高丘季昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高丘 季昭(たかおか すえあき、1929年1月14日 - 1996年3月13日)は、日本のジャーナリスト、実業家、子爵

略歴[編集]

東京生まれ。子爵高丘家高丘和季の子。妻は高木正得の四女・小夜子[1]

1930年に父・和季が死去したため子爵を継ぎ[1]、1947年の華族制度廃止まで務める。1951年東京大学法学部政治学科卒。東京新聞に入り、経済記者、労組委員長を務める。のちニッポン放送解説委員をへて、堤清二の誘いで1963年西武百貨店に入社。西武流通グループの流通産業研究所、西友ストアーに移り、1973年常務、1984年専務。1987年代表取締役副会長、1986年ファミリーマート会長を兼ねる。1988年西友会長、1991年西武セゾングループ代表幹事。経団連副会長も務めた[2]

著書[編集]

  • 『西友ストアーの流通支配戦略』日本実業出版社 1970
  • 『ショップレス・エイジ 70年代の流通はどう変わる!?』(トクマビジネス)徳間書店 1970
  • 『許される販売・許されない販売 マーケティングの法律問題』日本実業出版社 1972

共編著[編集]

  • 『金融 銀行の裏口から街の金融まで』金子治司共著 緑書房 1956
  • 『現代の百貨店』佐藤肇共著 日本経済新聞社 (日経文庫) 1970
  • 『日本のチェーンストア 流通革命10年 垂直統合はどこまで進むか』三島彰共編 日本実業出版社 1973
  • 『コンビニエンス・ストア スーパーに挑む新しい小売り』田内幸一共著 日本経済新聞社 1975
  • 『流通産業入門』編. 日本経済新聞社(日経文庫) 1981
  • 『現代の百貨店 14版』小山周三共著 日本経済新聞社(日経文庫) 1984
  • 『流通の再構築』宮沢健一共編 有斐閣 1991

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)3頁
  2. ^ 日本人名大辞典『現代日本人名録』1987
日本の爵位
先代:
高丘和季
子爵
高丘家4代
1930年 - 1947年
次代:
華族制度廃止