コスモタイガーII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コスモタイガーII(コスモタイガー ツー)は、SFアニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に登場する、架空の宇宙戦闘機。デザイン担当は松本零士(原案デザイン)、宮武一貴(単座タイプと三座タイプ)、板橋克己(その他の機体)。本記事では、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』に登場するコスモタイガーIについても記述する。

凡例[編集]

本記事は文中に作品名が多く登場するため、冒頭の本節に便宜上のシリーズ名および作品略称をあらかじめ明記する。

基本設定[編集]

通称「コスモタイガー」。『さらば』から『完結編』までの全作品に登場する。

ブラックタイガーの後継型として採用された地球防衛軍の主力宇宙戦闘攻撃機である。最も多く登場する「単座タイプ」のほか、単座タイプを改良して総合性能と攻撃力を上げた「新コスモタイガー」[要出典]、複座のキャノピーに1人用銃座を備えた「三座タイプ」、三座タイプを元にした「雷撃機」が存在する。

機体外観の分類としては無尾翼デルタに属し、水平尾翼が無いのが特徴である。全長に対し全幅がかなり小さく、また2つのデルタ状垂直尾翼も極めて背が低い。主翼は内翼と外翼で構成され、極めて小型・小面積である。外翼には下反角がついている。本機の後継機であるコスモパルサーにも本機の機体構成を受け継ぎ、発展させた設計が採用されている[要出典]

エンジンは2基搭載[注 1]で、大気圏内外で両用可能。また本機はノンオプションのままの単体で大気圏離脱が可能[注 2]なほどの高推力を誇る。補助ノズルを機首部に左右下1基ずつ計3基、底部には左右に縦に2基の計4基を配置している。

劇中では主にヤマト艦載機として活躍しているが、月面基地(『さらば』、『ヤマト2』第5話)や木星基地(『ヤマト2』第18話)、地球本土基地(『永遠に』)などのように地上基地での運用もされている。その後、『復活篇』までの間に、後継機であるコスモパルサーに取って代わられ、退役した。デスラーもその性能を高く評価していたようで、ガルマン・ガミラス帝国時代に本機に似た設計思想の戦闘機「ゼーアドラーIII」を開発・配備している[1]

劇中では戦闘班の古代進やコスモタイガー隊員のみならず、工作班の真田志郎(『ヤマト2』第20話)や空間騎兵隊の斉藤始(『ヤマト2』第9話)が操縦したこともあり、アナライザーも『ヤマト2』第12話・第20話で三座タイプに同乗したことがある。

作画面では、アニメーターの金田伊功によって特撮を意識して勢いを強調したアクションシーンが描かれている[2]。『さらば』にみられる、カメラアングルの動きを計算に入れてディフォルメされたコスモタイガーIIは「猫背の飛行機」とも形容されている[2]。『永遠に』以降は、機首部が長く強調されたパースで描かれることが多くなり、動きもより多彩になっていった[要出典]

テーマBGMとして「新コスモタイガー」「FIGHT II」「FIGHT!コスモタイガー」「FIGHTコスモタイガーII」などが作曲されており、ヤマトシリーズの航空機としては2015年現在においてももっともBGMが多く作曲された機体である。特に「新コスモタイガー」は、コスモタイガーが登場しない『復活篇』『2199』においてもアレンジされ使用されている。

バリエーション[編集]

単座タイプ[編集]

機体諸元
全長 17.4 m[3]
(17.1 m)[注 3]
全幅 8.2 m[3]
全高 3.2 m
総重量 18.5 t
乗員 1名
武装 30mmパルスレーザー機関砲×8門(機首)[3]
12.7mm実体弾機関砲×10丁(翼内)[3]

『さらば』から『ヤマトIII』にまで登場する1人乗りのコスモタイガー。

機首下にアンテナを1本備える。ハードポイントは翼下に左右1か所ずつ、胴体下中央に1か所と胴体下両端に1か所ずつの計5か所である。本機専用ミサイルも設定されている[6]が、増槽とデザイン・塗装が酷似していることから作画の際に混同されることも少なくはなく、『ヤマト2』までは一応明確に区別されていたものの、『永遠に』以降の作品ではこの「ミサイル」は姿を消し、代わりに「増槽」がミサイルとして扱われるようになっている。

