山岡久乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまおか ひさの
山岡 久乃
本名 山岡 比佐乃(やまおか ひさの)
生年月日 (1926-08-27) 1926年8月27日
没年月日 (1999-02-15) 1999年2月15日(72歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都大田区
死没地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 162cm
血液型 A型
ジャンル 女優声優
活動期間 1946年 - 1999年
配偶者 森塚敏
(1956年 - 1971年)
主な作品
テレビドラマ
みんなで7人
家族あわせ
いごこち満点
晴れのち晴れ
母ちゃんの黄色いトラック
別宅にて急逝
壇上にて急逝
映画
しとやかな獣
こころの山脈
 
受賞
毎日映画コンクール
女優助演賞
1968年眠れる美女
女と味噌汁
カモとねぎ
ギャラクシー賞
菊田一夫演劇賞
文化庁芸術祭賞
紫綬褒章
勲四等宝冠章
テンプレートを表示

山岡 久乃(やまおか ひさの、1926年大正15年)8月27日[1] - 1999年平成11年)2月15日)は、日本女優

東京府東京市大森区馬込(現:東京都大田区)生まれ。身長162cm、体重49kg。趣味は乗馬手芸。特技はスキー。過去の出演作品については、権利継承者である養女から、オフィス天童[2]に委任されている。生涯のテレビドラマ本数は400本以上に上る。

来歴・人物[編集]

役者デビュー[編集]

1942年33期生として宝塚音楽舞踊学校に入学。男役志望で、清澄あきらの芸名も予定していたが、第二次世界大戦勃発・進展により劇団生活に限界を感じ、一度も舞台に立つことなく1944年に音楽学校を中途退学。

終戦後改めて俳優座養成所で演技の勉強をしなおし、1946年俳優座入団、同年の『文化議員』で初舞台を踏む。初出演映画は1953年の『やっさもっさ』である。1954年には、同じ俳優座の準劇団員だった東恵美子初井言榮らとともに劇団青年座を結成[1]。その後、日活と専属契約を結び多くの映画に出演し、青年座創生期は屋台骨として、劇団を支える。以来、舞台をはじめ映像分野でも幅広く活躍する総合女優として活躍。

1956年、同じ青年座創立メンバーだった俳優森塚敏結婚するも、1971年に離婚。離婚と同年、青年座を退団[1]。その後は終世独身を通した。

テレビの世界へ[編集]

テレビドラマ初出演は、1953年NHK『竜舌蘭の誓い』とされる。本名の山岡比佐乃での主演作であった。以後、脇役を中心に、多くのテレビドラマに出演する傍ら、契約が切れる1960年代中盤まで日活の映画にも数多く出演した。1966年には、主演映画『こころの山脈』も公開され、女優としてステップアップしていった。

1970年の『ありがとう』で役者としての人気を決定付ける(娘役は水前寺清子であった)。ドラマは水前寺とのコンビがウケ、視聴率50%を突破して「怪物ドラマ」と呼ばれた(この作品を契機に森光子京塚昌子らとともに、白い割烹着が似合う「日本を代表するお母さん女優」として地位を確立)。

以後、多くのホームドラマで母親役を演じ続けて「日本のお母さん」として慕われた[1](特にTBS系列のホームドラマで演じる役柄は人気が高く、代表作といえるものも多い)。

面倒見の良さ、事務所の掃除員やスタッフへ手料理を振舞うなど気前も良く、「お母さん」と慕われていた。

森繁久彌とのコンビによる作品も多く製作されており、左とん平からは「(芸能界の大御所である)森繁先生を叱れるのは山岡さんしかいなかった」とコメントされていた。

「準主役級の脇役」としての印象が強いが、1970年代以降は主演が多かった。また二時間ドラマの主演も多かった。

TBS火曜9時枠の連続ドラマには、1972年10月~1973年9月の『みんなで7人』(この作品のみ9時30分からの放送)から1976年9月~1977年4月の『三男三女婿一匹(第1シリーズ)』まで、途切れることなく連続して出演している。この内『みんなで7人』、『家族あわせ』(1974年10月〜1975年3月)、『いごこち満点』(1976年4月~9月)はトップクレジットの主演作で、『あんたがたどこさ(第1シリーズ)』(1973年10月~1974年3月)、『あんたがたどこさ(第2シリーズ)』(1975年4月~9月)、『三男三女婿一匹(第1シリーズ)』の3作は、森繁久彌との夫婦役で森繁に次ぐ準主役での出演であった。

