いとしのエリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いとしのエリー
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『10ナンバーズ・からっと (#1)』
B面 アブダ・カ・ダブラ (TYPE 3)
リリース
規格 7インチレコード('79)
8cmCD('88, '97, '98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1979年1月 - 2月
VICTOR STUDIO
音響ハウス
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
気分しだいで責めないで
1978年
いとしのエリー
(1979年)
思い過ごしも恋のうち
(1979年)
テンプレートを表示

いとしのエリー」は、サザンオールスターズの3枚目のシングル1979年3月25日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

1988年6月25日CD化、1997年4月23日(経緯は後述)、1998年2月11日にもそれぞれ8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計4回再発売されている。

解説[編集]

当初は次作「思い過ごしも恋のうち」を3rdシングルとする予定だったが、メンバーの「今自分たちのやりたい音楽をやろう!」という意思から当初の3枚サイクル(同じような曲を3枚連続して出す)を破ってのリリースとなった。最初は全く受けなかったが、徐々にチャートを上げて行き、『ザ・ベストテン』の1位を獲得するに至った。また、『コーセー歌謡ベストテン』(FM東京)では1979年の年間チャート第1位になった。

表題曲が主題歌に起用されたTBS系列のテレビドラマふぞろいの林檎たち』シリーズの完結編『ふぞろいの林檎たち IV』の放送に合わせ、1997年には特例の再発売が行われ、この時オリコンチャートで99位に再浮上している。再発売された回数は4回と「勝手にシンドバッド」と並んで最多である。

チャート成績[編集]

本作発売当時、西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」やジュディ・オングの「魅せられて」のヒットと重なってオリコンチャートで1位は獲得していないが[2]1992年に「シュラバ★ラ★バンバ」「涙のキッス」がリリースされるまでは最も高い売り上げを記録しており、累計72.8万枚(オリコン調べ)を売り上げている[3]。ビクターエンタテインメントによる出荷枚数は累計125万枚[4]

オリコンのシングルTOP10獲得週間数では、本作が16週獲得しており、自身の中では最大である[5]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  1. いとしのエリー
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎
    TBS金曜ドラマふぞろいの林檎たち』主題歌[注 1]
    タイアップドラマには様々なサザンの楽曲がBGMや挿入歌として使われており、1997年の完結に至るまでシリーズを通して主題歌として使われている。
    調ニ長調[7]
    結婚以前に、桑田が原由子に対して「ごめんなさい」の気持ちを込めて製作した曲であり、結婚式の際には歌詞の「エリー」の部分を「ユウコ」に変えた。しかし、現在でも桑田自身、1番と2番の歌詞は逆のほうがよかったと考えている。
    仮タイトルは「心に翼を持つ男」。現在のタイトルの由来について、サザンオールスターズがTBS系音楽番組ザ・ベストテン』に出演した際に、エリック・クラプトンの「エリック」を短くしたものであると発言しており、所属事務所も桑田が敬愛するエリック・クラプトンへの想いと、メンバーが原由子に捧げた曲だとしている。しかし、桑田の実姉が名がエリコ(岩本えり子)であることから、歌詞には姉への想いが込められているのではないか、とする説もあった[8]。後に、日本テレビ系音楽番組『速報!歌の大辞テン』でランクインした際には、後者の説が紹介されている。しかし、桑田本人がラジオ番組でこの件に触れ、どちらの説も当時のインタビュー等で適当に語ったものだと話し、真相は「エリー」という言葉の響きの良さから決めたものだと明かした[9]
    1998年発売のシングル「PARADISE」の間奏で、この曲が一部だけ収録されている。収録されている箇所は、歌詞が英語で歌われているものであり、収録のためオリジナルに製作したものである。間奏に収録されている女性の笑い声は原由子の声であり、これはレコーディング中に野沢秀行が原の周りをクルクルと回って笑わせたものである(桑田曰く「インベーダーゲームの真似」)。さらに2005年のアルバム『キラーストリート』に収録された「JUMP」の曲中や桑田ソロの「MASARU」にも、この曲の間奏に収録されている原の笑い声がサンプリングとして使用されている。
    また、2016年に発売された桑田のソロシングル「ヨシ子さん」にはこの歌のサビ部分が歌詞に引用されている[10]
    発売当時『コーセー歌謡ベストテン』のパーソナリティである作曲家の宮川泰は、この曲を「名曲中の名曲」として大絶賛しており、後に「心を込めて花束を」(1996年アルバムYoung Love』に収録)のアレンジを担当することになる。また、南こうせつは、早くからこの楽曲について高い評価を与え、「この人たちはいずれすごいグループになるかもしれない」と、その後の活躍を予見していた。
    第56回NHK紅白歌合戦』の「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で白組41位にランクイン。また、2015年9月23日に放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション ウルトラFES」内で放送されたVTR企画『世界に誇るニッポンの歌 BEST100』では23位を記録した[11]
    2016年6月17日に放送された『ミュージックステーション』内のVTR企画「世代を超えるカッコイイ歌謡曲 TOP25」で2位にランクインした[12]
    漫画家臼井儀人が、自身の漫画『クレヨンしんちゃん』にこの曲を登場させている(臼井はサザンファンを公言している)。
    小沢健二の1994年発売のシングル『愛し愛されて生きるのさ』の歌詞に「10年前の僕らは胸をいためて"いとしのエリー"なんて聴いてた」がある。
  2. アブダ・カ・ダブラ (TYPE 3)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:新田一郎)
    日清「焼そばU.F.O.」CMソング
    タイトルに、新曲でありながら“TYPE3”とあるが、TYPE1と2は後に発売されたアルバム『10ナンバーズ・からっと』に収録されている。ほぼ全てのベスト盤に収録されているA面と対照的に、現時点でシングル盤にのみ収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

カバー[編集]

いとしのエリー

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドラマが放送された1983年から使用。

出典[編集]

  1. ^ ミュージックアプリ 音楽ランク♪(TBS)より
  2. ^ 70年代~80年代にリリースされた「2位止まりだった名曲」 ミドルエッジ 2017年8月3日閲覧
  3. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2015年4月12日閲覧。
  4. ^ スポーツニッポン』2000年2月4日付
  5. ^ サザン、百恵超え! シングルのTOP10獲得週数記録を更新! オリコンスタイル 2015年10月20日閲覧
  6. ^ 第12回日本有線大賞 日本有線大賞 2015年12月5日閲覧
  7. ^ いとしのエリー(サザンオールスターズ) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ シングル「シュラバ★ラ★バンバ」でも歌詞中にエリコという固有名詞が使われている
  9. ^ 2008年10月25日放送『桑田佳祐のやさしい夜遊び』より
  10. ^ ディランにボウイ、三平まで!桑田佳祐が歌う『ヨシ子さん』って誰よ? okmusic 2016年8月17日閲覧
  11. ^ 1位はSMAP「世界に一つだけの花」、MステSP“世界に誇るニッポンの歌” ミュージックジェイピー 2015年9月20日閲覧
  12. ^ 桑田佳祐、『Mステ』で作詞について語る「人様の歌詞って見たことなかった。でも……」 2ページ目リアルサウンド 2016年6月18日閲覧。
  13. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]