利家とまつ〜加賀百万石物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

利家とまつ〜加賀百万石物語〜』(としいえとまつ かがひゃくまんごく ものがたり)は、NHK2002年1月6日から12月15日にかけて放送された大河ドラマ第41作。

利家とまつ〜加賀百万石物語〜
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 2002年1月6日~12月15日(49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 浅野加寿子
演出 佐藤峰世 他
脚本 竹山洋
出演者 唐沢寿明
松嶋菜々子
反町隆史
香川照之
酒井法子
天海祐希
山口祐一郎
竹野内豊
高嶋政宏
加藤雅也
中条きよし
松原智恵子
的場浩司
及川光博
辰巳琢郎
五木ひろし
林隆三
古谷一行
池内淳子
八千草薫
草笛光子
名取裕子
三浦友和
赤木春恵
加賀まりこ
萩原健一
松平健
里見浩太朗
丹波哲郎
菅原文太
オープニング 渡辺俊幸
テンプレートを表示

作品内容と反響[編集]

織田信長豊臣秀吉に仕えて加賀藩前田家の祖となった前田利家と、その妻・まつを中心に戦国群像を描いたドラマ。主演の唐沢寿明は1989年放送の『春日局』以来の出演、まつ役の松嶋菜々子は大河ドラマ初出演。原作・脚本[1]の竹山洋は『秀吉』以来の脚本担当である。

「戦国最強のホームドラマ」と銘打たれ、利家とまつ、秀吉とねね、佐々成政とはる、という3組の夫婦の交流と競争を軸にドラマが組み立てられる。大河ドラマで初の女性による制作統括を任された浅野加寿子は、「二人から始まる加賀百万石ストーリー」をキャッチフレーズに、戦国の女は男性の陰に隠れがちだが実際はもっと強かったに違いないとの仮説で、まつをクローズアップし夫婦の物語にしたと語っている。夫婦の名前をタイトルにするのは、これが初めてであった[2]

民放のトレンディドラマで活躍するような若手俳優を多く起用し、特に入籍直後の反町隆史と松嶋菜々子の共演が話題を集めたこと、そして唐沢、松嶋の二大スターのダブル主演ということもあり高視聴率を記録した。しかし、まつを演じる松嶋菜々子を婚姻前という早い段階から無理矢理登場させたり[3]、歴史の名場面にまつが登場するような事もあった。「わたくしにお任せくださいませ」というまつの台詞は、彼女が物事を解決する際に使用する決め台詞であり、流行語にもなっている。

織田信長を演じた反町隆史の演技は概ね好評だった。唐沢寿明曰く「歴代最高の信長」、竹山洋も「優しさが加わった今までにない信長像が出来ました」と称賛している。信長がしばしば口にした「で、あるか」の台詞は流行語にもなった。この信長像はそれ以後の信長登場時代劇に大きな影響を与え、様々な時代劇作品で「で、あるか」の台詞が信長の台詞として頻繁に使われるようになった。

桶狭間の戦いの描写は、今川義元のイメージこそお約束のものであったが[4]、合戦シーンについては新説に基づいて、桶狭間山を駆け上がる設定になっている。ただし、番組中でナレーションで行われた兵力比較が「今川軍7万人」と「織田軍2千人」と言う大きく誇張された数字になっていた。

前田家の地元石川県は、1998年に「NHK大河ドラマ加賀藩前田家』誘致推進委員会」を金沢市と発足し、誘致運動を推進してきた。放映中の2002年には、「加賀百万石博」を開催した[5]。前田家ゆかりの石川県金沢市では、最終回には80%を越える驚異的視聴率を記録した[要出典]。また、オープニングテーマには金沢市に本拠を置くオーケストラ・アンサンブル金沢が起用された。

平均視聴率は22.1%、最高視聴率は27.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)[6]

2006年度の大河ドラマ『功名が辻』では、唐沢寿明が同じ前田利家役で一話のみ“再登場”している。

現在完全版のDVDが発売されており、NHKオンデマンドで本編放送回の視聴ができる。

あらすじ[編集]

織田家家中で「槍の又左衛門」と言われた槍の名手で、尾張荒子の領主前田利昌の四男・前田又左衛門利家(幼名・犬千代)は父の反対を押しきって信長に仕官し、稲生の戦いで手柄を挙げ早々に信長の親衛隊である赤母衣衆の筆頭になる。しかしその直後、信長の同朋の拾阿弥を切り信長から勘当される。2年間の放浪の末、美濃の猛将・足立六兵衛を討ち取り帰参が叶うが、出世競争では秀吉や明智光秀などに遅れをとる。賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家に味方した利家だが秀吉の信頼が厚く、以後秀吉の臣下となり豊臣政権随一の重臣として活躍する。そして秀吉の死後、天下人を目前にした矢先に病で亡くなってしまう。そして時代は徳川へと移っていくのだった。

