次郎物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

次郎物語』(じろうものがたり)は、下村湖人による日本の長編教養小説である。1941年(昭和16年)から1954年(昭和29年)刊。全五部。未完。

幼少期に里子に出された主人公本田次郎の成長を、青年期にかけて描く。湖人自身の里子体験が反映されるなど、自伝的色彩が濃い。児童文学として読まれることも多い。

内容的には、家族や学校といった生活行動範囲の広がりに沿って主人公の人格的成長を描く第三部までと、五・一五事件二・二六事件に集約される軍国主義的な時代背景や、主人公の精神的恋愛を作品の重要な要素として、社会性の広がりに沿って展開する第四部以降に大別できると考えられる。

第一、二、五部には「あとがき」が、第四部には「附記」がある。第二部のあとがきによれば、第一部は「教育と母性愛」、第二部は「自己開拓者としての少年次郎」がテーマであると述べられている。また、第五部のあとがきには、「戦争末期の次郎を第六部、終戦後数年たってからの次郎を第七部として描いてみたいと思っている」とある。

あらすじ[編集]

士族・本田家の次男として生まれた次郎は、幼少時から尋常小学校の校番の妻であるお浜の元に里子に出されていた。「孟母三遷の教え」をまねた、母親・お民の教育的配慮からである。やがて次郎は母よりもお浜に懐き、実家を敬遠するようになる。

いやいやながら戻された次郎にとって、格式ばった実家は居心地の悪い場所であった。祖母・おことは次郎を露骨に差別待遇し、兄の恭一や弟ばかり可愛がる。次郎の側でも当てつけてに喧嘩やいたずらを繰り返し、お民から説教を浴びせられるのだった。それでも、父親の俊亮、祖父の恭亮、さらにお民の実家である正木家の人々に見守られながら成長していく。

おことの差別待遇は改まらず、次郎は正木家に引き取られる。やがて恭亮が死に、お民は結核に侵され、俊亮も連帯保証人になった相手が破産したため次郎はお民の介護をする事となる。献身的な介護を続けるうち親子のわだかまりは解け、次郎とお民は肉親としての思慕を募らせる。

やがてお民は危篤状態に陥る。ついに迎えた臨終の際、兄弟三人揃って死に水をとり、臨終の宣告の後お浜に肩を抱かれ号泣して親族の涙を誘った(映画版では一生懸命に母の看病をする次郎に本来なら年齢制限がある夏祭りの踊り子をやらせてもらい、衣装を病床の母に作ってもらうが日に日に衰弱していき、夏祭り当日踊り子衣装を身に付けた次郎を見送った後、お浜に看取られながら亡くなってしまう。次郎は母の葬儀で泣く事はしなかった)。

映像化[編集]

映画[編集]

1941年[編集]

1941年12月11日公開。製作は日活

キャスト

スタッフ

1955年[編集]

1955年10月25日公開。製作は新東宝

キャスト

スタッフ

1960年[編集]

1960年3月4日公開の「次郎物語」と同年5月13日公開の「続次郎物語 若き日の怒り」の二部作。製作は松竹。第1作は第一部・第二部、第2作は第三部・第四部を映画化した。

キャスト

スタッフ

1987年[編集]

1987年7月4日公開。西友学習研究社キネマ東京製作、東宝配給。配給収入は12億3000万円[1]

キャスト

スタッフ

本映画を元にした「学研まんが 名作シリーズ 次郎物語」(漫画:斎藤栄一)が刊行された。

テレビドラマ[編集]

1956年[編集]

1956年5月8日から8月28日まで、NTVの『山一名作劇場』にて放送。

キャスト

スタッフ

日本テレビ 山一名作劇場
前番組 番組名 次番組
次郎物語
(1956年版)

1964年[編集]

1964年4月7日から1966年3月29日まで、NHKにて放送。

キャスト

スタッフ

脚注[編集]

  1. ^ 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]