五瓣の椿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五瓣の椿』(ごべんのつばき)は、山本周五郎時代小説1959年1月から1959年9月まで講談社の雑誌「講談倶楽部」に連載。新潮文庫版でロングセラーとなっている。ドラマ・映画・舞台にもなっている。

あらすじ[編集]

おしのの最愛の父・喜兵衛が死んだ。婿に入って以来、遊びもせず身を粉にして働いた身体は労咳に蝕まれていた。一方、母・おそのは夫を避けて寮に移り住み、遊興に耽り、男を連れ込んで、不行跡を続けていた。おそのが夫の死を知ったのは、おしのと見舞いに行く約束を破って、役者と行った箱根から帰ってきてからだった。おそのは夫の遺骸を前にしても悲しまないばかりか、死人の側にいるのを嫌がる。おしのに、父への不人情をなじられると、夫を悪く言い、この人は本当の父ではないから悲しむことはないと言い放った。呆然としたおしのは一人、部屋にこもり、己を恥じない母を汚れていると思った。母の血が流れる自分の身体も汚れていると身震いした。そして実の子でない自分への父の愛情を思った時、女ばかりか人間ぜんぶを辱める罪を犯した母と母と一緒に父を苦しめた男たちに、罪を償わしてやると誓う。寮には、父が眠り、母と役者が酒を飲み抱き合って眠っている。おしのは、そこへ火を放ち、去っていった。

一年後、おりうという女が一人の男を殺した。男の傍らに一片の花びらが落ちていた。それは、喜兵衛が子どものころ悲しいことがあった時に見てすごしたと、おしのに語った椿の花びらだった…。

映画(1964年)[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ(1969年版)[編集]

1969年4月4日から同年5月9日までフジテレビ系列で放送。全6回。『おんなの劇場』の第1作。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

フジテレビ おんなの劇場
前番組 番組名 次番組
(なし)
五瓣の椿
(1969年版)
フジテレビ系 金曜21:30 - 22:30枠
スター千一夜
(平日21:30 - 21:45)
【19:30へ移動】
お茶の間寄席(第1期)
(平日21:45 - 22:00)
【19:45へ移動】
宝塚映画シリーズ
わが恋やまず
(22:00 - 22:30)
【ここまでKTV制作枠】
五瓣の椿
(1969年版)
乱舞

※『宝塚映画シリーズ』(後の『阪急ドラマシリーズ』)は『おんなの劇場』設置に伴い、30分繰り下げる。

テレビドラマ(1981年版)[編集]

1981年4月2日の木曜ゴールデンドラマで放送。全1回。

スタッフ[編集]

  • 制作:YTV/NNN
  • 脚本:服部ケイ
  • 演出:鶴橋康夫

キャスト[編集]

テレビドラマ(1987年版)[編集]

1987年4月14日〜4月21日の二週にかけて、テレビ朝日系の傑作時代劇枠で放送。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ(2001年版)[編集]

2001年11月30日から12月28日までNHK金曜時代劇で放送。全5回。アジアテレビ祭 最優秀賞、ゴールデンチェスト国際テレビ賞受賞。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]