舛田利雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ますだ としお
舛田 利雄
生年月日 (1927-10-05) 1927年10月5日(89歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1957年 -
活動内容 映画
テレビドラマ
アニメーション映画
配偶者 あり
著名な家族 長男:舛田明廣
長女:舛田紀子

舛田 利雄(ますだ としお、1927年10月5日 - )は、兵庫県神戸市出身の日本映画監督脚本家である。

経歴・人物[編集]

多感な青年期 - 映画界へ[編集]

1944年に新居浜工業専門学校に進学するも、1945年7月に同学校が行う軍事教練に反発し退学処分になる。戦後の大阪外国語大学ロシア語学科へ入り直す。当時の舛田は、大の軍人嫌い少年だったという。

大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)ロシア語学科卒業。大学卒業後は教師になるつもりであったが、名作フランス映画の再上映を観て感動し映画に感心を持つ。映画監督を目指し、大学卒業後に上京。

新東宝時代[編集]

1949年より新東宝シナリオ塾に入塾しシナリオ学を学ぶ。その翌年1950年8月に新東宝助監督部に入社。中川信夫井上梅次といった監督の下で助監督として働きながら、自分でもシナリオを書く。

日活・助監督時代[編集]

1954年、舛田は新東宝に入社した時、井上梅次について助監督時代を過ごした。その後、同時期に製作活動を再開した日活に移籍。助監督として井上、市川崑久松静児らに師事する。

1957年石原裕次郎主演、井上梅次監督の『鷲と鷹』で助監督を務めたのち監督に昇進。翌年1958年に公開した『心と肉体の旅』で監督デビューを飾る。脚本も兼任。監督昇進時、舛田はまだ29歳であり当時の映画界としては異例のスピードであった。

以後、『赤い波止場』、『今日に生きる』など充実した娯楽作を撮り続け、『錆びたナイフ』をはじめとする石原裕次郎主演作品を最も多く(計25作品)演出した監督として日活を支え、日活アクション映画全盛期に数々の作品のメガホンを執り「日活の舛田天皇」とも言われた。

助監督時代には井上梅次の邸宅に一時期、下宿していたこともある。井上の邸宅で下宿しながら、何本か映画のシナリオの「下書き」を書く。舛田の映画の脚本は、井上のシナリオの下書きをして身についたものが、後に役に立った。舛田は4歳年上の井上のことを「梅さん」と呼ぶ。

日本映画界のヒットメーカー[編集]

1968年に日活退社後はフリーになる。

1970年黒澤明が諸事情で降板した20世紀フォックス制作の日米合作による戦争大作映画『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を深作欣二と共同で務める。当時、ハリウッドから降板した黒澤に代わる日本側監督のオファーを日本映画界の名だたる名匠、巨匠らが断るなか舛田自身にもオファーがあり一度は断っていたが、しばらくして再び舛田のもとにオファーがあり「面白そうだから」という理由で日本側監督を引き受け話題となる。

以降は、池田大作原作の映画『人間革命』と『続・人間革命』(脚本家・橋本忍の推薦で参加したが舛田自身は信者や公明党員ではない)、五島勉原作のパニック特撮『ノストラダムスの大予言』、戦争大作『二百三高地』、『大日本帝国』、『日本海大海戦 海ゆかば』、『零戦燃ゆ』など、大作映画を任される機会が増えていく。

さまざまなジャンルの作品でも常に安定した作風にまとめ上げる確かな演出の腕を買われ、さらに手がけた作品がどれも興行的にも成功したため日本映画界において実力派の映画監督として娯楽作品をコンスタントに手がけてきた。

また『大都会』などの石原プロ作品をはじめとしたテレビ映画の演出も数多く手掛けるほか、筒井康隆作品の初映画化である『俺の血は他人の血』以後、日本SF大賞を受賞した小松左京原作の映画化作『首都消失』など、SF特撮映画の演出も多い。

劇場アニメーション作品の監督・監修[編集]

1970年代には既にジャンルを問わず数々の劇場大作映画の仕事を手掛け断固たる立場を築いていた舛田であるが、1974年から放送が開始されたテレビアニメ宇宙戦艦ヤマト』に監修としてクレジットされている。

本作の企画段階当時、企画・原案・プロデューサーを務めていた西崎義展が従来のアニメーション作品とは一線を画す高年齢層の鑑賞にも耐えうる劇場映画並のリアリティある作品作りを目指し、そういった製作体制の影響と当時の業界においては、アニメーション作品が格下と見られる時代であった為、市場への売り込みを考慮したセールスアップという双方の目的から劇場映画監督である舛田を制作に誘った事がきっかけである。

こうして『宇宙戦艦ヤマト』のテレビシリーズへの参加を快諾した舛田は西崎から監督とストーリーの監修を依頼されたが、撮影が早まった映画『ノストラダムスの大予言』の撮影のため、企画会議に3度出席しただけで実際にはテレビシリーズには最終的には直接タッチはしなかった。

