井手雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井手 雅人(いで まさと、1920年1月1日 - 1989年7月17日)は、日本脚本家小説家

佐賀県佐賀市出身。豊島師範学校本科第一部卒業。戦後に小学校教員を務めたのち、1948年に新東宝に入社。長谷川伸に師事して小説を書き、『地の塩』が1953年の第30回直木賞候補になる。1954年に新東宝を退社し、フリーの脚本家として活動。脚本家としては、黒澤明監督作品「赤ひげ」「デルス・ウザーラ」「影武者」「」などに関わる。1985年から1989年まで日本シナリオ作家協会常務理事を務めた[1]

脚本作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典

外部リンク[編集]