十朱久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とあけ ひさお
十朱 久雄
本名 小倉 久雄
生年月日 (1908-09-08) 1908年9月8日
没年月日 (1985-12-18) 1985年12月18日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市日本橋区小網町
(現・東京都中央区日本橋小網町[1]
死没地 日本の旗 日本東京都大田区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1930年 - 1984年
著名な家族 十朱幸代(娘)
初代三遊亭遊三(祖父)
松居松葉(義叔父)
主な作品
本日休診
東京物語
警察日記

十朱 久雄(とあけ ひさお、1908年9月8日 - 1985年12月18日)は、日本俳優。本名は小倉 久雄東京府東京市日本橋区小網町(現・東京都中央区日本橋小網町)出身[2]

軽妙洒脱な演技で多くの映画に出演し、個性派の脇役俳優として活躍した。戦前は長岡輝子らのテアトル・コメディに参加し舞台で活動、戦後から映画に出演し、作品数は250本を超える。

来歴[編集]

幼いころから芸の世界に親しみ(⇒ 人物)、暁星小学校から京華中学校を経て法政大学経済学部に入学し、在学中の1928年(昭和3年)に高見順主宰の劇団制作座に参加[2]

1930年(昭和5年)、大学の先輩だった三島雅夫の紹介で知り合った金杉惇郎や、フランスから帰国したばかりの長岡輝子らが結成したテアトル・コメディの創立に参加し、『ジャン・ド・ラ・リュンヌ』の主役で初舞台を踏む[2]。発足当時の劇団には森雅之松山崇杉浦幸雄らがおり、遅れて北沢彪飯沢匡らが加わった。1933年(昭和8年)に大学を卒業。

1936年(昭和11年)にテアトル・コメディが解散すると、伊馬春部主宰の東宝新喜劇に入り、同年にはムーラン・ルージュに入団。1937年(昭和12年)、父の意向で奈良の繊維会社に事務員として入社し、芸能界と縁を切る[2]1939年(昭和14年)に結婚。

戦後の1946年(昭和21年)、JOBK)のラジオに出演して芸能界復帰。1950年(昭和25年)7月には東京に戻って文学座に客員として入り、『娼婦マヤ』等の舞台に立つ[2]1951年(昭和26年)、『自由学校』で映画初出演。

1952年(昭和27年)の『本日休診』ではとぼけ役を巧演。1953年(昭和28年)の文学座退団後は映画に専念した。大きく後退した額、長い顎が特徴のユニークな脇役として活躍し、お洒落でキザな中年の都会人を演じさせたら天下一品だった[2]溝口健二小津安二郎今井正成瀬巳喜男久松静児らが監督した映画に起用され、溝口からはその姉が嫁いだ松平忠正に似ているということで、ことさら目をかけられた[2]テレビドラマにも多く出演している。

1985年(昭和60年)12月18日肺がんのため東京都大田区東急病院で死去。77歳没。

人物[編集]

娘は女優十朱幸代。父は麻苧商を営み、素人義太夫の大家だった[2]。母は初代三遊亭遊三の養女で、その母の姉は松竹キネマ創立者の1人・松居松葉に嫁いでいた[2]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 十朱久雄KINENOTE、2015年11月6日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年、p.381

外部リンク[編集]