たてかべ和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たてかべ かずや
たてかべ 和也
プロフィール
本名 立壁 和也
(たてかべ かずや)
愛称 カベさん[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道虻田郡喜茂別町[1]
死没地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1934-07-25) 1934年7月25日
没年月日 (2015-06-18) 2015年6月18日(満80歳没)
血液型 A型
身長 175cm
職業 声優俳優
事務所 ケンユウオフィス(最終所属)
配偶者 なし
活動
活動期間 1954年 - 2015年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

たてかべ 和也(たてかべ かずや、1934年[2]7月25日 - 2015年6月18日[3])は、日本の俳優声優芸能プロモーター。本名は立壁 和也(読みは同じ)で、1970年代までは本名で活動していた。血液型はA型。設立時より死去するまでケンユウオフィス取締役を務めていた。

声優としての主な持ち役に、『ど根性ガエル』(第1作、五利良イモ太郎〈ゴリライモ〉)、『はじめ人間ギャートルズ』(ドテチン)、『ヤッターマン』(トンズラー)などのタイムボカンシリーズ、『ドラえもん』(テレビ朝日版第1期、ジャイアン〈剛田武〉)などがあった[4]

生涯[編集]

少年時代、北海道から東京都世田谷区に転居。第1期生として東京教育大学附属駒場中学校(現・筑波大学附属駒場中学校)へ入学、同高等学校を経て、日本大学芸術学部演劇学科を卒業[1]。大学時代の同級生に小林清志がいる[5]。その後劇団泉座を経て東京俳優生活協同組合に所属していた。

かつてはオフィス央という事務所を興し、社長職と声優を兼務していたが、1984年ぷろだくしょんバオバブに吸収合併される[6]堀内賢雄を見出したのはこのオフィス央時代である[1]

ぷろだくしょんバオバブに所属していた頃は、マネージャー業も務め[7]さらに常務取締役として、矢島晶子[8]水谷優子[8]折笠愛[9]、2005年以降ドラえもんの声を担当している水田わさび[10]らを見出す。特に矢島には、デビュー作から主演の『アイドル伝説えり子』を斡旋し、『クレヨンしんちゃん』も「園児の1人くらいは受かるかもしれない」とオーディションを斡旋した[8]。矢島曰く「人材発掘して育てるのが好きだったようだ」と語っており、当時青年座にいた水谷に至っては事務所が違うのに薦めていたという[8]。また、高木渉も一回だけの予定で見学に行った『ミスター味っ子』の収録現場でたてかべから「来週は来ないのか?」「1日だけの見学で何がわかる。やる気があるなら最後まで来なさい」と言われ毎週見学に行くようになり、それが1年半もの見学通いとなった。そこからガヤを演らせてもらえるようなり[11]脇役でのデビューに繋がったという[12]。堀内がバオバブから独立し、ケンユウオフィスを立ち上げてからは、たてかべも同事務所に移籍し取締役も兼務していた[1]

2005年、第14回日本映画批評家大賞で、大山のぶ代ら『ドラえもん』(テレビ朝日版)のオリジナルレギュラー陣4人とともに田山力哉賞を受賞[13]。さらに2006年11月、第11回アニメーション神戸で、同じくオリジナルレギュラー陣4人とともに特別賞を受賞。2007年3月には東京国際アニメフェア2007で、同じくオリジナルレギュラー陣4人と共に第3回功労賞を受賞[14]

アニメ作品ではどこか憎めないガキ大将な役や力持ちのキャラクター、壮年以上の役柄や人間以外の役などを担当することが多い。本人によればオーディションではなく「たてかべには、こういう役が似合う」と推薦で決められたものがほとんどだという。

ドラえもん』では、ジャイアンの声を26年間担当してきたが、キャストの高齢化による総入れ替えに伴い、2005年3月をもって降板した。降板に際したインタヴューでは、喜怒哀楽が激しく自分勝手なジャイアン役を演じるためにエネルギーがいるため、1日20本の煙草を吸い週6で酒を飲んで役に挑んでいたという。また、最後の収録を3ヶ月後に控えて「最後の録音日に足掛け26年を振りどんな気持ちになるのか。もしかしたら、泣いてしまうかもしれません」と語り、次のジャイアン役には「ジャイアンと同じ性格では、生々しくなり彼の優しさや悲しさ嬉しさを表現できないので、気持ちがやさしい人ならいいと思う」との希望を述べていた[15]。「ジャイアン役を継いでくれる人と酒を飲みたい」と考えていたため、後任の木村昴が当時現役中学生であることを知ってがっかりし、あと5年は長生きして一緒に飲みたいとも語っていたが、たてかべの念願が叶ったのは木村が20歳の誕生日を迎えてしばらくしてからであった[16]。ドラえもんの映画シリーズの監督やチーフディレクターをつとめた芝山努によると、たてかべは「汚い言葉を使わないように」と意識していたらしく「バカヤロー!」や「クソッ」などの台詞を入れると「ジャイアンはこんなこと言わない」とクレームが入ったとのこと[17]

