おれはジャイアンさまだ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おれはジャイアンさまだ!
たてかべ和也楽曲
収録アルバム ドラえもん バラエティ★ジョッキー4
リリース 1981年7月
規格 LPレコード
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
レーベル 日本コロムビア
作詞者 たてかべ和也
作曲者 菊池俊輔
ドラえもん バラエティ★ジョッキー4収録順

ジョッキー
(A-1)
おれはジャイアンさまだ!
(A-2)
ジョッキー
(A-3)

おれはジャイアンさまだ!」は、アニメ『ドラえもん』(特に2作1期)の挿入歌である。オリジナルはジャイアンのシンエイ版初代声優のたてかべ和也によって歌われた。

作詞者はたてかべ和也、作曲・編曲者は菊池俊輔

本稿では、その他のジャイアンの歌に関しても解説する。

概要[編集]

本楽曲が初めて収録されたメディアは、1981年7月に発売されたLP版『ドラえもん バラエティ★ジョッキー4』(日本コロムビア CZ-7118)[1]である。現在では『ぼくドラえもん〜ドラえもん ソング・コレクション〜』(コロムビアミュージックエンタテインメント)等で聴くことが出来る。

普通の挿入BGMとして利用されるときはインストゥルメンタル(歌なし)だが、アニメ作中においてジャイアン本人が熱唱することがある。自らを自己紹介し褒め称える、調子のいい歌詞の内容であるこの歌は、作中においてあまりの音痴さから大勢の人々を苦しめてきた、まさに気絶するほどの歌声として描写された。しかしこれを逆手に取り、強力な武器として利用された場面もある(詳細は後述)。

作中においては周囲の人間を苦しめる酷い歌として設定されているが、実際のこの楽曲は普通の歌であり、視聴者が実際に聴いて苦痛をもたらすものでもなければ、実際に歌唱することで後述のような被害が生じたり武器として機能したりするものでもない。アニメ作中においては酷い歌という演出のため、エコーをかけるなどの処理を施したものが使用される。一度、イメージライトキャップをかぶったスネツグに「もっと上手に歌えないの?」と言われ歌が上手くなったことがあるが、この時も単にエコーが外れただけである。

漫画のときは歌声は「ボエ〜」「ホゲ〜」等と表記されるか、歌詞の一部が改訂される。

2112年 ドラえもん誕生』にて22世紀の世界でドラえもんの同級生のジャイベエがこの曲を歌っている(ジャイアンと歌う部分はジャイベエに、ガキ大将の部分はロボ大将に変わっている)。また、オーディション番組の中で歌ったため、会場の観客だけでなく、視聴者まで苦しみだした。

唯一ジャイアンの歌に心から感動したのは、『のび太の南海大冒険』に登場したベティ。

なおジャイアンは35巻「真夜中にやまびこ山が!!」において自分の昼間に歌った曲を真夜中に寝ぼけて聞き、たたき起こされたこともあり「誰だ!!夜中に下手糞な歌を...」と激怒している。すぐ「俺の歌か」と気づいた。

アニメ版とCD版では歌い方が異なり、CD版はちゃんと音程に合っているが、アニメ版はたてかべが外して歌っている。

KONAMI音楽ゲームpop'n music 11』に、初代声優のたてかべ和也本人が歌うこの歌の新録音バージョンが収録された。ジャンル名表記はそのまま「ジャイアンリサイタル」。これはCD版と同様、音程は外れていないものとなっている。アーケードゲーム版においてはその後『17』まで継続して収録(『18』で削除)されたが、家庭用ではPlayStation 2版『11』のみに収録。また、『11』のオリジナルサウンドトラックCDにも収録されている。

アニメ版ではジャイアンが登場したときやジャイアンが乱暴を働く際にこの曲のアレンジBGMが流れることがある。

2004年2月にバンダイから発売された食玩CD『お菓子CD ドラえもんヒット曲集』のシークレットとしてシングルカットされている。

作中において描写された被害例[編集]

