芦田伸介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あしだ しんすけ
芦田 伸介
本名 蘆田義道
生年月日 1917年3月14日
没年月日 1999年1月9日(満81歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県松江市
国籍 日本
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
家族 由夏(孫)
芦田昌太郎(孫)
主な作品
氷点
七人の刑事

芦田 伸介(あしだ しんすけ、1917年3月14日 - 1999年1月9日)は、日本俳優。本名:蘆田義道(あしだ よしみち)[1]

来歴・人物[編集]

島根県松江市出身。

松江商業学校(現・島根県立松江商業高等学校)を経て、東京外国語学校(現・東京外国語大学)に入学する。1937年、満州に渡り、大連で見た新劇の公演に感激し、「新京放送劇団」に入る。1943年、「満洲映画協会」の『血銭芙蓉』で映画デビューする。

終戦を満州で迎え、妻子を抱え生死の淵をさまよったが、1947年、やっとのことで日本に帰国。森繁久彌など満州での演劇仲間と劇団を作るが失敗し、1949年に、劇団民藝に入団する。舞台に立つかたわら、独立プロ系の映画にも脇役で出演する。

1950年代後半になると、アクション映画全盛の日活で悪役や刑事役として活躍するようになるが、1958年3月2日未明、NHKでラジオドラマの仕事を終えての帰路、乗車していたタクシーが小石川橋の都電の安全地帯に衝突する、という事故に遭遇。後部座席からフロントガラスを顔面から突き破り、顔面の裂傷や右眼球破裂など147針に及ぶ重傷を負う。顔の傷と共に失明の危機や、事故のショックにより一時失語症となり、役者生命が危ぶまれるが、翌年には再起を果たす[2]

1961年、驚異的な視聴率を記録したTBSの人気ドラマ『七人の刑事』にレギュラー出演。その抑えた演技は爆発的な人気を得た。続けて1966年、NETの『氷点』に主演。深い葛藤を内に秘めた役で人気を集めた。

一人娘である亜子は、松山英太郎と結婚。一男一女(のちの女優・由夏と俳優・芦田昌太郎)に恵まれるが、その後離婚。後年、芦田は「もう一人の父になりたい」との思いから二人を養子にしている。

1970年、劇団民藝を退団し、フリーになる。その後も映画、テレビを中心に多くの作品で活躍。中でも1970年代から1980年代にかけて、五木寛之原作のドラマ『涙の河をふり返れ〜艶歌より』『海峡物語』シリーズに登場する名物レコードディレクター・艶歌(えんか)の竜こと、高円寺竜三(モデルは馬渕玄三)役が、『七人の刑事』の沢田部長刑事と並ぶ当たり役となった。

1999年1月9日肝臓癌のため死去。81歳没

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

栄典[編集]

  • 勲四等瑞宝章(1989年)
  • 島根県松江市名誉市民(1999年)

書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芦田伸介”. イザワオフィス. 1997年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月13日閲覧。
  2. ^ 芦田伸介著「歩いて走ってとまるとき」1996年、剄文社刊