固定武装として、機首部に30mmパルスレーザー機関砲を左右に4門ずつ計8門と、主翼に12.7mm実体弾機関砲を左右に5門ずつ計10門備える。しかし、劇中では機首部から実体弾を出すシーン(『ヤマトIII』第9話・第25話)があるなど、描き分けはなされていない。キャノピー後部にエアブレーキスラスターを1基備える。

塗装は灰色を基調とし、機首上面からキャノピー前部にかけて黒色に塗られ、機首・増槽・ミサイル先端、エンジンノズル部分がオレンジとなっている。山本明率いる山本隊の機体は、オレンジの部分を黄色に塗っている。

三座タイプ[編集]

機体諸元
全長 17.4 m[6]
全幅 8.2 m[6]
全高 3.2 m
乗員 3名(キャノピーに2名、銃座に1名)[7]
武装 30mmパルスレーザー機関砲×6門(機首)[6]
12.7mm実体弾機関砲×6丁(翼内)[6]
20mm2連装パルスレーザー銃座×1基(胴体背部)[6]

『さらば』『ヤマト2』『永遠に』に登場。「戦闘爆撃機タイプ」と呼ばれることもある[8]、3人乗りのコスモタイガー。内訳は機首キャノピーに2名、胴体背面の回転銃座に1名である[7]

機首下のアンテナが単座タイプの1本に対して2本であり[7]、胴体下部のハードポイントは2か所のみ(中央部のものが無い)[6]。固定武装は背面に20mm2連装パルスレーザー旋回機関砲を1基備えるが、機首部の30mmパルスレーザー機関砲が左右3門ずつ計6門に、主翼の12.7mm実体弾機関砲が左右3門ずつ計6門に減らされている。尾翼は引き込み式で、回転銃座の射界を妨げないようにしている[6]。塗装は単座タイプに準ずる。

『さらば』では、古代操縦の本機に真田が同乗してカタパルト発進し、他機にも空間騎兵隊隊員が同乗して多数が都市帝国へ突入する。真田と斉藤によって動力炉に爆弾がセットされた後、残っていた1機が古代の操縦により加藤三郎を乗せて都市帝国を脱出したが、加藤は後部銃座で戦死していた。『ヤマト2』第25話では、突入シーンで古代と真田の乗る機体がコスモゼロに変更され、脱出シーンでは加藤操縦の三座タイプに古代と真田が乗り、操縦席で加藤が息絶えている。『永遠に』でも登場するが、地球の第7有人機基地に駐機されているところを暗黒星団帝国軍戦闘爆撃機に破壊されただけで、活躍シーンはない。

雷撃機[編集]

機体諸元
全長 不明
全幅 不明
全高 不明
乗員 不明
武装 20mm2連装パルスレーザー機銃座×1基[7]
大型対艦ミサイル×2発[7]
対艦ミサイル×2発[7]

『ヤマト2』第20話にのみ登場。三座タイプのバリエーション機。「CT-II改 雷撃機(コスモタイガーII改雷撃機)」と呼ばれる[要出典]

機首が短く切り詰められており、機首部のアンテナもない[7]。胴体部両端のハードポイントに大型の対艦用ミサイルを2発、翼下のハードポイントに小型のミサイルを2発懸吊する[7][9]。胴体背面に装備された自衛用の20mm2連装パルスレーザー旋回銃座以外は固定武装は無く、空戦能力は低い[7]。機体は赤茶色系を基調としており、機首上面からキャノピー手前にかけて黒色に塗られ、機首・増槽・ミサイル先端、エンジンノズル部分が黄色となっている。

劇中では主力戦艦改造の宇宙空母に搭載されており、フェーベ沖で出撃。古代搭乗のコスモゼロの指揮下に入ってヤマト艦載のコスモタイガーと交代し、白色彗星帝国軍の空母を多数葬る。なお、古代は本機を「急降下爆撃機」と呼んでいる。

