ボカンですよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボカンですよ
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 イレブン
発売元 バンプレスト
人数 1 - 2人
発売日 1998年3月12日
テンプレートを表示

ボカンですよ』は、1998年3月12日バンプレスト(旧法人)より発売されたPS用ソフト。ジャンルはシューティングゲーム

前作『ボカンと一発!ドロンボー』同様にタイムボカンシリーズの悪役・ドロンボー一味が主人公、ヒーローが敵側となっている。

概要[編集]

ヤッターマン』の3悪・ドロンボー一味を操り、歴代の善玉に戦いを挑むシューティングゲーム第2弾。

前作『ボカンと一発!ドロンボー』と直接の繋がりはないが、ドクロベエの参戦やオリジナルメカの登場。善玉にも声優や前作で未使用の曲が起用されるようになり、プロデューサーの大山誉展によると「よけい深みにはまった感じがある」[1]

ストーリー[編集]

ヤッターマンを始めとする善玉達に「お前達みたいな悪党が正義に勝てるわけがないから諦めろ」と馬鹿にされる悪夢を見たドロンジョは前作のリベンジの為、ボヤッキーとトンズラーに挑戦状を歴代善玉に配らせた。今度こそ自分達が最強の真の主役であることを証明する為、ドロンボー達の逆襲が再び始まる。

スペシャルモードでのストーリー[編集]

ある日、ドロンボー達のところに1個のハンバーガーの差し入れが届いた。それはドクロベエからの指令であった。ドクロベエから歴代善玉を倒すよう言われ、成功すればタイムボカンシリーズの主役にしてやると約束される。途中、ドクロベエの厳しい特訓もあったが困難の末、ついに全ての善玉を倒す事に成功したドロンボーだったが実はこの指令は全てドクロベエが自分自身が主役になる為に策略であった。今回もドクロベエに良い様に利用されたドロンボーは今までの騙された怨みを晴らす為、ドクロベエの秘密基地に殴り込みをする。

ゲームモード[編集]

ノーマルゲーム
ドロンボー一味が独自に善玉に挑戦するモード。難易度は低め。
スペシャルゲーム
ドロンボー一味がドクロベエの指令を受けて善玉に挑戦するモード。難易度は高い。
オプション

悪玉メカ[編集]

自機はステージごとに選択する。一度選択した機体は次のステージでは整備中となるため連続して選ぶことは出来ない。

タイムガイコッツ(登場作品:タイムボカン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ゴリラガイコッツ
シャレコーベカー(登場作品:ゼンダマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:チャンバラン
アンドロメダマ号(登場作品:タイムパトロール隊オタスケマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ひょっとこの顔メカ
タイムラクーダ(登場作品:ヤットデタマン
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ベースボールマシン
シャレコーベバギー(登場作品:逆転イッパツマン
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:イルミナー
デンデンメカ(登場作品:イタダキマン
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:馬メカ
ドロンジョカー
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ロボット形態
ボヤッキーカー
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ロボット形態
トンズラーカー
ドクロ爆弾:投下型
巨大メカ:ロボット形態
ドクロベエカー(オリジナル)
スペシャルステージクリア後に使用可能。
ドクロ爆弾:射出型
巨大メカ:ロボット形態
チャリンコ(登場作品:ヤッターマン
ドクロ爆弾が誘爆するとこの形態になる。×ボタンでジャンプして攻撃を回避可能だが、一撃で戦闘不能となる。

ステージ構成[編集]

ステージ1 鷹は舞い戻った、だコロン
ステージ2 眠らぬ森のドロンボーだよ、ゼンダマン
ステージ3 巨大勇者と異次元ランデブー!
ステージ4 ボカンと登場!元祖タイムメカだペッチャ
ステージ5 正義の切り札!ヤッターワンFZだコロン
スペシャルステージ 戦場にかけるおだてブタだコロン
ラストステージ 驚き決戦!影の支配者ドクロベエ

アイテム[編集]

ドロンボーマーク
武装がレベルアップ(最高4段階まで)。
ヤッターマーク
武装がレベルダウン。
ドンファンファン伯爵
武器のレベルがMAXまで上がる。
ジュジャク
シールド全回復。
ペラ助
シールド小回復。
ゲキガスキー
チャリンコから機体復活。
ニャラボルタ
一定時間高速移動(ターボ)ができる。
隠球四郎
フィールド上の敵弾を消し、さらに敵機体にダメージを与える。
ダイナモンド
高得点ボーナス。時間が経つと獲得できる点数が低下していく。
ドクロストーン
変身に必要なアイテム。
金のドクロストーン
ドクロストーン5個分。
命のもと
クレジットが1増える。

アニメ制作スタッフ[編集]

  • 監督・コンテ:笹川ひろし
  • 演出:原征太郎
  • ゲストメカデザイン:小川浩
  • 作画監督:井口忠一
  • 原画:佐久間信計、佐久間しげこ、木場田実
  • 動画チェック:李裁束
  • 動画:韓一動画
  • 色指定:飯島孝枝
  • 仕上:韓一動画、カラーセンター
  • 美術監督・背景:多田喜久子
  • 撮影監督:横山幸太郎
  • 撮影:横山正彦、武川昌志、相沢健四郎
  • 編集:三木幸子
  • 現像:東京現像所
  • 音楽:神保正明山本正之
  • 効果:加藤昭二(アニメサウンドプロダクション
  • 録音制作:ザックプロモーション
  • 録音スタジオ:整音スタジオ
  • 制作管理:柴田勝
  • プロデューサー:大倉宏俊
  • 制作:竜の子プロダクション

声の出演[編集]

主題歌[編集]

『ボカンと一発!ドロンボー』
作詞・作曲:山本正之 編曲:神保正明 歌:山本まさゆき コーラス:ピンク・ピッギーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Darts編「ゲーム 大山誉展」『タイムボカン大全』ソフトバンク、1997年9月29日、ISBN 4-7973-0366-2、63頁。