西崎プロデューサーら制作スタッフの熱意とは裏腹に1974年より放送されたテレビシリーズは商業的に失敗に終わったが、放送終了後に日本国外輸出向けにテレビシリーズを再編集し劇場版として公開する話が持ち上がる。西崎は当初これを最後にアニメから手を引き、ファン向けに1週間だけ限定で劇場公開するつもりだったという。

この劇場版の製作にあたり再び舛田に協力を仰ぎ1975年5月、劇場向けの再編集を開始。当初は5時間の長尺だったが、舛田の監督の下、ヤマト艦長沖田十三の物語に焦点を当てる方針で必要最低限の部分を除きそれ以外は丸ごと削除するなどして、約2時間短縮する等して完成。こうして1977年に公開された劇場版『宇宙戦艦ヤマト』は3時間と長尺ながら、周囲の予想を裏切りアニメーション映画の常識を破る大ヒットを記録する。

翌年1978年には完全新作として『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』が公開され、前作を上回る大ヒットとなって「ヤマトブーム」と呼ばれる社会現象が巻き起こる。この作品で舛田は脚本・監督として積極的に制作に参加したため、舛田の意見が随所に反映されており、特にクライマックスの展開は舛田の日活時代の監督作である『零戦黒雲一家』(1962年)に酷似している。また、本作に登場する空間騎兵隊斉藤始は舛田が発案したオリジナルキャラクターである。

その後、1980年には自身が手掛けた戦争大作『二百三高地』と同年同日に公開された「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の劇場版第3作『ヤマトよ永遠に』でも脚本と監督を手掛け、両作品とも大ヒット。実写大作映画とアニメーション大作映画というジャンルの枠を超えた作品を同時に手掛け共にヒットに導くという前例のない偉業を成し遂げ、「明治から未来まで撮る男」として話題となる。

1983年公開の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』と2009年公開の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』では監督から「総監修」という立場に回り(『完結編』では従来通り脚本も手掛けている)、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」を影で支え続けた[1]

『宇宙戦艦ヤマト』以降もアニメーション映画に参加し、1979年公開の劇場版『海のトリトン』では監修を、1982年公開のSF戦争アニメーション映画『FUTURE WAR 198X年』で勝間田具治と共に監督。1985年公開のSFアニメーション映画『オーディーン 光子帆船スターライト』を総監督。1992年から1994年にかけて制作された「劇場版 三国志シリーズ」を監修し、1995年から発売されたOVAYAMATO2520』でも監修を手掛けた。

著書[編集]

2007年、初の著書『映画監督 舛田利雄〜アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて〜』(佐藤利明高護らと共著・ウルトラ・ヴァイヴ)が刊行される。

同書では日本の娯楽映画を牽引してきた存在でありながらも、それまで取り上げられる事の多かったとは言い難い舛田監督に同書の著者である『佐藤利明』が40時間以上の時間をかけ、初のロング・インタビューを行い、同書にまとめ好評を博した。(キネマ旬報社が毎年発表している『映画本大賞』 2007年度のランキングにて売上No.5入る。)

  • 舛田利雄、佐藤利明、高護共著 『Hotwax責任編集 映画監督 舛田利雄~アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて~』 シンコーミュージック(原著2007年10月25日)。ISBN 978-4401751174
  • 『いま語るべき宇宙戦艦ヤマト』 竹書房(原著2014年12月4日)。ISBN 978-4801900752
  • 牧村康正、山田哲久著 『宇宙戦艦ヤマトをつくった男 西崎義展の狂気』 講談社刊(原著2015年9月9日)。ISBN 978-4062196741

湯布院映画祭[編集]

2008年、第33回湯布院映画祭にて「何だって面白くしてやる! 特集:舛田利雄のあくなき仕事」として『赤い波止場』『完全な遊戯』『二百三高地』など10本の監督作品が8月28日から8月30日の3日間で、特集上映される[2]。本人出席のシンポジウムも開催され元気な姿を見せた。

舛田が手掛けた作品への出演が多い俳優の丹波哲郎は自身の著書で「舛田はとにかく喧嘩が強い」と書いおり、いつも出演するのが楽しみな監督の一人として挙げていた。

家族[編集]

助監督時代[編集]