新コスモゼロ 古代機[編集]

『永遠に』『ヤマトIII』においてコスモゼロに代わり登場した古代用コスモタイガー。設定画[要出典]には「新コスモゼロ 古代機」と記載されているが、劇中でそう呼ばれることは無かった。

胴体は単座タイプと同一だが、増槽・ミサイルの設定が改定されている。『さらば』『ヤマト2』でのミサイルの代わりに、増槽とほぼ同形状だが、尾部が切り落とされて推進ノズルになっているデザインのミサイルが新たに設定されている[10]。また、胴体下左右のハードポイントに設置されたパイロンが、1つあたり2発ずつミサイルを搭載可能に変更されている[10](劇中では、従来の単座タイプと描き分けはできていない[注 4])。

また、識別のために垂直尾翼がオレンジ色に塗装されている。当初は古代機専用のエンブレム(大鷲、または鷹が翼を広げた図)が考案されていたが、不採用となった[11]

その後、この機体の名称は「新コスモタイガー」へ変更されている。[要出典]

劇中では黒色艦隊前線補給中間基地を攻撃するため、コスモゼロと同じくカタパルトから出撃し、他のコスモタイガーを率いている。『ヤマトIII』では、第2話でヤマトのカタパルト上で古代が本機を整備しているシーンがあるが、その後は登場しなかった。

新コスモタイガー[編集]

単座タイプのバリエーション機。上記の新コスモゼロと同一の機体。[要出典]『ヤマトIII』の第4話と第5話において、通常の単座タイプに混じって本機が複数描かれている。

『完結編』においてはカラーリングが変更され、機体上面を濃緑色、下面を明灰白色とする、いわゆる旧日本海軍機色となり、機首先端および機首下アンテナとキャノピーの縁、エンジンノズル上部が黄色に塗装されている。機首上面からキャノピー背面にかけてが白色で、加藤四郎の機体は垂直尾翼も白く塗られている[注 5]。翼下のミサイルは海軍色に、胴体下両端のミサイルは灰色を基調として先端部分を紺色に塗られるなど、両者の区別がされている。『完結編』では旧来の単座タイプに代わってこの仕様のコスモタイガーが配備されている。

なお、『完結編』では作画ミスにより、冥王星会戦で古代が乗るコスモゼロのキャノピーをアップで映すカットの一部が新コスモタイガーのカラーリングとなっている。

PSゲームシリーズ[編集]

『PS版さらば』『イスカンダルへの追憶』『暗黒星団帝国の逆襲』『二重銀河の崩壊』に登場する。

本シリーズでは、「一式艦上戦闘攻撃機」という正式名が与えられている[注 6]。西暦2201年に正式採用された最新鋭機で、『PS版さらば』での初登場の時点では、月面司令部航空隊に配備されたばかりとされている[12]

単座型[編集]

機体諸元
全長 17.4 m[13]
全幅 8.2 m[13]
全高 3.2 m[14]
総重量 18.5 t[14]
武装 30mm八連装パルスレーザー機関砲(機首)[12]
12.7mm実体弾機関砲×10丁(主翼)[12]
対艦ミサイル[12]
収束爆弾[12]

上記の全作品に登場する。単座タイプをリファインした機体。リデザイン担当は宮武一貴[15]

全体的に平べったく、機首やミサイルなどは断面がひし形状になる形となっている。諸元値はアニメ版と同じ[13]

リデザインするにあたっては、ステルス要素を少し取り入れている[15]。時代の流れとして最新技術を取り入れたデザインにしようとしたというのが理由だが、ゲームとの相性の良さというもう1つの理由もある[15]。元々3Dのゲームにおいては、キャラクターやメカなどがポリゴンで描写されるため、データ量を抑えるのには平面を組み合わせた多面体構成が有用であり、一方でステルス機の形状も、レーダーの反射を抑えるためひし形の平面を組み合わせた構成になっている[15]。そのため、ステルスとゲームは親和性が高いと宮武が判断し、本機のデザインを大胆にアレンジすることにつながった[15]

複座型[編集]

