ボカンですよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボカンですよ
ジャンル シューティングゲーム
ゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 バンプレ企画・イレブン
発売元 バンプレスト
メディア CD-ROM
プレイ人数 1-2人
発売日 1998年3月12日
テンプレート - ノート

ボカンですよ』は、1998年3月12日バンプレストが発売したPlayStation用の縦スクロール型シューティングゲームである。

概要[編集]

タイムボカンシリーズを題材にしたシューティングゲームの第2弾。前作『ボカンと一発!ドロンボー』同様、『ヤッターマン』の三悪・ドロンボー一味を操り、歴代シリーズの悪玉メカを使って善玉たちに戦いを挑むという内容で、基本操作とシステムも前作のものを踏襲している。

ストーリー面に前作との直接的な繋がりはないが、ドクロベエの参戦や新オリジナルメカの登場、善玉にも声優や前作で未使用の曲が起用されるようになり、プロデューサーの大山誉展によると「よけい深みにはまった感じがある」[1]

ストーリー(ノーマル)[編集]

ヤッターマンを始めとする善玉たちに「お前らみたいな悪党が正義に勝てるわけがないから諦めろ」と馬鹿にされる悪夢を見たドロンジョは、今までのリベンジのため、ボヤッキーにメカの準備、トンズラーに歴代善玉への挑戦状を送り付けることを命じた。今度こそ自分たちがシリーズ最強の三悪、そして真の主役であることを証明するため、ドロンボー一味の逆襲が再び始まる。

ストーリー(スペシャル)[編集]

ある日、ドロンボー一味の下にハンバーガーの差し入れが届いた。それはドクロベエからの指令であり、ドクロベエから歴代善玉を倒すよう言われ、成功すればタイムボカンシリーズの主役として大々的に売り出してやると約束される。

途中、ドクロベエの厳しい特訓を交えながらも、困難の末ついに全ての善玉を倒すことに成功したドロンボーだったが、実はこの指令は全て自身がタイムボカンシリーズの主役になろうと企むドクロベエの策略であった。今回もドクロベエにいいように利用されたドロンボーは、騙された怨みを晴らすため、ドクロベエの秘密基地に殴り込みをかける。

ゲームモード[編集]

ノーマルゲーム
ドロンボー一味が独自に善玉に挑戦するモード。難易度は低め。
スペシャルゲーム
ドロンボー一味がドクロベエの指令を受けて善玉に挑戦するモード。難易度は高い。
オプション
各種設定を決める。ゲーム内のビジュアルアニメも閲覧できる。

悪玉メカ[編集]

自機はステージごとに選択する。一度選択した機体は次のステージでは整備中となり、連続して選ぶことはできない。

タイムガイコッツ(登場作品:タイムボカン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ゴリラガイコッツ
シャレコーベメカ(登場作品:ゼンダマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:チャンバラン
アンドロメダマ号(登場作品:タイムパトロール隊オタスケマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ひょっとこの顔メカ
タイムラクーダ(登場作品:ヤットデタマン
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ベースボールマシン
シャレコーベバギー(登場作品:逆転イッパツマン
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:イルミナー
デンデンメカ(登場作品:イタダキマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:馬メカ
チャリンコ(おしおき三輪車)(登場作品:ヤッターマン
ドクロ爆弾が装着されている状態、もしくは悪玉メカのシールドエネルギーが0の状態で攻撃を受けるとこの形態になる。一応はショットを前方にのみ撃てて、×ボタンでジャンプして攻撃を回避可能だが、一撃でも攻撃を受けると戦闘不能となる。

ゲームオリジナル[編集]

ドロンジョカー
前作から引き続いて登場。前作と違い、今回は3機ともゲーム開始時から選べる。
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ロボット形態
ボヤッキーカー
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ロボット形態
トンズラーカー
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ロボット形態
ドクロベエカー
スペシャルステージクリア後に使用可能。
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ロボット形態
ドクロベエメカ
スペシャルゲーム最終面に登場する本作のラストボスであり、ドクロベエの姿を模した超巨大ロボット。
絶大な攻撃力を持っており、巨大な腕を振るってパンチか横方向へのレーザー攻撃を繰り出し、両肩から放つサーチライト型レーザー、胸部から伸びる触手・額のドクロマーク・両肩・腹部・指から放つ多彩な弾幕で相手を寄せ付けない。
ふくろうメカ
スペシャルゲームエンディングのアニメパートに登場。前作(完璧版)OPに登場したドロンボー専用のフクロウ型飛行メカで、会話能力を持ち、名古屋弁をしゃべる。
自爆したドクロベエ秘密基地から脱出したドロンボーを迎えに来たが、帰ろうとした途端、ドロンボーが倒したと思っていたヤッターワンFZに破壊されてしまう。
ドクロベエの人工衛星
スペシャルゲームエンディングのスタッフロールが終わった後のアニメパートに登場。ドクロを模した形状をしており、地球衛星軌道上を周っている。
ドクロベエはドロンボーに敗北したことは認めたものの、主人である自分に刃向かったのは許せないとしておしおきを敢行。おしおき三輪車でアジトに帰る途中の3人めがけて衛星からミサイルを発射した。

