うえだひでひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うえだ ひでひと(本名:植田 秀仁(読みは左記と同一)、1953年11月3日 - 2015年6月28日)は、日本男性アニメーション監督。「植田 秀仁」「ウエダ ヒデヒト」「綴爆(すぴるばく=スピルバーグのもじり)」「舞刀満」「鳥南乃」名義での活動もある。山梨県出身。

経歴・人物[編集]

漫画家志望で、國學院大學在学中の1975年11月7日に研修生としてタツノコプロへ入社。作画も志望ではあったが、翌年3月に大学を卒業して正社員採用されると、演出部へ配属、同時採用の真下耕一と共に『タイムボカン』班の演出助手(第33話「ビックリ! 天女は宇宙人だペッチャ」)を務めることとなり、これがキャリアのスタートとなる。

同期の真下耕一、西久保瑞穂や2年遅れて入社した押井守らと「タツノコ四天王」と呼ばれ、演出部長の笹川ひろし総監督の下で『科学忍者隊ガッチャマンII』の演出を共同で担当した。以後、スタッフの流出が相次いだ1980年代のタツノコプロを演出家として支えたが、1987年にフリーに転じる。

その後も演出家として敏腕を振るっていたが、2015年6月30日の小山高生の公式サイトで、1年半前から体調を崩して闘病生活に入っており、癌のため同月28日に逝去したことが公表された[1]。享年61。

エピソード[編集]

『逆転イッパツマン』に登場する国分寺の屋台「うえだ屋」の親父のモデル。

パチスロ貴族 銀』の題字も書いている。

参加作品[編集]

※特に表記がないものは、うえだひでひと名義での参加。

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ うえだひでひと 逝く!!|ぶらざあのっぽ公式ホームページ - ウェイバックマシン (2016年3月15日アーカイブ分)