森光子をはじめ、杉村春子加藤治子赤木春恵杉山とく子奈良岡朋子八千草薫香川京子河内桃子黒柳徹子草笛光子池内淳子若尾文子らとは共演が多かった。また、黒柳や池内、三崎千恵子などとも交流があった。

石井ふく子橋田壽賀子が関係する作品に起用される機会が多かったため「石井ファミリー(橋田組)」の筆頭格と見なさせていた。

ミス・マープル』シリーズの吹き替えも好評であり、新劇出身であることを改めて印象付けた。

ドラマ降板騒動について[編集]

突然の降板と臆測について[編集]

1998年10月1日、晩年の代表作とも言える1990年から続いてきたドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズの副主人公・岡倉節子役を降板。番組の顔とも言える山岡の突然の降板劇は、山岡演じる節子は「海外旅行先で急死した」という設定で、劇中一度も顔や声が登場しないままの降板となった世間で数々の臆測を呼んだ。TBSは山岡の降板にあたり、異例の「山岡降板説明記者会見」をマスコミに対して開いている。その際には、6月1日付けの山岡本人の診断書についても言及があり、その結果を受けて正式に出演は困難と判断したとマスコミ各社へ説明した。第3シリーズ終了後、次シリーズへの出演拒否の意思を貫く山岡に対し、橋田や石井は何度も出演要請をするが、山岡の意思は変わらなかった。これに対し橋田はTBSに「山岡さんなしではドラマが成り立たないので、もうこのドラマはやめましょう」と打ち切りの方針を伝えたが、人気番組となっているためTBSは納得せず、五人に試練を与えるために節子を死亡した設定にして脚本も作り変え、製作することとなった。TBSは先述の会見で「ああいう(急死の)形にしたことは山岡さんにも了解してもらっています」と説明した[3]。これに伴い、小島五月役の泉ピン子が主役に昇格した。最後のOPクレジットにおいては、第3シリーズ総集編が組まれた上にスタート時点で生存設定であった第4シリーズ第1話が、OPで山岡の名前が載った最後の回となった。ちなみに、山岡は第3シリーズTV放送終了後、1997年国際演劇月参加作品東宝現代劇5・6月特別公演「渡る世間は鬼ばかり3」の舞台版まで岡倉節子役を演じており、岡倉節子役を最後に演じたのはTVではなくこの舞台公演であった。1997年6月29日の国際演劇月参加作品東宝現代劇での公演が岡倉節子を演じた最後の公演である。

理由のはっきりしない山岡の突然の降板は、民放各局のワイドショー週刊誌などを中心に、世間を騒がすことになった(実際の降板理由は下記の通りで山岡の既定路線だったのだが、これに触れたメディアはない)。(山岡の)認知症発症説や山岡と橋田の確執説、山岡の橋田への報復説なども噂されることとなった。また、当時メディア出演が多くあった橋田が「山岡さんは私のことがよっぽどお嫌いなんでしょうね」などと山岡への不用意な発言を度々行ったことも騒動に火に油を注いだ。第4シリーズ放送開始後、山岡は胆管癌であることを公表。癌公表前の第3シリーズ出演中の時点で次シリーズの出演意思はなかった。

降板理由について[編集]

実際の降板理由は、「パート3撮影時に発覚した石井の脱税騒動で自分の名前が脱税のために勝手に利用されていたことによる石井への不信感と、(胆管癌発症前に)総胆管結石および肝機能障害のため体調を崩し、自身の年齢も考えて、今後は自分の好きな仕事だけをしていくと決めたためだった」と山岡の死去後に週刊誌に報じられた。また、これと時を同じくして、東京にあった住まいを引き払い、愛知県豊田市に知人が開設する予定を立てていた老人ホームに「終の棲家」として入所することを決めており、引っ越しの準備もパート3が放送された時期には既に始めていたという(その際、財産整理という意味合いから姪と養子縁組を結んでいる)。極秘で藤岡琢也のみに今シリーズ限りで降りると話していたという。山岡の病状経過としては、第3シリーズ放送終了直前の1997年2月に、総胆管結石及び肝機能障害のため体調を崩し、渡鬼の撮影を全て撮り終えた3月に手術を受けたが、7月には胆管癌(ステージ4)を宣告された。しかし、山岡はドラマと舞台の仕事が事前に決まっていたものに関しては予定通り出演を続け、1998年2月の日生劇場での舞台「おもろい女」(森光子や芦屋雁之助らと共演)が生涯最後の仕事となった。黄疸を化粧で隠し、病状が悪化するなか千秋楽まで演じきり、その後は闘病に入って表舞台から姿を消した。