ステージ構成[編集]

ステージタイトル ステージ BGM(インストゥルメンタル) 中ボス、大型敵 ボス
鷹は舞い戻った

だコロン

ステージ1(vsヤッターマン) 「―さんあく18年―君を離さない チュッ☆」(道中)

「ヤッターマンの歌」(中ボス)

「ヤッターキング」(ボス)

ヤッターワン 

ヤッターペリカン

ヤッターアンコウ

ヤッタードジラ

ヤッターブル

ヤッターヨコヅナ

ヤッターパンダ&コパンダ

合体ゾロメカ

ヤッターキング
眠らぬ森の

ドロンボーだよ

ゼンダマン

ステージ2 (vsゼンダマン&オタスケマン) 「ドロンボーのなげき唄」(道中)

ゼンダマンの歌」(中ボス)

「オタスケマンの歌」(中ボス~ボス)

ゼンダライオン

ゼンダゴリラ

ゼンダワン

ゼンダコトラ

オタスケサイ

オタスケキンタ

オタスケウータン

ゼンダモグラ

ゼンダビーバー

ゼンダシロクマ

オタスケガエル

オタスケダヌキ

オタスケアシカ
戦場にかける、

おだてブタだコロン!

スペシャルステージ (vsおだてブタ) 「おだてブタ」(中ボス~ボス) 巨大おだてブタ

ブタ戦車

ヤッターブタ
巨大勇者と

異次元ランデブー!

ステージ3 (vsヤットデタマン&逆転イッパツマン) ドロンボーのシラーケッ」(道中)

「ヤットデタマンの歌」(中ボス)

「嗚呼!逆転王」(中ボス)

「逆転イッパツマン」(ボス)

逆転王 

大巨神(大馬神)

大天馬

タイムカーゴ

リリーフドン

トッキュウマンモス

三冠王
ボカンと登場!

元祖タイムメカだペッチャ

ステージ4(vsタイムボカン&イタダキマン) ドクロベエさまに捧げる歌(道中1、3)

ドロンボーのシラーケッ」(道中2)

「タイムボカン」(中ボス)

「いただきマンボ」(ボス)

メカブトン

クワガッタン

ペリギン

ワンガルー

ドタバッタン

カブトゼミ
正義の切り札!

ヤッターワンFZだコロン

ステージ5(vsタイムボカン王道復古 「空からブタが降ってくる」(道中)

ヤッターキング」(中ボス)

「ヤッターマンの歌」(ボス)

ヤッターゾウ

チョロ坊

オモッチャマ

アマッタン

ヒネボット

ダイゴロン

2-3

オモンキ

オタスケサンデー号

ヤッターワンFZ
驚き決戦!

影の支配者ドクロベエ

ステージ6(vsドクロベエ) 「悪役ドアが開く」(道中)

「天才ドロンボー」(ボス前)

ドクロ矢伏間 

サイバンマシーン 

巨大どっちらけドクロ

ドクロベエメカ

アイテム[編集]

ドロンボーマーク
武装がレベルアップ(最高4段階まで)。
ヤッターマーク
武装がレベルダウン。
ドンファンファン伯爵
武器のレベルがMAXまで上がる。
ジュジャクの羽根
シールドエネルギーが全回復。
ペラ助
シールドエネルギーが少し回復。
ゲキガスキー
チャリンコ(おしおき三輪車)から悪玉メカに戻る。
ニャラボルタ
一定時間高速で移動できるようになる。
隠球四郎
フィールド上の敵弾を消し、さらに敵機体にダメージを与える。
ダイナモンド
高得点ボーナス。時間が経つと獲得できる点数が低下していく。
ドクロストーン
99個集めると巨大メカに変身。
金のドクロストーン
ドクロストーン5個分。
命のもと
クレジットが1つ増える。

アニメ制作スタッフ[編集]

  • 監督・コンテ:笹川ひろし
  • 演出:原征太郎
  • ゲストメカデザイン:小川浩
  • 作画監督:井口忠一
  • 原画:佐久間信計、佐久間しげこ、木場田実
  • 動画チェック:李裁束
  • 動画:韓一動画
  • 色指定:飯島孝枝
  • 仕上:韓一動画、カラーセンター
  • 美術監督・背景:多田喜久子
  • 撮影監督:横山幸太郎
  • 撮影:横山正彦、武川昌志、相沢健四郎
  • 編集:三木幸子
  • 現像:東京現像所
  • 音楽:神保正明山本正之
  • 効果:加藤昭二(アニメサウンドプロダクション
  • 録音制作:ザックプロモーション
  • 録音スタジオ:整音スタジオ
  • 制作管理:柴田勝
  • プロデューサー:大倉宏俊
  • 制作:竜の子プロダクション

声の出演[編集]

主題歌[編集]

『ボカンと一発!ドロンボー』
作詞・作曲:山本正之 編曲:神保正明 歌:山本まさゆき コーラス:ピンク・ピッギーズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Darts編「ゲーム 大山誉展」『タイムボカン大全』ソフトバンク、1997年9月29日、ISBN 4-7973-0366-2、63頁。