ヰタ・セクスアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヰタ・セクスアリス』(ウィタ・セクスアリス[1])は森鷗外小説である。1909年明治42年)に発表された。題名はラテン語性欲的生活を意味するvita sexualisから。

森鴎外の作品では異色とされる[2]

主人公の哲学者・金井湛(かねい・しずか)が、高等学校を卒業する長男への性教育のための資料として、自らの性欲的体験についてその歴史をつづる内容[2]。大胆な性欲描写が問題となり[2]、掲載された文芸誌「スバル」7号は発刊から1か月後に発売禁止の処分を受けた[3][4]。もっとも、実際に性行為が直接描写されていることは無く、この処分は当時軍医総監という立場にあった森鴎外に対する非難を受けての対応であったともいわれる[2]

当時「スバル」の編輯をしていた吉井勇は、鴎外からヰタ・セクスアリスの原稿を受け取ったその足で「パンの会」の宴に出席、酩酊した翌朝見覚えのない場所で目を覚まし、一度原稿を紛失している[2]。幸いその日の夕方、会場だった永代亭の酒棚から見つかり事なきを得たが、あるいはこの作品は世に出ていなかったかもしれない[2]、と述懐している。

脚注[編集]

  1. ^ 森鴎外 (1950), ウイタ・セクスアリス, 岩波書店, ISBN 4-00-310053-0 
  2. ^ a b c d e f 吉井勇『東京・京都・大阪:よき日古き日』平凡社、2006年、67頁。
  3. ^ 「ヰタ・セクスアリス発売禁止となる」読売新聞 明治42年7月30日 『新聞集成明治編年史. 第十四卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「内務省告示第93号」『官報』1909年7月29日(国立国会図書館デジタルコレクション、Wikisource-logo.svg ウィキソースの原文

外部リンク[編集]