  • ジャイアンの歌声によって、画面が揺れる。また、時にはガラスが割れたり、空を飛ぶ鳥が落ちたり、入院患者が出たり、機械が故障したりもする。
  • 実際の被害例は原作の第8巻で掲載されている。ジャイアンがドラえもんのひみつ道具声のキャンデー」を服用してTVの生放送のど自慢番組「スターになろう」に出演した際、プロの歌手(原作[2]では天地真理、テレビ­アニメ第2作第1期[3]では西城謙治という架空の歌手、テレビ­アニメ第2作第2期[4]では大橋卓弥)の声で歌うつもりであったが、ドラえもんはアメの効き目が30分しか持たない事をジャイアンに知らせていなかった。このため全国ネットでジャイアンの歌声がそのまま放送され、その結果「全国各地でテレビが故障した」り、「大勢の視聴者が倒れて救急車で運ばれた」と翌日しずかやスネ夫が話している。
  • なお、このエピソードを原作としたテレビ­アニメ第2作第1期「声もんキャンディー」[5]ではオペラ歌手(声:中田和宏)の声で歌ったが、後半のストーリー展開が大幅に変更されており、テレビ出演はしなかった。
  • また、原作第10巻の「おそだアメ」の回では、リサイタルを逃れるためにのび太が「声がよくなる」と偽ってアメをジャイアンに食べさせようとしたところ、ジャイアンはそれを全て服用。音声を時間が経ってから流す作用があるこのアメの効能で、リサイタル中は歌声が全く聞こえなかったものの、真夜中になって歌声だけが原っぱに大音量で3時間も響き渡り、安眠妨害された周辺住民が集団で剛田家へ抗議に行くシーンがオチで描かれている[6]
  • さらに、ドラえもんがジャイアンの夢を叶えるべく、誰にも影響しない真夜中の番組終了後のテレビ局(あけぼのテレビ)でリサイタルを放送したところ、偶然視聴したのび太の先生が強烈な歌声に気絶してしまい、翌日は欠勤し予定されていたテストは中止となった[7]
  • その一方で後記の「驚音波発振器」のエピソードにあるとおり、ゴキブリなど衛生害虫には絶大な駆除効果を発揮する。
  • 原作第16巻ではこれらとは他に、「もしもボックス」で音のない世界を作ったにも関わらず、リサイタルでジャイアンが紙に書いた歌詞を見ただけで寒気を感じさせるという描写を見せた[8]
  • 逆に被害にならなかった例も存在する。「またもジャイアンコンサート」の回ではドラえもんが対策としてジャイアンに「アベコベマイク」を渡す。小声が大声に修正されることに喜んだジャイアンがコンサートを開くが、アベコベマイクは大声を出すと普通の声に修正されるため、結果としてジャイアンの歌声による被害を回避した[9]
  • ドラえもん のび太の恐竜』では、白亜紀に飛ばされたドラえもんたちがキャンプをした際、ジャイアンの歌声で恐竜たちが共鳴してしまい、一行は恐竜たちに追い回されてしまった。

武器・道具として利用された例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同LPには「スネ夫のうた」も収録されている。
  2. ^ 8巻収録「キャンデーなめて歌手になろう」
  3. ^ 1979年5月2日(テレビ朝日のみ)、1979年6月10日放送「キャンデーなめて歌手になろう」。このとき歌った曲は「あんたのバラード」。
  4. ^ 2006年6月30日放送「ジャイアンの甘〜い声! キャンディーなめて歌手になろう」。このとき歌った曲は「ボクノート」。
  5. ^ 1992年10月9日放送「声もんキャンディー」
  6. ^ 10巻収録「おそだアメ」
  7. ^ 31巻収録「ジャイアン テレビにでる!」
  8. ^ 16巻収録「音のない世界」
  9. ^ てんとう虫コミックス38巻に収録