ
夜空の大空港
The Doomsday Flight
ジョージ・デュセット テレビ映画
1967 ウィンチェスター銃'73
Winchester '73
デイキン・マクアダム
1968 イスタンブール特急
Istanbul Express
シュヴァル
1969 ガンファイターの最後
Death of a Gunfighter
ルー・トリニダード
1971 怒りの戦場
Mr Kingstreet's War
ジム・キングストリート 日本劇場未公開
1972 シノーラ
Joe Kidd
ルイス
1973 誘拐
Snatched
ポール・マックスヴィル テレビ映画
マフィア血の掟
Baciamo le mani
ガスパール・アルディッツォーネ 日本劇場未公開
燃えよドラゴン
龍爭虎鬥/Enter the Dragon
ローパー
1974 暗闇にベルが鳴る
Black Christmas
フラー警部
1975 潜入警官
Crossfire
デイブ・アンブローズ テレビ映画
ヘロイン大追跡
Mitchell
ウォルター・ディーニー 日本劇場未公開
1976 スイス・コネクション
The Swiss Conspiracy
ロバート・ヘイズ
ナポリ犯罪ルート
Napoli violenta
カプアーノ警部 日本劇場未公開
ビッグ・マグナム77
Una Magnum Special per Tony Saitta
ネッド・マシューズ
スペシャリスト44
Mark colpisce ancora
アルトマン 日本劇場未公開
特攻警察
Italia a mano armata
ジャン・アルベルテッリ
1977 特攻サンダーボルト作戦
Raid on Entebbe
ベニー・ペレド少将
デッドヒート・クラッシュ
Moonshine County Express
J・B・ジョンソン 日本劇場未公開
1978 ザ・キラー・ビーズ
The Bees
ジョン・ノーマン
泥棒も命がけ/1214カラット
Shalimar
コロンバス
1979 クローネンバーグの ファイヤーボール
Fast Company
フィル・アダムソン
殺人兵器サンダーアーム/鋼鉄の報酬
The Glove
サム・ケロッグ
出逢い
The Electric Horseman
ハント・シアーズ
1980 地獄の謝肉祭
Apocalypse domani
ノーマン・ホッパー
宇宙の7人
Battle Beyond the Stars
セイドア
暴走マッドチェイス
Running Scared
ムニョス 日本劇場未公開
1981 ブラッド・ビーチ/謎の巨大生物!ギャルまるかじり
Blood Beach
ピアソン
1982 シークレット・レンズ
Wrong Is Right
ホーマー・ハバード
シャドー
Tenebrae
ブルマー
1983 ロストユニバース/魔宮伝説からの脱出
Prisoners of the Lost Universe
クリール 日本劇場未公開
1984 エルム街の悪夢
A Nightmare on Elm Street
ドナルド・トンプソン
1985 ザ・ギャンブラー
Fever Pitch
Sports Editor 日本劇場未公開
1986 片腕サイボーグ
Vendetta dal futuro
フランシス・ターナー
1987 エルム街の悪夢3 惨劇の館
A Nightmare on Elm Street 3: Dream Warriors
ドナルド・トンプソン
地獄のデスプリズン
Death House
ゴードン・バージェス 日本劇場未公開
1988 ゾンビライダー
Nightmare Beach
Strycher
1989 マダム・ウルフ/奥さまは月夜がお好き
My Mom's a Werewolf
ハリー・スローペン
1990 ファイナル・リベンジ/復讐へのカウントダウン
The Final Alliance
Ghost
爆走モトクロスの青春
Crossing the Line
ジャック・ケイガン
マッド・ジェイク/処刑の診療台
Blood Salvage
クリフォード・エヴァンス
1991 アライバル/超生命体・飛来
The Arrival
ミルズ
1992 マックス・フォース
Maximum Force
フラー
ヘルマスター
Hellmaster
ジョーンズ
1993 ヤング・ブラッドメン
No Escape No Return
ジェームズ・ミッチェル
1994 ビバリーヒルズ・コップ3
Beverly Hills Cop III
オーリン・サンダーソン
エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア
Wes Craven's New Nightmare
本人 日本劇場未公開
1995 フロム・ダスク・ティル・ドーン
From Dusk till Dawn
スタンリー・チェイス
2006 デス・ルーム
Trapped Ashes
レオ テレビシリーズ
2009 ウルフ・ウォーズ
War Wolves
トニー・フォード テレビ映画

