折原啓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おりはら けいこ
折原 啓子
折原 啓子
1949年頃
本名 三上 芳子
生年月日 (1926-01-01) 1926年1月1日
没年月日 (1985-11-24) 1985年11月24日(59歳没)
出生地 日本の旗 日本 茨城県取手市
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1946年 - 1985年
配偶者 三上訓利

折原 啓子(おりはら けいこ、本名:三上 芳子〔みかみ よしこ〕、旧姓:折原、1926年1月1日 - 1985年11月24日)は、日本女優。映画プロデューサーの三上訓利は夫、元・プロ野球選手篠塚和典は義息(篠塚の妻・嘉津子が実娘)、俳優三上博史は甥、篠塚宜政(Honda硬式野球部公式ホームページより)は孫(折原の急逝後に生まれた)である。

経歴[編集]

1926年、茨城県取手市生まれ。茨城県立取手高等女学校(現・茨城県立取手第二高等学校)卒業後にタイピストを経て見習い看護婦をしていたが、戦後まもない1945年大映第1期ニューフェースに応募・合格し、翌46年に『彼と彼女は行く』でデビュー。以後、『花咲く家族』など約60本に主演し、その美貌が多くのファンの心をとらえた。

人気絶頂の1947年暮れに結核のため病気療養を余儀なくされるも、1949年に復帰を果たす。1951年に映画プロデューサーの三上訓利と結婚。1952年に東映と契約し『母の罪』『母系図』『四人の母』など、母もの映画などで新境地を開いた。1955年に再びフリーとなってからはテレビを中心に活動を続けたが、出産・育児などもあり次第に仕事を抑えはじめ、やがて脇へ回っていく。

1985年11月24日、急性心筋梗塞のため59歳で急逝。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

主なディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

外部リンク[編集]