小山書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小山書店(おやましょてん)はかつて日本に存在した出版社。『チャタレイ夫人の恋人』を発行した出版社として知られている。

概要[編集]

1933年小山久二郎[1]東京市小石川区諏訪町に創業する(のち麹町区富士見町に移転)。処女出版物は野上弥生子『入学試験お伴の記』、ついで本多顕彰による翻訳本『ハムレット』『ロミオとジュリエット』を発行する。文学書を中心に『新風土記叢書』(太宰治の『津軽』はこの第七編として刊行されている)、『現代詩代表選集』など多くの良書を世に送り出している。また、小山は装幀に力を入れており、松江絣の模様を用いたり、三味線皮を用いたりなど非常に凝ったものにしている。1950年に発行した伊藤整訳『チャタレイ夫人の恋人』がわいせつ文書として告発され(チャタレー事件)、その影響で小山書店は倒産する。その後、小山書店新社を興すが、チャタレー事件の影響で生じた負債で長くは続かなかったようである[2]

主な出版物[編集]

単行本・文庫等[編集]

叢書・全集等[編集]

  • 『世界大衆小説全集』(「失われた世界 豪勇ジェラール」、「世界の恋人」、「即興詩人」など)
  • 『新風土記叢書』(大阪・宇野浩二、熊野路・佐藤春夫、佐渡・青野季吉、出雲・石見・田畑修一郎、日向・中村地平、明石・稲垣足穂、津軽・太宰治、秋田・伊藤永之介
  • 『日本小説代表作全集』(編)川端康成
  • 『現代詩代表選集』(編)日本文芸家協会
  • 『安倍能成選集』
  • 『芥川賞全集』
  • 『美術入門叢書』
  • 『私たちの生活百科事典』(編)城戸幡太郎(チャタレー事件の影響で、途中から生活百科刊行会が発行)

参考[編集]

  • 『ひとつの時代-小山書店私史』(六興出版、1982)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山は安倍能成の甥で、岩波書店勤務を経て創業。
  2. ^ 『ひとつの時代-小山書店私史』に「五回の戦災と、三回の倒産により」とある