阿部一族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部一族』(あべいちぞく)は、森鷗外の短編小説。江戸時代初期に肥後藩で起きた、家中の重職であった阿部一族が上意討ちで全滅した事件を題材に創作され、大正2年(1913年)1月に『中央公論』誌上に発表された。栖本又七郎(作中では「柄本又七郎」)などの証言を元にした『阿部茶事談』を下敷きにしている[1]

前年の大正元年、明治天皇の崩御に乃木希典陸軍大将が殉死、当時はその是非をめぐる議論が盛んだった。『阿部一族』は前年に発表された鴎外初の歴史小説『興津弥五右衛門の遺書』とともに、こうした当時の世相を反映した主題をとりあげた作品である。

あらすじ[編集]

寛永18年(1641年)、肥後藩細川忠利の病状が悪化し、側近たちは次々と殉死を願い出た。老臣の阿部弥一右衛門もまた殉死の許可を乞うが、謹厳な彼を昔からけむたがっていた忠利は「生きて新藩主を助けよ」と遺言し、許可は出ないまま忠利は死去する。そのため、旧臣たちが次々と殉死してゆく中で、弥一右衛門は以前どおり勤務していた。しかし、彼が命を惜しんでいるかのような家中の評判を耳にしたことから、一族を集め、彼らの面前で切腹を遂げる。しかし、遺命に背いたことが問題となり、阿部家は藩から殉死者の遺族として扱われず、家格を落とす処分をされた。鬱憤をつのらせた嫡子・権兵衛は、忠利の一周忌法要の席上で髻を切り、非礼を咎められて捕縛され、盗賊同様に縛り首とされた。藩から一族に加えられた度重なる恥辱に、次男の弥五兵衛はじめ一族は、覚悟を決して屋敷に立てこもり、藩のさし向けた討手と死闘を展開して全滅する。

史実との相違[編集]

史実では、細川忠利の子・光尚が藩主となった翌年の寛永20年(1643年)に、阿部権兵衛が先代・忠利の法事で髻を切り投獄された。阿部一族は、屋敷に立てこもり、討ち手と闘ってことごとく討ち取られ、その後に権兵衛が縛り首にされた。

阿部弥一右衛門が殉死したのは史実通りだが、他の殉死者と同じ4月26日に殉死したと記録されている。したがって、命を惜しんでいるかのように見られたというのは、『阿部茶事談』および本作の脚色と考えられている。また、実際には、すべての殉死者がそれに先立って新藩主・細川光尚から殉死はまかりならないと厳命されていたことも知られているが、本来殉死の許可というものはこのように死没した主君を継いだ新主君が出すものであり、死にゆく前主君が希望者の中から取捨選択するといったものではなかった。さらに、権兵衛が代官職を罷免され、知行を兄弟に分割されたのも史実だが、熊本大学名誉教授で日本近世史が専門の吉村豊雄が著した『新熊本市史』によると、いったん末弟の左平太と分割したが、すぐ元に戻し、再度分割された形跡は確認できないといい[2]、そこに殉死との直接の因果関係は見出せないという。

また、同市史によると、忠利に殉死した19人の家臣の多くは、忠利に召し出された新参の家臣で、熊本藩は島原の乱後から始まった財政難から人減しや家臣の俸禄の一割を差出させるといった藩政改革に着手していた[3]。しかし、そうした状況の中で、譜代の家臣による新参者への嫉妬は忠利の死後憎悪となって真っ先に彼らへと向い、これが弥一右衛門らを殉死に追い込んだ原因ではないかと考察している。また、権兵衛は髻を切った際に目安(訴状)を提出しているが、これが新藩主・光尚の政道を強く批判したものとみなされたことも、誅伐の原因の一つではなかったかと推測している[4]

一方、広島大学教授で日本文学が専門の藤本千鶴子は、著書『「阿部一族」の発想』の中で、鴎外がかつて上官の石本新六との確執から3度にわって辞職願いを出していたことなどを指摘し、このことが阿部一族を題材に取り上げるきっかけになったのではないかと推測している[5]

また、小説家の松本清張は『両像・森鴎外』の中で、『阿部一族』は「阿部茶事談」を現代語にしただけのものであり、そこに鴎外の思想や感想はまったくないが、国文学者はしいてそれを求めようとしていると述べている。

演劇[編集]

1964年5月、前進座により初演。脚本は津上忠によるもので、『テアトロ』1964年6月号に掲載され、のちに『津上忠歴史劇集』(未来社、1970年)に収録された。

映像作品[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

補注[編集]

  1. ^ 「阿部茶事談」本文は藤本千鶴子校訂で『近世・近代のことばと文学 真下三郎先生退官記念論文集』(第一学習社、1972年)に掲載されている。
  2. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』p.617
  3. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』 pp.227-228
  4. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』 pp.616-617
  5. ^ 藤本千鶴子「鷗外「阿部一族」の発想 ――作品と実体験――」、『近代文学試論』第14号、広島大学近代文学研究会、1975年10月、 pp. 10-18。

外部リンク[編集]

TBS サンヨーテレビ劇場1959年1月2日
前番組 番組名 次番組
阿部一族