公開年 作品名 制作(配給) 脚本 監督 上映時間ほか 役職
1955年 6月14日 春の夜の出来事 日活撮影所
日活
河夢古
中平康
西河克己 モノクロ
スタンダード
8月31日 こころ 日活 長谷部慶治
猪俣勝人
市川崑 モノクロ
スタンダード
1956年 1月21日 ビルマの竪琴 第一部 日活 和田夏十 市川崑 モノクロ
1956年 2月12日 ビルマの竪琴 第二部 日活 和田夏十 市川崑 モノクロ
スタンダード
1956年 4月4日 東京の人 前後篇 西河克己
田中澄江
寺田信義
西河克己 モノクロ
1956年 6月14日 火の鳥 猪俣勝人
井上梅次
井上梅次 モノクロ
スタンダード
1956年 9月11日 ニコヨン物語 日活 井上梅次 井上梅次 モノクロ
1957年 2月24日 危険な関係 日活 岡田達門
井上梅次
井上梅次 モノクロ
1957年 1月3日 お転婆三人姉妹 踊る太陽 井上梅次 井上梅次 カラー
1957年 5月1日 勝利者 日活 井上梅次
舛田利雄
井上梅次 モノクロ
1957年 9月29日 鷲と鷹 日活 井上梅次 井上梅次 モノクロ

監督作品[編集]

映画[編集]

1950年代[編集]

  • 心と肉体の旅(1958年1月9日)
  • 夜霧の第二国道(1958年2月12日)
  • 錆びたナイフ(1958年3月31日)
  • 羽田発7時50分(1958年4月29日)
  • 赤い波止場(1958年9月23日)
  • 完全な遊戯(1958年11月12日)
  • 女を忘れろ(1959年1月28日)
  • 今日に生きる(1959年3月10日)
  • 男が爆発する(1959年4月28日)
  • 天と地を駈ける男(1959年11月1日)
  • 青春を吹き鳴らせ(1959年12月27日)

1960年代[編集]

  • やくざの詩(1960年1月31日)
  • 青年の樹(1960年4月29日)
  • 喧嘩太郎(1960年8月10日)
  • 闘牛に賭ける男(1960年12月27日)
  • 生きていた野良犬(1961年3月26日)
  • 用心棒稼業(1961年4月23日)
  • 太陽、海を染めるとき(1961年7月15日)
  • 太陽は狂ってる(1961年8月16日)
  • 暗黒街の静かな男(1961年10月24日)
  • 男と男の生きる街(1962年1月14日)
  • 上を向いて歩こう(1962年3月4日)
  • 零戦黒雲一家(1962年8月12日)
  • ひとりぼっちの二人だが(1962年11月3日)
  • 花と竜(1962年12月26日)
  • 太陽への脱出(1963年4月28日)
  • 狼の王子(1963年10月4日)
  • 赤いハンカチ(1964年1月3日)
  • 人生劇場(1964年2月23日)
  • 河内ぞろ どけち虫(1964年5月13日)
  • 殺人者を消せ(1964年9月19日)
  • 河内ぞろ 喧嘩軍鶏(1964年12月6日)
  • 城取り(1965年3月6日)
  • 青春とはなんだ(1965年7月14日)
  • 赤い谷間の决斗(1965年12月29日)
  • 日本任侠伝 血祭り喧嘩状(1966年4月10日)
  • 嵐を呼ぶ男(1966年12月10日)
  • 夜のバラを消せ(1966年7月9日)
  • 帰らざる波止場(1966年8月13日)
  • 栄光への挑戦(1966年10月8日)
  • 星よ嘆くな勝利の男(1967年2月25日)
  • 嵐来たり去る(1967年6月3日)
  • 対決(1967年9月6日)
  • 紅の流れ星(1967年10月7日)
  • 血斗(1967年11月18日)
  • 無頼より 大幹部(1968年1月13日)
  • わが命の唄 艶歌(1968年5月29日)
  • 昭和のいのち(1968年6月22日)
  • あゝひめゆりの塔(1968年9月21日)
  • 地獄の破門状(1969年1月22日)
  • 大幹部 殴り込み(1969年8月23日)
  • 嵐の勇者たち(1969年12月31日)

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代以降[編集]

  • 動天(1991年1月26日)
  • 必殺!5 黄金の血(1991年12月23日)
  • 江戸城大乱(1991年12月14日)
  • 天国の大罪(1992年10月3日)
  • 三国志 - 監修
    • 三国志 第一部 英雄たちの夜明け(1992年1月25日)
    • 三国志 第二部 長江燃ゆ!(1993年3月20日)
    • 三国志 完結編 遥かなる大地(1994年4月9日)
  • ヒストリー・スルー・ザ・レンズ/トラ・トラ・トラ!(2001年)-出演
  • 宇宙戦艦ヤマト 復活篇(2009年12月12日 )- 総監修
  • 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット版(2012年1月28日)- 総監修(監督代行[3]小林誠

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ビデオアニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『いま語るべき宇宙戦艦ヤマト』 牧村康正、山田哲久著 講談社刊 2014年9月9日発行
  2. ^ 第33回 湯布院映画祭”. 湯布院映画祭. 2017年8月12日閲覧。
  3. ^ 2009年公開版で監督を務めた西崎義展が2010年に死去したことによる。

外部リンク[編集]