中村光毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 光毅(なかむら みつき、1944年4月7日 - 2011年5月16日[1])は、東京都出身のアニメーション美術監督メカニックデザイナーイラストレーターデザインオフィス・メカマン主宰。

経歴・人物[編集]

中学卒業後、東映動画に入社。1964年にはタツノコプロに入社、美術監督やメカニックデザインを歴任。1976年大河原邦男と「デザインオフィス・メカマン」を設立。以後は美術に専念するようになる。『機動戦士ガンダム』、『風の谷のナウシカ』などの作品で美術監督を務める。

メカニックデザイナーとしての代表作は、『科学忍者隊ガッチャマン』の科学忍者隊側メカ(ゴッドフェニックス他)や、『マッハGoGoGo』のマッハ号など。特にマッハ号は中村デザインのものこそが「原点にして頂点」とする向きもあり、海外でも非常に人気が高い。但し光毅本人はマッハ号のデザインについて「画面での見栄えや描きやすさを優先し、面の繋がりを深く考えずにデザインしてしまった」(=実際に立体化する時に独自の解釈やアレンジが必要になる)とコメントしている。

伝説巨神イデオン』では四条徹也のペンネームを使用したが、これは当時、『ニルスのふしぎな旅』の美術監督も担当しており多忙を極め、光毅曰く「始終徹夜をしていたから」付けたとの事。始終徹夜=“しじゅうてつや”を捩って“しじょうてつや”となった訳である[2]

2011年5月16日、口腔癌のため東京都内の自宅で死去。67歳没[1]

参加作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

著書[編集]

  • 『メカマン・アートワークス 中村光毅の世界』(岡田有章との共著、メディアワークス、2001年11月5日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:アニメーション美術監督の中村光毅氏死去
  2. ^ 『ガンダム者』(講談社)より
  3. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]