1998年12月、自らが胆管癌を患っていることを告白[1]。同月15日に所属事務所を通じて、山岡は「70年突っ走ってきてそろそろゆっくり歩いて行こうかと思っていた矢先に『癌』という最悪のシナリオを頂いてしまいました。ただ、幸いなことに、このシナリオには結末が書いてありません。私が自由に演じていいことになっているんですね。力が入りますよ。もう少し時間がかかると思いますが、しばらくこの女優の底力を見守ってください」というコメントを発表した。この発表を聞いた橋田はそれまでの自分の発言を悔い、神社へお百度参りし、山岡の回復を祈ったという。

死去[編集]

しかし、上記のコメント発表から僅か2ヶ月後の1999年2月15日午後10時02分、胆管癌による心不全のため、親族や池内淳子、長山藍子、石井ふく子らに看取られ神奈川県川崎市の病院で死去[1]。亡くなる前年の1998年1月6日に放送された、日本テレビ開局45周年記念ドラマ「嫁とり婿とり大騒動」への出演が山岡にとってTVドラマでは遺作となった(DVD等は発売されていない)。そして、1998年2月の日生劇場での舞台「おもろい女」(森光子や芦屋雁之助らと共演)が生涯最後の仕事となり、黄疸を化粧で隠して、病状が悪化するなか千秋楽まで演じきった映像が残されている。72歳没。同年7月8月に芸術座で予定されていた単独座長公演『月の光』の舞台を踏まぬままだった。山岡の代役は、親友の池内が務めた(池内は『月の光』による演技により菊田一夫演劇大賞等を受賞)。

なお、山岡の死去は、各局のニュース速報でも流れ、連日のワイドショーなどでも大きく報道された。一部スポーツ紙では、一面トップ記事扱いにもなった。築地本願寺で行われた通夜・葬儀には、八千草薫池内淳子野村昭子赤木春恵森繁久彌泉ピン子中田喜子野村真美藤田朋子橋田壽賀子萬田久子高橋由美子東山紀之麻丘めぐみ水前寺清子沢田雅美夏木陽介黒柳徹子和田アキ子など「これだけ大物俳優・女優が揃う通夜・葬儀は珍しい」と評されるほど多くの俳優仲間・後輩が訪れ、一般の参列者も多く訪れた。喪主は養女が務め、通夜・葬儀の演出は石井ふく子が担当し、弔辞は森光子長山藍子蜷川幸雄が読んだ。棺の葬儀場入りの際は、棺を乗せた車が1時間をかけて明治座帝国劇場芸術座をまわり、沿道には1万人のファンが集まった。戒名は「華徳院妙伎日久大姉」。遺体は渋谷区代々幡斎場荼毘に付された。墓地は東京都墨田区法恩寺

同年2月19日にTBSが放送した追悼番組は、18.6%の視聴率を記録した。

その他のエピソードについて[編集]

晩年は池内、黒柳、夏木陽介らその他の仲の良い芸能人と皆で一緒に有料老人介護施設へ入居して隠居生活をしようと約束をしていたそうで、「そこで皆で仲良くのんびり過ごしたいわね」という話があったと語っている[4][5]

和田アキ子沢田雅美麻丘めぐみなどは実の娘のように可愛いがっていたという。

宝塚歌劇団の先輩でもあった乙羽信子とは昔からドラマなどで共演が多く仲が良かったという。

おかみ三代女の戦い」で共演した、当時人気絶頂のアイドル・高橋由美子の素行の悪さに激怒し、「このチンピラ!!」と一喝したことがある(このことをきっかけに、化けの皮が剥がれ、高橋は人気が低迷したと言われている)。ただ、この件については週刊誌等による後追い記事で大げさに報道された側面も大きい。実際には番組制作発表の際に山岡が「高橋(由美子)さんは演技では優等生だけど、もし私だったら、あんなチンピラに旅館の女将は任せない」という発言をしたことが発端とされており、後に高橋由美子自身が「徹子の部屋」において「あれは女子高校生が旅館の女将に抜擢されるというドラマ設定を踏まえた発言で、実際の山岡さんは優しかった」と発言し、また生前山岡との親交が深かった黒柳徹子も「山岡さんは(本心で)そんな事をおっしゃる方ではない」と発言した。また山岡の使った「チンピラ」という言葉自体、元来「駆け出しの若輩者」といったニュアンスでも使われる事から、必ずしも高橋本人の素行の悪さを指摘した言葉であったかどうかは今となっては不明である。