キャスト[編集]

前田家[編集]

織田家[編集]

豊臣家[編集]

佐々家[編集]

徳川家[編集]

その他[編集]

架空の人物[編集]

スタッフ[編集]

放送[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出
第回
放送回 放送日 サブタイトル 演出!
第1回 1月6日 婚約 佐藤峰世
第2回 1月13日 笄斬り
第3回 1月20日 出仕停止
第4回 1月27日 桶狭間の奇跡
第5回 2月3日 まつの大ぼら 鈴木圭
第6回 2月10日 祝言
第7回 2月17日 出世合戦開始! 伊勢田雅也
第8回 2月27日 猿は天才だぁ!? 鈴木圭
第9回 3月3日 明智病 佐藤峰世
第10回 3月10日 妻への小袖
第11回 3月17日 対決! 兄と弟 伊勢田雅也
第12回 3月24日 目指せ! 百万石
第13回 3月31日 まつの城 本木一博
第14回 4月7日 比叡山の赤ん坊
第15回 4月14日 良之、三方ヶ原に死す 佐藤峰世
第16回 4月21日 おねの子、豪姫 伊勢田雅也
第17回 4月28日 利家、大名出世 本木一博
第18回 5月5日 越前府中入城 佐藤峰世
第19回 5月12日 秘密同盟
第20回 5月19日 幸の婿どの 伊勢田雅也
第21回 5月26日 利勝の初陣
第22回 6月2日 女将軍 本木一博
第23回 6月9日 豪姫の母
第24回 6月16日 赤い星 井上剛
第25回 6月23日 光秀の悲劇 佐藤峰世
第26回 6月30日 本能寺の変
第27回 7月14日 夫婦の決心 田村文孝
第28回 7月21日 清洲犬猿合戦
第29回 7月28日 人質 麻阿姫 伊勢田雅也
第30回 8月4日 男泣き! 柴田勝家 本木一博
第31回 8月11日 賤ヶ岳の夫婦
第32回 8月18日 炎上、勝家と市 佐藤峰世
第33回 8月25日 金沢入城 田村文孝
第34回 9月1日 さよならの黒百合 伊勢田雅也
第35回 9月8日 末森城の決戦 本木一博
第36回 9月15日 さらさら越え 梶原登城
第37回 9月22日 真実(まこと)の男とは 佐藤峰世
第38回 9月29日 花衣 田村文孝
第39回 10月6日 成政切腹 伊勢田雅也
第40回 10月13日 鬼の淀どの 本木一博
第41回 10月20日 小田原攻め 佐藤峰世
第42回 10月27日 利休切腹 伊勢田雅也
第43回 11月3日 大政所の遺言 井上剛
第44回 11月10日 猿千代誕生 田村文孝
第45回 11月17日 利家 出仕拒否 佐藤峰世
第46回 11月24日 父子の名乗り 本木一博
第47回 12月1日 秀吉死す 土屋勝裕
第48回 12月8日 家康暗殺 伊勢田雅也
最終回 12月15日 永遠(とわ)の愛 佐藤峰世

総集編[編集]

12月29日一括放送。

  • 前編「出世合戦」(19:20–20:45)
  • 後編「永遠の愛」(21:00–22:25)

脚注[編集]

  1. ^ 本作はドラマのために書き下ろされた作品ではなく、竹山が自作の小説に脚色を加えるという形で作られたため、オリジナル作品とは異なる(放送翌年に原作小説が新潮社より文庫化されている)。
  2. ^ 『大河ドラマの50年』鈴木嘉一 中央公論新社2011年
  3. ^ 松嶋演じるまつの初登場は数え10歳のとき。松嶋は今で言えば8~9歳の役を演じていたことになる。
  4. ^ 歴史学者小島道裕は、当ドラマの義元について、信長方の勝因がわかりやすいように「志村けんばりのバカ殿に描かれているが、冗談が過ぎよう」と評している。(同著2006年『信長とは何か』講談社選書メチエ、30頁)
  5. ^ 『大河ドラマの50年』鈴木嘉一 中央公論新社2011年
  6. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  7. ^ 撮影期間中に菅原加織が事故死したため、登場回数は少なかった。

外部リンク[編集]


NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
利家とまつ〜加賀百万石物語〜