2009年に、胃癌を患い胃を全摘出した[1][18]。この際の治療でこだわったのは、レギュラーだった『ヤッターマン』のトンズラー役をやりきることだった。この癌まで、大病がなく一度も入院した経験もなかったため、その手の事務仕事が苦手でストレスになってたかもしれないと語っていたが、マネージャーが全てやってくれたという[1]

死去[編集]

2015年6月18日午後1時49分、急性呼吸器不全のため東京都内で死去した。満80歳没[3]。たてかべは生涯独身で親族と事務所関係者が最後を看取ったといわれる。2009年の胃を全摘出後は、癌の再発はなかったものの晩年まで体調が優れず老衰のような形で亡くなったという[18]。レギュラーを務めていた『ベン10』のマックス・テニスン役がたてかべの最後の仕事であった。2015年6月19日放送のドラえもんの冒頭にて追悼テロップが流れ故人を偲んだ[19]。たてかべの訃報に際してテレビ朝日[20]や堀内の他、木村[21]、水田[22]神谷明[23]千葉繁井上和彦などがツイッターやブログ、ウェブサイトなどでその死を悼み[24]藤子・F・不二雄ミュージアムの公式ブログでも追悼コメントが掲載された[25]

たてかべの通夜は6月23日青山葬儀所で営まれ、木村や水田の他に、小原乃梨子野村道子肝付兼太よこざわけい子野沢雅子かないみか山寺宏一戸田恵子ら約900人が参列し多数の声優や関係者からの供花が贈られた。前ドラえもん役の大山のぶ代は当時患っていた認知症の悪化もあり参列できなかった。その代わりにメッセージカードを寄せたが、封を開けずに棺に入れられたため、内容は明らかにされていない。また、かないも自身のTwitterで母親の田上和枝も一緒に参列した事を語っている[26]。通夜においては、葬儀委員長の堀内により挨拶が行われ、肝付が弔辞を寄せた[27][28][29]。たてかべの長年の盟友であった肝付は阪神タイガースファンだったたてかべに「阪神は優勝圏内にいますよ。優勝するといいですね」とV祈願をし、最後はスネ夫の声で「ジャイアーン、ジャイアンのくせになぜ先に逝っちゃうんだよ」と悲痛な声を挙げた[27]。告別式は翌6月24日に同じ青山葬儀所にて営まれ、声優仲間など約600人が参列した。通夜に引き続いて肝付が弔辞を読み、「ドラえもんの26年は本当に楽しかったです。かべさんのおかげです」と感謝の言葉を述べ、スネ夫の声で「ジャイアーン!」と叫んで締めくくった[30]。また葬儀委員長の堀内も挨拶に立ち、公式サイトで「あなたの教えを忘れずに最後まで涙を見せずに見送らせていただきます。」と表明し、当初は涙をこらえていたが、最後にはたてかべの遺影に向かって「かべさーん、かべさーん」と声を震わせて叫び、「日本一の師匠でした」と涙ながらに感謝の言葉を述べた[31]。遺体には愛用の帽子とジャイアンのトレードマークであるオレンジ色のTシャツが着せられ、出棺の際には事務所の意向で白い鳥を模した風船80個が飛ばされた[32]

この告別式は、最終所属先であったケンユウオフィスが葬儀主催を務めた[28]。なお、たてかべは、先述の癌治療を受けていたときの酒の席で「葬儀は内輪でやってくれればいいから」「偲ぶ会はどうだ?」と堀内に軽い口調で言ったが、「葬儀は盛大にやるから」と言われ「俺たちって何て楽観的なんだ」と大笑いした、と存命時のインタヴューで語っていた[1]

また、ケンユウオフィスは、たてかべの死後も永劫所属という扱いで、たてかべのプロフィールを残している。

その他[編集]

プロ野球では大の阪神タイガースファンである。

後任・代役[編集]

たてかべの死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1964年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1986年

1988年

1990年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

2011年

2012年

2015年

OVA[編集]

1985年

1990年

1993年

  • タイムボカン王道復古トンズラー、ワルサー、ドンジューロー、ドワルスキー、アラン・スカドン、キョカンチン、トンメンタン)

1994年

1996年

2000年

劇場アニメ[編集]

1966年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2009年

2010年

ゲーム[編集]

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2007年

2008年

2011年

2012年

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

1973年

1976年

1978年

CD[編集]

CM[編集]

ジャイアンの声で出演

声の出演

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • ヤッターマン(実写映画版)(どくろ鮨の客)※アニメ版監督の笹川、ドロンジョ役の小原と共に顔出し出演

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

  • 爆笑活劇 パタリロ西遊記2007年(釈迦

その他[編集]

著書[編集]

