後藤洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 洋(ごとう よう、1958年 - )は、日本作曲家編曲家音楽評論家。主として吹奏楽分野で活動している。

来歴[編集]

秋田県に生まれる。秋田県立横手高等学校在学中に作曲した「即興曲」が、1976年度全日本吹奏楽コンクール課題曲として採用された。その後山形大学教育学部特設音楽科卒業、東京音楽大学研究科(大学院)修了、ノース・テキサス大学大学院修士課程(作曲および音楽教育)修了。作曲をシンディ・マクティー英語版池辺晋一郎金田成就に師事。

2001年以来アメリカに本拠を置き、吹奏楽と音楽教育の分野を中心に作曲・編曲家、音楽評論家、研究家として活躍。吹奏楽の分野では、今日最も国際的に高い評価を得ている日本人作曲家のひとりであり、その作品はアメリカとヨーロッパ諸国で多大な注目を集めている。海外で出版される吹奏楽作品の紹介、また音楽教育としての吹奏楽の研究においても、日本における第一人者。

2011年、ウインドアンサンブルのための《ソングズ》により、世界で最も権威ある吹奏楽のための作曲賞のひとつであるABA(アメリカ吹奏楽指導者協会)スーザ/オストワルド賞を受賞。また現場の実情に即した幅広いクリニック活動とレパートリー研究の功績により、2000年度吹奏楽アカデミー賞(研究部門)を受賞している。さらにミッドウェスト・クリニック英語版(2006年および2010年、シカゴ)、世界吹奏楽協会(WASBE)世界大会(2009年、シンシナティ)等、多くの国際的な講習会で講師を務め、いずれも高い評価を得ている。

日本バンドクリニック委員会委員、日本管打・吹奏楽学会理事、21世紀の吹奏楽“響宴”実行委員、全米音楽教育者協会(MENC)会員。

主な作品[編集]

吹奏楽曲[編集]

  • 即興曲(1976年度全日本吹奏楽コンクール課題曲A)
  • カドリーユ(1983年度全日本吹奏楽コンクール課題曲C)
  • WINGS
  • 輝く日への前奏曲
  • 風の詩
  • 彼方の祝祭(大阪市市制120周年記念大阪市音楽団委嘱作品)
  • マーチ「緑の風」
  • ラクリメ、または涙
  • クラリタス~吹奏楽のための断章
  • ルクス・エテルナ
  • ダンシングインエアー
  • DANCING in RAIN

編曲[編集]

括弧内は作曲者。

クラシック音楽[編集]

ポピュラー音楽[編集]

映画音楽など[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]