中村登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら のぼる
中村 登
本名 同じ
生年月日 (1913-08-04) 1913年8月4日
没年月日 (1981-05-20) 1981年5月20日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府(現・東京都
死没地 日本の旗
職業 映画監督
活動期間 1941年 - 1981年
活動内容 1936年松竹大船撮影所(第1期)入社
1941年:『生活とリズム』で監督昇格
1951年:『我が家は楽し
1963年:『古都
1966年:『紀ノ川 花の巻・文緒の巻』
1967年:『智恵子抄
1974年:『三婆

中村 登(なかむら のぼる、1913年8月4日 - 1981年5月20日)は、東京府(現東京都下谷区根岸出身の映画監督

人物[編集]

花柳界に育つ。1936年東京帝国大学文学部英文科を卒業後、蒲田から移転したての松竹大船撮影所(第1期)に助監督として入社。島津保次郎吉村公三郎に師事。1941年に映画『生活とリズム』で監督デビュー。戦後、オールスター映画『我が家は楽し』(1951年)が出世作となる。1960年代に入り、『紀ノ川』などの文芸大作に手腕を見せ、松竹を支える巨匠として活躍した。『古都』、『智恵子抄』で2度のアカデミー外国語映画賞にノミネートされた。1979年、紫綬褒章受章。1981年、日中合作映画『未完の対局』の準備中に、ガンのため死去。

端正かつ鮮やかな作風は「映画の教科書」と評されている。

監督作品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このタイトルから川本三郎は『君美わしく 戦後日本映画女優讃』(文藝春秋、後文春文庫)を書いた。

外部リンク[編集]