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1955 メディック
Medic
ダニー・オルテガ シーズン2 第2話 "Walk with Lions"
1963-1964 バークにまかせろ!
Burke's Law
ギル・リンチ/バド・チャーニー 2エピソード
1965-1975 ガンスモーク
Gunsmoke
様々な役 5エピソード
1966 ドクター・キルデア
Dr. Kildare
リチャード・ロス 2エピソード
1966-1971 バージニアン
The Virginian
テレンス・マルケイ/ベン・オークス/デル・ステトラー 3エピソード
1967 タイムトンネル
The Time Tunnel
マルコ・ポーロ 第26話 "Attack of the Barbarians"
シマロン
Cimarron Strip
Screamer 第1話 "Journey to a Hanging"
特攻ギャリソン・ゴリラ
Garrison's Gorillas
ジェナス 第11話 "20 Gallons to Kill"
1967-1969 ボナンザ
Bonanza
ジョコバ/ブラス/スティーブン・フライデー 3エピソード
1967-1970 鬼警部アイアンサイド
Ironside
エリック/カーター 2エピソード
1968 スパイのライセンス
It Takes a Thief
Dead Man シーズン1 第1話 "A Thief is a Thief"
ネーム・オブ・ザ・ゲーム
The Name of the Game
ピーター・マックス シーズン1 第4話 "Collector's Edition"
1969-1972 The Bold Ones: The New Doctors Dr. Theodore Stuart 29エピソード
1972 四次元への招待
Night Gallery
イアント シーズン2 第20話の "I'll Never Leave You – Ever"
燃えよ! カンフー
Kung Fu
レイヴン シーズン1 第1話 "King of the Mountain"
私立探偵バニオン
Banyon
ジョニー・クレイ 第6話 "The Clay Clarinet"
1973 サンフランシスコ捜査線
The Streets of San Francisco
ヴィンセント・"ヴィンス"・ハゴピアン・Jr. シーズン1 第17話 "A Collection of Eagles"
命がけの青春/ザ・ルーキーズ
The Rookies
ファーリー シーズン2 第1話 "Cauldron"
1974 バナチェック登場
Banacek
ハリー・ハーランド シーズン2 第4話 "The Vanishing Chalice"
1974-1976 600万ドルの男
The Six Million Dollar Man
ネドリック/フレデリック・スローン 2エピソード
1975 弁護士ペトロチェリー
Petrocelli
リッチー・マーティン シーズン2 第2話 "The Mark of Cain"
1976 ロックフォードの事件メモ
The Rockford Files
デイブ・デラルー シーズン2 第16話 "A Portrait of Elizabeth"
地上最強の美女バイオニック・ジェミー
The Bionic Woman
ネドリック シーズン2 第1話 "The Return of Bigfoot: Part 2"
刑事スタスキー&ハッチ
Starsky & Hutch
ルネ・ナダシー シーズン2 第7話 "The Vampire"
ワンダーウーマン
Wonder Woman
ラドル 2エピソード
1977 特捜隊長エバース
Most Wanted
ランドール・メイソン 第18話 "The Insider"
Dr.刑事クインシー
Quincy, M.E.
チャールズ・デスカサ シーズン2 第11話 "Sullied Be Thy Name"
愛の嵐に
79 Park Avenue
ハリー・ヴィート ミニシリーズ
1978-1984 ファンタジー・アイランド
Fantasy Island
様々な役 6エピソード
1979 ハワイ5-0
Hawaii Five-O
ハリー・クライヴ シーズン11 第16話 "The Bark and the Bite"
1980 ベガス
Vegas
マイケル・ジェニングス 2エピソード
1982-1984 ダイナスティ
Dynasty
ラシッド・アーメド 6エピソード
1982-1988 Falcon Crest Tony Cumson 32エピソード
1983 探偵ハード&マック
Hardcastle and McCormick
マーティン・コーディ 2エピソード
1983-1985 特攻野郎Aチーム
The A-Team
カレム/マーティン・ジェームス 2エピソード
1984 私立探偵マグナム
Magnum, P.I.
エド・ラスラー シーズン4 第11話 "Jororo Farewell"
1984-1994 ジェシカおばさんの事件簿
Murder, She Wrote
ベルナルド・ボネリ/マルコ・ガンビーニ/ジェリー・ライデッカー 3エピソード
1987 ヒッチコック劇場
Alfred Hitchcock Presents
ガース・ディセンバー シーズン2 第9話 "The Specialty of the House"
1991 モンスターズ
Monsters
ベンジャミン・オコネル シーズン3 第16話 "待っている女"
新・夜の大捜査線
In the Heat of the Night
ダルトン・サイクス シーズン5 第4話 "Liar's Poker"
1992 ルーク&ジョリー/おいらのご主人、保安官
Lucky Luke
The Man in Black 第7話 "Magia Indiana"
1994-1995 メルローズ・プレイス
Melrose Place
ヘンリー・ワックスマン 4エピソード
1996 新・燃えよ!カンフー
Kung Fu: The Legend Continues
Straker シーズン4 第12話 "Escape"
2005 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ウォルター・ゴードン シーズン5 第24話 "CSI“12時間”の死闘: 前編"
2006 マスターズ・オブ・ホラー
Masters of Horror
ジェブ・"パ"・ジェイムソン シーズン2 第6話 "愛と欲望の毛皮"

参考文献[編集]

  1. ^ 『ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進!』(洋泉社)
  2. ^ ジョン・サクソンさん死去 米俳優」『中日新聞』、2020年7月26日。2020年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]