『PS版さらば』に登場する。アニメ版での三座タイプに相当する機体。

ストーリー07「カストル宙域」[16]や、ストーリー20「地球圏・対都市帝国戦」[17]におけるムービー中に登場する。

ただし、複座型が画面上にはっきり登場するのは、ストーリー20での都市帝国からの脱出時のプリレンダムービー中のみで、他のシーンにおけるゲーム用3Dモデルや背景CGは単座型(機首下のアンテナが1本のみ)のものが使われている。また、当該ムービーで映る複座型のデザインはアニメ版三座タイプのものをほぼそのまま流用している[注 7]ため、劇中における機体の外観が単座型とは異なる。

早期警戒型[編集]

『二重銀河の崩壊』に登場する。ゲームオリジナル機。デザイン担当は宮武一貴[18]

ステージ06「深淵の2人」限定のプレイヤーユニット。複座型をヤマト艦内で改造した機体で、型式名称は「一式艦攻改・複座艦上偵察機」。

機首部にアンテナや偵察カメラが追加され、主翼の先端も矢印状のアンテナになっている[18]。また、円盤状のレドームを上部と下部に取り付けており、上部の方は必要があれば分離可能となっている[18]。武装は、機首や翼部の機関砲が減らされている一方、背面に三連装の回転砲塔を装備している[18]。コックピットの後部座席は後ろ向きになっている[18]

なお、劇中に登場したものとは別に、主翼先端のアンテナの形状が異なり、上部の円盤状レドームが無く、代わりに垂直尾翼部分が起倒式レドームになったデザインの機体も描かれている[18]

リメイクアニメ[編集]

『2199』の続編である『2202』に登場する。

コスモファルコンの後継機[19]。「波動砲艦隊計画」の一環である「次期主力艦載戦術戦闘攻撃機計画(CT計画)」における競争試作第II案[20]として開発され、制式採用された機体[21]

本作では「1式空間戦闘攻撃機」という制式名称が追加された[22]。「コスモタイガー」という名称は、「CT (Cosmo Tactical) 計画」の「CT」に「Cosmo Tiger」を当てた通称とされている[21]

単座タイプ(リメイクアニメ)[編集]

機体諸元
全長 16.6 m[23][24][21]
全幅 8.8 m[21]
全高 2.9 m[21]
主機 複合輻流式コスモエンジン×2基[23][24][21]
乗員 1名[21]
武装 30mmパルスレーザー機関砲×8門[22][21]
12.7mm機関銃×10丁[22][21]
多弾頭ミサイル[25]

コスモタイガーIIの基本タイプ[注 8]。デザイン担当は玉盛順一朗[26]

キャノピーの窓の色が緑に変更された以外には、デザインに大きな変更はない。ただし、両側の半透明パーツ内部や機尾のエンジンノズル部分などは機能面での設定がより詳細に詰められている[27]。また、旧作で設定が曖昧だった機体下部の装備に関しては、翼下のものはミサイル、胴体下のタンク状パーツはコスモゼロにも搭載されている「高機動ユニット」と設定されている[28]

当初から派生型が考慮された設計となっているという設定が追加されている[22]。ユニットを懸架した起伏の多いデザインも、ステルス性を重視して武装を内装式にしたコスモファルコン[29]とは対照的に、「汎用性を重視して大型兵装を外装式とした」と理由付けされている[21]。デザインした玉盛は「通常のステルス機能をもつコスモファルコンに対し、コスモタイガーIIはアクティブステルスのため、機体形状が先祖返りした」と考察している[30]

本機は通常のCGモデルのほか、上述の金田伊功のパース画へのオマージュ版「バージョンK」が存在する[31][24]。通常モデルよりも猫背で機首の長いモデルで、通常モデルからモーフィング(あるモデルから別のモデルへ、間の形状を補完しつつ変形させること)させることでパースを再現できるようになっている[32]

雷撃型三座タイプ[編集]

機体諸元
全長 16.6 m[33]
全幅 8.8 m[33]
全高 2.9 m[33]
主機 複合輻流式コスモエンジン×2基[33]
乗員 3名[33]
武装 30mmパルスレーザー機関砲×8門[33]
12.7mm機関銃×6丁[33]
動力銃塔×1基[33]
空間魚雷×2発[33]

