横浜市歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜市歌

市歌の対象
Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市

作詞 森林太郎(森鴎外
作曲 南能衛
採用時期 1909年7月1日
言語 日本語
テンプレートを表示

横浜市歌」(よこはましか)は、日本政令指定都市の1市で神奈川県県庁所在地である横浜市市歌

概要[編集]

1909年明治42年)7月1日横浜港の新港埠頭で行われた「開港五十年記念大祝賀会式典」の席で、初めて披露された。以来、市民に広く歌い継がれている。作詞は森林太郎(森鴎外)、作曲は東京音楽学校教師の南能衛(よしえ)。この曲は、横浜市が東京音楽学校に仲介を委託し、南が作った旋律の上に、森が歌詞を作り、完成させたものである。森に対する作詞謝礼は100円、南に対する作曲謝礼は50円だった。

横浜市立の学校では披露から約100年後の2010年現在においても、音楽の授業で校歌とともに歌唱指導される[1][2]。また、6月2日の開港記念日や市立学校の卒業式、市大会などで演奏や斉唱される[2][3]横浜市立大学入学式及び卒業式でも演奏され、横浜市の式典(成人式を含む)や市職員の会合などでも愛唱される。また日本プロサッカーリーグJ1リーグ横浜F・マリノスチャントプロ野球横浜DeNAベイスターズの試合前の練習時や試合勝利時、さらには横浜商業高校野球部が試合で得点を挙げた時などに演奏されるなど、横浜市民にとってはきわめて身近な存在である。 また湘南台駅を除く横浜市営地下鉄の構内BGMとしても使われている。

大さん橋に客船が入港する際も、この曲を行進曲風にアレンジしたバージョンを流して歓迎の意を表すことが慣例となっている。

2003年には、横浜生まれの作曲家中村裕介によって『横浜市歌〜ブルースバージョン』が発表された。

歌詞[編集]

横浜市歌の歌詞は以下の通り。1909年(明治42年)6月17日付「横浜貿易新報」より。

   『横濱市歌』    作詞:森林太郎(森鴎外) 作曲:南能衛
わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に
わがひのもとはしまぐによ あさひかがよううみに
聯り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ
つらなりそばだつしまじまなれば あらゆるくによりふねこそかよえ
されば港の数多かれど 此横濱に優るあらめや
さればみなとのかずおおかれど このよこはまにまさるあらめや
むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處
むかしおもえばとまやのけむり ちらりほらりとたてりしところ
今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや
いまはももふねももちふね とまるところぞみよや
果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港
はてなくさかえてゆくらんみよを かざるたからもいりくるみなと
  • 現代語訳 : わが国日本は島国です。朝日が輝く海に、連なりそびえる島々なので、あらゆる国から船が通ってくるのです。それだからこそ、港の数は多いのですが、この横浜に勝る港はないでしょう。昔を思えば、この横浜は、粗末な家から炊事の煙がちらほらと立つ寂しいところでした。しかし、ご覧なさい、今や多くの船が停泊する活気ある港となりました。この果てしなく栄えてゆく天皇陛下の治世を彩る文物が、今日も横浜港から入ってきます。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 市営地下鉄各駅で横浜市歌を放送、誕生100周年を記念”. 神奈川新聞 (2010年8月31日). 2014年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉駅の発車メロディー「暗い」?、ネットで話題に/神奈川”. 神奈川新聞 (2013年12月30日). 2014年8月13日閲覧。
  3. ^ 横浜市生涯学習ページ「はまなび」| 横浜市歌について”. 教育委員会事務局 生涯学習文化財課 (2013年7月8日). 2014年8月13日閲覧。

関連項目[編集]