また、ドラマ「あんたがたどこさ」や「三男三女婿一匹(第2シリーズ)」等で共演した、傍若無人な振る舞いの和田アキ子を叱り付けたことがある。山岡の叱咤によって改心した和田は、以降山岡のことを「おっかあ」と慕うようになった。ちなみに、山岡はトーク番組で、「最も印象に残っている娘役は和田アキ子」と答えている。

さらに舞台で共演した麻丘めぐみに対しては、役柄になりきれず苦戦する麻丘を見かねて演技指導を買って出、通常の稽古の前に1対1で演技をつけたという。その際「あなたには生活感がまったくない。『麻丘めぐみ』が言われたとおりそこに座っているだけ」など容赦ない言葉が飛んだが、おかげでなんとか舞台を乗り切った麻丘は、後に山岡を「師匠」と慕っていた。

夫婦役として共演も多かった森繁久彌によると、「みんな(山岡に)怒られた」とのこと。左とん平によれば、「森繁先生を怒れるのは山岡さんだけだった」との評も。ただ、それだけ周りから慕われていても、他の芸能人のように「ファミリー」的なつながりは作らず、その付き合い方は実にさっぱりしたものであったという。

評価について[編集]

演劇評論家の藤田洋は山岡の演技力と存在感を認め、「“お母さん女優”として、温かさと厳しさを併せ持った母親役をうまく演じてきた」と評した[1]

受賞について[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

  • お気に召すまま(1962年)第15話「友遠方より来たる」
  • 嫁・姑やせがまん、ダイエット合戦(1987年)
  • はぐれ刑事純情派(1990年)- 遠井キミヨ
  • 新春ドラマスペシャル・家族日和'93(1993年1月1日)- 間宮和子
  • 失われたとき・女たちの太平洋戦争II(1993年)

舞台[編集]

  • 流水橋
文化庁芸術祭賞菊田一夫演劇賞を受賞。
  • おもろい女※1998年2月日生劇場、山岡の生涯最後の仕事となった。黄疸を化粧で隠して千秋楽まで演じた映像が残されている。
  • 近松心中物語
  • 元禄港歌
  • ハムレット
  • 鶴亀屋二代
  • ナポリの王様
  • おしん
  • 遙かなり山河
  • 櫻姫
  • 初蕾
  • レティスとラベッジ
  • 夫婦
  • トーチソングトリロジー
  • もず
  • 渡る世間は鬼ばかり(複数回上演されていたが、第3シリーズTV放送終了後の1997年国際演劇月参加作品東宝現代劇5・6月特別公演「渡る世間は鬼ばかり3」の舞台版まで岡倉節子役を演じており、岡倉節子役を最後に演じたのはTVではなくこの舞台公演となった)
  • 幸福
  • かたき同志
  • 夢千代日記
  • 田川のお仙
  • うちのおばあちゃん
  • 結婚する手続き
  • いくじなし
  • 友達

ラジオ[編集]

吹き替え[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i “山岡久乃さん死去”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 39. (1999年2月16日) 
  2. ^ オフィス天童. “オフィス天童 office-TENDO トップページ”. 2017年6月19日閲覧。
  3. ^ (2ページ目)「渡鬼」降板、病魔と闘った山岡久乃 日刊ゲンダイDIGITAL、2014年1月8日
  4. ^ 黒柳徹子が盟友・池内淳子に「本当に今までの友情、ありがとう」と涙のコメント”. ウォーカープラス (2010年10月1日). 2015年2月9日閲覧。
  5. ^ TVでた蔵「2010年9月24日放送 徹子の部屋」”. ワイヤーアクション (2010年9月24日). 2015年2月9日閲覧。
  6. ^ 第7回(1969年度)期間選奨”. 放送批評懇談会. 2015年2月10日閲覧。
  7. ^ 読売新聞読売新聞社。1976年9月4日・夕刊 ニッポンハム広告「ウイニー発売10周年記念 ヨーロッパへご招待」より。7頁。

その他[編集]

外部リンク[編集]