コスモタイガーIIの派生タイプ。

雷撃に特化したタイプで、機体下面に大型の空間魚雷を2発懸架している[33]。固定武装は、パルスレーザー機関砲の装備箇所が機首から機体下面に移動し、背面に動力銃塔が追加されている[33]

乗員も3名に増えており、コックピットが複座で、さらに動力銃塔に銃手として1名搭乗する[33]

本編第二章(第3話 - 第6話)公開頃の解説では、設計のみ完成しており、データ上のみの存在で実際の製造はまだされていないとされている[33]。劇中で初登場するのはシリーズ後半の第17話で、空母アンタレスの艦橋部の甲板上に2機映っている。

第22話では改装を受けたヤマトに単座型に代わって搭載されている。改修されたのか、別の機体を載せ替えたのかは不明。沢村によると、操縦席が複座になって狭くなったが、単座型より扱いやすいとのこと。

なお、カラーリングは、プラモデル組立書の画[33][34]では単座タイプと同色だが、劇中では旧作の雷撃機と同じように茶色となっている。

その他バリエーション・派生装備[編集]

玉盛のアイデアにより、上部にレドーム、下部に探査プローブを装備した「彗星探査機」や、主翼先端から翼がさらに上下に広がり、対地ミサイルを12発装備した「対要塞攻撃機」とったバリエーション機のラフも描かれている[25]。この2つを基にした機体は劇中にも背景として登場しており、第17話でアンタレスの甲板上に映っている。ただし、彗星探査機はレドームやプローブを装備している点や機首の機関砲が無い点などラフ画の要素が多く残っているが、対要塞攻撃機は単に多弾頭ミサイルをラフ画と似た配置で12発装備しているだけとなっている。

オプション装備として、「ワープブースター」という大型の長距離飛行用ユニットも設定されている[35]。往復分となる2回のワープが行える使い捨てのブースターで、機体の2倍ほどの全長があり、大きな推進ノズルを2つ備えている。第5話で加藤三郎の単座型が使用してヤマトに合流し[20]、その後ヤマト艦内で保存されていたところ、第13話で空間騎兵隊2式空間機動甲冑を取りつかせ、テレザートに強行突入するのに使用される[36]

コスモタイガーI[編集]

機体諸元
全長 26.3 m[22]
主機 軸流式コスモエンジン×2機[22]
武装 小型ミサイルポッド(24発内蔵)×24基[22]
大型ミサイルポッド(6発内蔵)×2基[22]
ビームカノン×2基[22]

『2202』に登場する。デザイン担当は小林誠[37]

制式名称は「試製艦載戦術戦闘攻撃機」[22]。地球軍の次期主力機として競合試作された機体だったが、豊富な武装を搭載するための大型な形状と、操縦の困難さから艦載機としては採用を見送られた[22][注 9]。しかし、その後月面基地で試験運用されており、山本玲が後進育成のための愛機としている[22]

機体形状は主翼を2つ持つ複葉機で、機体本体から上翼、機体の下方へ大きく伸びた垂直翼の途中から下翼が出ている。上翼には小型ミサイルポッドを6セット計18基とビームカノンを2基、下翼には小型ミサイルポッドを2セット計6基と大型ミサイルポッドを2基懸架している。一方、機体自体には固定武装がない。

本機は「『II』はあるのに『I』が無い」という疑問点に対する解答として、「高性能すぎて失敗作だった」という設定で登場することになった[39]