演じた人物[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h スキルス胃がんの手術後も声優業を精力的に続ける声優界のベテラン、 たてかべ和也さん 「人ありてこそ、我あり」の姿勢が、がんを追い払う強運をもたらした | がんサポート 2017年2月22日閲覧
  2. ^ 『日本タレント名鑑 2012』、231項、株式会社VIPタイムズ社、2012年、ISBN 978-4904674031
  3. ^ a b 初代ジャイアン役、たてかべ和也さん死去,日刊スポーツ,2015年6月19日
  4. ^ たてかべ和也 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑”. 2012年2月28日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 【アメリア】みんなで作るインタビュー6・小林清志さん紹介編2017年2月22日閲覧
  6. ^ ぷろだくしょんバオバブ 会社概要2017年2月22日閲覧
  7. ^ 声優になる!マガジン こおろぎさとみインタヴューvol.3 2017年2月22日閲覧
  8. ^ a b c d 吹替の帝王 -日本語吹替版専門映画サイト-| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント『ホーム・アローン』矢島晶子インタビュー 2017年2月22日閲覧
  9. ^ 吹替の帝王 -日本語吹替版専門映画サイト-| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント『ホーム・アローン』折笠愛インタビュー 2017年2月22日閲覧
  10. ^ 水田わさびの声優道 1| 先輩から学ぼう! | 声優グランプリweb2017年2月23日閲覧
  11. ^ 声優になる!マガジン高木渉インタビューVol.2 2017年2月26日閲覧
  12. ^ 高木渉の声優道 1| 先輩から学ぼう! | 声優グランプリweb2017年2月26日閲覧
  13. ^ 過去の受賞作品”. 日本映画批評家大賞. 2017年2月22日閲覧。
  14. ^ 東京国際アニメフェアで功労賞発表 (3/24)”. アニメ!アニメ! (2007年3月24日). 2017年2月22日閲覧。
  15. ^ ジャイアンを担当して四半世紀、たてかべ和也に聞く。 | Narinari.com2017年2月26日閲覧
  16. ^ たてかべ和也&木村昴......新旧ジャイアンで乾杯「お待たせしました」と涙 - トレンドニュース
  17. ^ INTRO | 芝山努監督インタビュー:「ドラえもん映画祭」開催によせて2017年2月26日閲覧
  18. ^ a b さらばジャイアン 声優・たてかべ和也さん80歳で死去”. スポーツ報知 (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  19. ^ たてかべさんを「ドラえもん」で追悼 番組冒頭にテロップ”. gooニュース (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。
  20. ^ たてかべ和也さん逝去について テレビ朝日 2015年6月19日
  21. ^ 現ジャイアン木村昴「俺さまに任せてください」 日刊スポーツ 2015年6月20日
  22. ^ 水田わさび、たてかべさんに感謝 朝日新聞デジタル 2015年6月21日
  23. ^ 神谷明、たてかべ和也さん悼む…「兄弟のように接していただいた」 スポニチアネックス 2015年6月19日
  24. ^ さようなら、ジャイアン たてかべ和也さん死去に大物声優から悲しみの声続々 J-CASTニュース 2015年6月19日
  25. ^ たてかべさんのご冥福を心からお祈りいたします。 藤子・F・不二雄ミュージアム公式ブログ 2015年6月19日
  26. ^ かないみかTwitterより
  27. ^ a b “ジャイアン”通夜に仲間が続々参列 デイリースポーツ 2015年6月23日
  28. ^ a b たてかべ和也さん通夜は「楽しく送ってあげたい」と献杯に…日本代表する声優らが供花 News Lounge 2015年6月23日
  29. ^ 堀内賢雄 たてかべ和也さんは「私にとって日本一の師匠でした!」【通夜あいさつ全文】 News Lounge 2015年6月23日
  30. ^ たてかべさん葬儀 スネ夫が絶叫弔辞 デイリースポーツ 2015年6月24日
  31. ^ スネ夫が「ジャイアーン!」たてかべ和也さん葬儀 日刊スポーツ 2015年6月24日
  32. ^ スネ夫、最後の別れ「ジャイアーン!」…たてかべさん葬儀・告別式 スポーツ報知 2015年6月24日
  33. ^ 海賊王子”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  34. ^ 新造人間キャシャーン”. メディア芸術データベース. 2017年3月4日閲覧。
  35. ^ はじめ人間ギャートルズ”. メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。
  36. ^ タイムボカン”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。
  37. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  38. ^ タイムボカンシリーズ ゼンダマン”. メディア芸術データベース. 2017年1月22日閲覧。
  39. ^ ゴールドライタン”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  40. ^ タイムボカンシリーズ ヤットデタマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  41. ^ タイムボカン2000 怪盗きらめきマン”. タツノコプロ. 2016年6月11日閲覧。
  42. ^ エンドクレジットでは「たてかべ和哉」と誤表記。
  43. ^ 松本零士 オズマ”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  44. ^ ドラえもん のび太と竜の騎士”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  45. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  46. ^ ドラえもん のび太とロボット王国”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  47. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。
  48. ^ 『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』強力なライバルたち!”. ファミ通.com. 2012年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]