生田川 (戯曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生田川』(いくたがわ)は森鷗外戯曲。『万葉集』の「菟原処女の伝説」を元に作られた。

あらすじ[編集]

菟原処女のことを、母は心配している。実は二人の男から愛されていて、どちらを選んでよいか、悩んでいるのだという。母は娘に内緒で、生田川に見える鳥を射た方に娘をやると約束してしまう。そのことを娘に告げた朝、男二人を乗せた船が川に見え、鳥は消えている。どちらが射たのか気がかりな娘は川へ向かい、母も後を追う。

外部リンク[編集]