競合機という扱いのため、コスモタイガーIIとは繋がりの無いデザインとなっている。「既存の地球兵器とは根本的に設計思想が異なる機体」という前提の下にデザインされており、基本部分はシームレス戦闘機をモチーフとしている[30]。このコスモファルコンやコスモタイガーIIと流れを異にする形状への理由付けとして、デザインした小林は『2199』で新ガジェットとして追加された「2180年代の地球・火星間での内惑星戦争」の設定を取り入れて、「火星軍の兵器を改造したもの」「異質な形状は元が火星環境に特化した機種であるため」という背景を考えている[30](公式設定かは不明)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 劇中では単発機を思わせる作画がほとんどだが、『さらば』の古代機発進シーンや、『別冊てれびくん3 宇宙戦艦ヤマト2』[要ページ番号]に掲載された内部図解(エネルギーチューブが2本並列に並んでいる)など、双発として描かれている描写はある。
  2. ^ 『ヤマト2』第25話ではメガロポリス沖から大気圏を離脱した白色彗星帝国の都市帝国をヤマトと共に追撃している。
  3. ^ 『新たなる旅立ち』の公式ムック本である『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』(オフィスアカデミー、1980年)p. 217に掲載されている対比図では、全長が17.1メートルに設定されている(続編の『永遠に』に登場する新コスモゼロも、全長は17.1メートルになっている[4][5])。同誌でのコスモゼロは17.4メートルのままであり、大きさに差がつけられていた。ただし、『完結編』における対比図[要出典]では17.4メートルに戻されている。
  4. ^ 新コスモゼロのミサイルが設定通りの本数に描かれているのは、敵中間基地に向かう際の1カットのみである。その一方で、それと同じカットのコスモタイガーIIや、敵基地へ最初にミサイルを発射するカットでの加藤四郎機のミサイル装備は、新コスモゼロと同じになっている。
  5. ^ シーンによっては、加藤機以外にも垂直尾翼が白色になっている機体が登場している。
  6. ^ ゲーム中(『PS版さらば』ストーリー07「双子座カストル宙域」のムービー中の加藤のセリフや、『イスカンダルへの追憶』以降のゲームにおける各ステージ部隊編成時の表示など)で登場する正式名称。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 044には、「一式宇宙艦上戦闘機」と記載されている。
  7. ^ 機首側面の高機動ノズルだけはゲーム版デザインに準拠して左右2つずつとなっている。
  8. ^ 「単座タイプ」という呼称は、プラモデル「1/1000 宇宙戦艦ヤマト 2202」(バンダイ、2017年10月14日)の組立書より。劇中では、『2202』第5話Bパートの識別モニターにおいて「単座型」と表示されている。
  9. ^ 小説版『2202』での解説では、「CT計画は『様々な状況に対応できる機体』という意向が上層部から下されており、コスモタイガーIIが派生機で対応しようとした一方で、本機はオプション装備で対応しようとした」とされている[38]

出典[編集]

  1. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 26 宇宙戦艦ヤマト メカニック大図鑑2』(バンダイ、1991年、ISBN 978-4891891251)p. 109。
  2. ^ a b 岡田斗司夫氷川竜介第三講 エフェクトアニメ進化論」『東大オタク学講座講談社1997年9月26日、第3版、78頁。ISBN 4-06-208292-62011年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 『デラックス版 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』p. 252。
  4. ^ 『ロマンアルバムデラックス36 ヤマトよ永遠に』(徳間書店、1980年)p. 85。
  5. ^ 『ヤマトよ永遠に 設定資料集』(少年画報社、1980年)p. 93
  6. ^ a b c d e f g h 『デラックス版 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』p. 253より。
  7. ^ a b c d e f g h i 「宇宙艦隊図録 File02 Sheet02B 地球防衛軍 三座タイプ/雷撃機」『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』(デアゴスティーニ・ジャパン、2010年 - 2011年)第13号p. 6より。
  8. ^ 『てれびくんデラックス2 宇宙戦艦ヤマト大全集』[要ページ番号]より。
  9. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』(竹書房、2001年3月3日、ISBN 978-4-8124-0700-4)p. 082より(表記は「宇宙魚雷」)。
  10. ^ a b 『ロマンアルバムデラックス36 ヤマトよ永遠に』(徳間書店、1980年)p. 88。
  11. ^ エンブレム案、およびエンブレムを付けた新コスモゼロの設定画は『ファイナルデラックス版 ヤマトよ永遠に』p. 227に掲載。
  12. ^ a b c d e 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 044。
  13. ^ a b c 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』pp. 044-045。
  14. ^ a b 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 045。
  15. ^ a b c d e 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 112。
  16. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』p. 017。
  17. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』pp. 039, 044。
  18. ^ a b c d e f 「宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲」(バンダイ、2005年)初回限定版特典『SPACE BATTLE SHIP YAMATO DESIGN WORKS設定資料集』p. 33(本紙はページ番号未記載、表記されたページは標題紙を1頁目として数えたもの)掲載の設定画に記述されている解説メモより。デザイン担当は「M」の署名から。
  19. ^ 月刊ホビージャパン17年3月号』(ホビージャパン、2017年01月25日)p. 190。
  20. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2017年6月)p. 17。
  21. ^ a b c d e f g h i j プラモデル「1/1000 地球連邦 アンドロメダ級一番艦 アンドロメダ ムービーエフェクトVer.」(バンダイ、2017年3月24日)の組立書。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l CHARACTER & MECHANIC 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち”. 2018年1月9日閲覧。
  23. ^ a b MECHANIC 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち”. 2017年3月23日閲覧。リンク先はスマホ用ページ。
  24. ^ a b c 『グレートメカニックG 2017 SPRING』(双葉社、2017年3月18日、ISBN 978-4-575-46500-6)p. 044。
  25. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)p. 29。
  26. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)pp. 26, 28-29。
  27. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)pp. 28-29。
  28. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)p. 29。
  29. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集 [EARTH]』(マッグガーデン、2013年8月15日、第1刷、ISBN 978-4-80-000192-4)p. 126。
  30. ^ a b c 「飛ぶ理由 第33回 火星独立軍最終戦闘機コスモワン」『スケールアヴィエーション』2017年5月号 (Vol.115)(大日本絵画、2017年4月13日)p. 59。
  31. ^ “「ようやく一歩を刻めた」と福井晴敏も監督も安堵、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」完成披露上映会レポート”. GIGAZINE (株式会社OSA). (2017年2月6日). http://gigazine.net/news/20170206-yamato-2202/ 2017年2月15日閲覧。 
  32. ^ 『CGWORLD 2017年4月号 vol.224』(ボーンデジタル、2017年3月10日)p. 79。
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n プラモデル「1/1000 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級 ドレッドノート」(バンダイ、2017年6月24日)の組立書。
  34. ^ プラモデル「1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202」(バンダイ、2017年10月14日)の組立書。
  35. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)p. 19。
  36. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇』劇場パンフレット(バンダイビジュアル、2018年1月)pp. 08, 19。
  37. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』BD&DVD第1巻(バンダイビジュアル、2017年3月、BCXA-1204・BCBA-4817)収録の第2話オーディオコメンタリーより。
  38. ^ 皆川ゆか『小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち I 《地球復興》』(角川書店、2017年10月13日、ISBN 978-4041062081)pp. 236-237。
  39. ^ 『月刊ホビージャパン17年3月号』(ホビージャパン、2017年01月25日)p. 192。

参考文献[編集]

  • 『別冊てれびくん3 宇宙戦艦ヤマト2』 小学館1979年
  • 『てれびくんデラックス2 宇宙戦艦ヤマト大全集』 小学館、1979年
  • 『デラックス版 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 オフィスアカデミー、1979年4月
  • 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』 オフィスアカデミー、1980年5月13日
  • 『ファイナルデラックス版 ヤマトよ永遠に』 西崎音楽出版、1980年11月
  • 『ROMAN ALBUM EXCELLENT 53 宇宙戦艦ヤマト PERFECT MANUAL1』 徳間書店〈ロマンアルバムエクセレントシリーズ〉、1983年1月
  • 『ROMAN ALBUM EXCELLENT 54 宇宙戦艦ヤマト PERFECT MANUAL2』 徳間書店〈ロマンアルバムエクセレントシリーズ〉、1983年1月
  • 『ROMAN ALBUM EXTRA 56 宇宙戦艦ヤマト完結編』 徳間書店〈ロマンアルバムエクストラシリーズ〉、1983年5月
  • 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 設定資料集』 スタジオDNA単行本編集部、スタジオDNA2001年1月15日ISBN 4-921066-84-1

関連項目[編集]